meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 北穂高岳/登頂編

<<   作成日時 : 2016/09/07 18:39   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

横尾山荘の朝食は遅いようです。
5時頃出発するつもりで食堂に4時に入るも、シャッターが降りていて、
炊事場が静かです。

素泊りの朝食は当然自炊で、いつも通り、さっさとお腹に入れる。
今日はテントでないから準備も早く、予定通り5時に歩き始めます。

画像
やっと明かりが灯ったよ。
画像
川沿いの道は、まだ散歩道
画像
横尾大橋を渡る。

画像
ほんれ!屏風岩だよ。

本谷橋までは平坦な道。
雲の間に見え隠れする屏風の頭。

”10年振り、穂高が近くなって来たねえ〜”

画像
本谷橋も新しい橋が掛かっている。
画像
2.4km←涸沢・横尾→2.8km
画像
以前は、こんな橋だけだったよね。

川原で休憩している学生達は、昨晩は横尾でテントを張ったそうです。

おじさんは軽く補給して、先に行きます。
ここから登山道に、険しくなるはずです。

画像
小雨混じりの道は、注意ね。
画像
でも良く整備されている。
画像
落石注意!


画像
雲がとれないかなあ〜。

画像
涸沢カールが近い。

画像
画像
画像
画像


画像
涸沢ヒュッテ←・→涸沢小屋
画像
涸沢カールのテント場

やって来ましたねえ〜、涸沢。
手前に涸沢ヒュッテ、カールを囲む穂高の峰々、奥に涸沢小屋。

夏山〜紅葉の時期は、割と空いてます。

画像
テント場を抜けて、涸沢小屋へ

画像
斜面は、まだお花が。
画像
荷物をデポするため、小屋に寄ります。

今夜宿泊予定の小屋で、荷物を軽くします。
予定より早い時間にコーヒーを飲みながら、テレビを見ると、
リオオリンピック女子レスリングで金メダル3個獲得。

さあ、元気をもらったんで、山頂に向かいましょう。

画像
振り返って、テント場と涸沢ヒュッテ、手前のHはヘリポートだね。学生の列も見える。

画像
前穂高岳のギザギザ

画像
まだ傾斜はゆるい。
画像
さらに涸沢が遠くに。

画像
画像
画像
画像

夜露に濡れたお花が斜面に見える。
綿毛のチングルマは見たけど、お花は見れなかったね。

画像
ずいぶん登ってきたね。眼下に涸沢カール

画像
核心部、岩が多くなって来たよ。
画像
山ガールをモデルに。
画像
登り切って、結構な高度感
画像
難所では、先行者の後に続きます。
画像
こりゃ、ヘルメット必要だよ。
画像
岩場の緊張感にほっと。

青空が覗いた時もあったけど、穂高はまたガスってる。
槍ヶ岳に続くキレット、北穂〜涸沢岳〜奥穂の稜線、みんな見えない。

画像
北穂山頂直下、テント場
画像
2.3km←奥穂高岳・北穂高岳→0.2km・涸沢↓1.9km
画像
思い出す、この上が山頂だよ。
画像
今回もガスってる、北穂山頂(3,106m)

山頂は10m四方かな。
茨城のロゴのTシャツを着たお姉ちゃんが一人、たそがれている...。

写真を撮ってもらうと、すぐ下の北穂高小屋に下ります。
美味しい物が食べられるはず。北穂小屋の食事は評判がいいよ。

画像
階段を下る。
画像
小屋の入口
画像
誰もいない、晴れなら、槍が見えるのに。

小屋入り、椅子に腰掛けるとメニューを見ます。
ラーメン、スパゲティ、コーヒー、甘味...。
迷った末に選んだのは、ミートスパゲティ。

出て来たスパゲティは評判通りレトルト感なくて、美味しかったよ。

画像
雰囲気、いいでしょ。
画像
長居したくなる。

2016.8.18(木)
横尾〜涸沢〜北穂高岳〜涸沢小屋

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北穂高岳/登頂編 meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる