meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽めに雪山トレッキング

<<   作成日時 : 2017/02/21 20:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

休みたくないんで、先週に引き続きお山を歩きます。
近場の武蔵の山は、何回目?

自宅を出発すると、道路脇で雪が舞う。

”あれ、昨晩降った?”

嵐山を抜ける頃は、すれ違う車が白くなり、
東秩父村で落合橋を左折すると、一面の雪景色です。

今日も車を止めるのは、皆谷の「ヤマメの里公園」駐車場。
地元の方が、集まっているのは何かのイベントですか?
空きスペースに気にすることなく駐車します。

軽登山靴を履くと、駐車場から県道を北に向かいます。
1.5kmほど先の橋場バス停からいつも通り大霧山を目指しましょう。

画像
9:03橋場のバス停を左折(トイレは温水便座だった!)
画像
まだ舗装路を歩きます。
画像
見上げると、初めて気付いたお寺(普門寺)
画像
9:15粥新田峠、大霧山登山口(あれ、ここだっけ?)

画像
日陰でもまだ雪はない。
画像
ぼちぼち現れてきた。
画像
ショートカット道でまた舗装路に出る。

画像
庚申塔(中国より伝来した道教に由来する庚申信仰に基づいて建てられた石塔)

画像
白梅、玉牡丹??(白い色の八重咲きの花 花びらがふわふわ)

画像
春の花、菜の花が雪面の中に

画像
9:34粥仁田峠は直進、山道へ

確か大霧山に初めて登った際、気が付いた「かゆにた」の文字。
登山口の標識は、「粥新田」、そしてここは、「粥仁田」。
読み方も、「かゆにた」、「かいにた」。

ちょっと調べてけど、理由は分からず。まあ、地名は難しいですね。

画像
雪道で結構登っている。
画像
赤い帽子が目立ってます。
画像
真っ白な道にもうタイヤ跡

画像
9:58粥仁田峠(東屋の方に左折)
画像
右道路脇に粥仁田地蔵(昭和60年11月建立)

画像
光が通り明るい道だけど、風も通る。
画像
南側は暖かい。

画像
やっぱり浅間か?

画像
結構急な登りの3連チャン。-1/
画像
-2/
画像
ー3/ はい、ここを登れば大霧山

画像
10:32逆光で暗いけど、背後は青空に遠くまで良く見えるよ。

画像
いつものギザギザ、両神山

画像
この方向の雪山は、浅間山

画像
関東平野の向こうに、日光白根山や男体山

画像
ザ パノラマ 

画像
日本百名山/上段 西側(左)から、雲取山→甲武信ヶ岳→八ヶ岳→両神山→蓼科山
下段 北側(左)から、浅間山→四阿山→草津白根山→苗場山→谷川岳→赤城山→燧ヶ岳→日光白根山→皇海山→男体山


山頂は、若者のグループに後から来た女性と、早い時間に、寒い季節にも関わらず割と賑やか。

”お姉さんは柴犬2頭を連れてるよ。散歩の延長でもジャージじゃあ寒いでしょ。”

展望がいいからベンチに座りたいけど、風があって日陰で寒い。
3年前、12月に訪れた時も寒くて、ダウン着て、ウインドブレーカー着て、
やっと震えがおさまったっけ。

若者はおにぎりをほおばって早い昼食かな?
オヤジはまだお腹すいてないし、写真だけとって先に進みます。

画像
10:42雪道を下ります。
画像
振り返って、山頂

画像
ここも関東ふれあいの道kokomo
画像
直角に曲がり、定峰峠方向へ
画像
旧定峰峠を通過

画像
11:49明るい場所は定峰峠でしょう。
画像
ライダーもいない、冬場は閑散

陽だまりの暖かい場所はないかと捜して歩いていましたが、結局ここまで来ちゃった。
丸太に座ってランチです。寒いから今日はポットにお湯を入れて来たよ。

画像
12:20道路の右端から白石車庫方向へ下ります。
画像
ジグザグの林道をショートカット
画像
12:48白石車庫バス停が見えて来た。

駐車場までの道はバス路線なんで、バスを待ってもいいんだけど、
2kmぐらいかな?歩くよね。

2017.2.19(日)
ヤマメの里公園駐車場〜橋場〜粥新田峠〜大霧山〜定峰峠〜白石車庫〜ヤマメの里公園駐車場


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽めに雪山トレッキング meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる