meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿弥陀堂だより

<<   作成日時 : 2016/05/02 11:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

『阿弥陀堂だより』

パニック障害を病んだ妻を連れて帰郷した夫と、
阿弥陀堂を守る老女との交流を描いた、南木佳士の小説です。

2002年に封切られた映画のセットがそのまま残されていると知り、
訪ねてみることにしました。

画像
駐車場脇にセットでない本物のお堂
画像
阿弥陀堂までの地図をのぞいてみます。

画像
阿弥陀堂までは石仏が点在してるようです。

画像
小雨の中、棚田から湧き上がる雲

画像
緩やかに登って行きます。
画像
点在する石仏
画像
10m先に
画像
また

画像
振り返ると、千曲川、妙高山と斑尾山

画像
道の左側に広がる棚田

画像
右側には一面の菜の花

画像
右奥に阿弥陀堂が見えて来ました。
画像
承知してます。
画像
おうめ婆さんなら手書きでしょ。

「質素なものばかり食べていたのが長寿につながったのだとしたら、
それはお金がなかったからです。

貧乏は有り難いことです。

春、夏、秋、冬。
はっきりしていた山と里の境が少しずつ消えてゆき、
一年がめぐります。
人の人生と同じなのだとこの歳にしてしみじみと感じます。」

これは、映画の中でおうめ婆さんの言葉です。

画像
見たかった、阿弥陀堂です。
画像
右隣に孝夫が作った厠がない!

画像
阿弥陀様の後ろに仏様になった人の札
画像
阿弥陀堂内部
画像
記帳します。

上田孝夫役:寺尾聡
上田美智子役:樋口可南子

東京に住む孝夫と美智子の夫婦。
夫は新人賞を受賞するも、それ以降なかなか日の目を見ない売れない小説家。
妻は大学病院で最先端医療に携わる有能な医者だった。

あるとき、妻、美智子はパニック障害という原因不明の心の病にかかる。
仕事にも、都会の生活にも疲れていた二人はそれをきっかけに、
孝夫の故郷、信州に移り住むことを決意する。

山里の美しい村に帰った二人は、96歳の老婆おうめを訪ねる。
彼女は、阿弥陀堂という、村の死者が祭られたお堂に暮らしていた。
何度かおうめのところに通ううちに孝夫は、喋ることが出来ない難病を抱える少女、小百合に出会う。
彼女は村の広報誌に「阿弥陀堂だより」というコラムを連載していた。
それは、おうめが日々思ったことを小百合が書きとめ、まとめているものであった。

それまで無医村であったこの村で、美智子は診療所を開く。
おうめや小百合、そして村の人々の診察を通して、医者としての自信と責任を取り戻してくる。
一方孝夫は、中学校の時の恩師、幸田重長がガンに冒されながらも
死期を潔く迎えようとしていることを知る。
幸田老人と彼に寄り添う妻のヨネの生きる姿に、深い感銘を受ける孝夫。
二人は村の人々とふれあい、自然に抱かれて暮らしていくうちに、
いつしか生きる喜びを取り戻していくのであった。

そんな時、小百合の病状が悪化していることが判明する。
すぐに手術をしなければ命が危ないという事態に、
美智子は彼女の手術担当医として再びメスを握ることを決意するのであった。

画像
さらに奥に行ってみます。
画像
階段を上がる。
画像
三部社

画像

画像
画像

画像

画像
画像

小雨の中、早朝到着した北信濃の山麓は、期待通り
静かで心が洗われる、懐かしい風景の場所でした。
2016.4.29(金)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿弥陀堂だより meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる