meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 越生町ハイキング 上谷(かみやつ)の大クス

<<   作成日時 : 2017/12/24 20:46  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

晴れているけど、気温は低い。

”歩かなきゃ。”  走るか じゃない。

そんな使命感で、今週も越生町ハイキングコースへ。
数あるコースの中で選んだのは、「あじさいと城山コース」です。

少しは山登りを、ということで選びましたが6月のおすすめコース。
今の時期もちろん、あじさいは咲いていません。

画像
やっとたどり着いた、自然休養村センター(梅の駅)
画像
右(最初は左に出た)に出て、最勝寺方向へ左折

今日もやってしまった早トチリ。

一つ目:スタート地点に近い駐車場はニューサンピアだと勘違いして、一度はそこに止めてしまった。
二つ目:車を止めて歩き出す方向が逆で、600m程歩いて戻ったこと。
言い訳だけど、梅の駅の地図は絶対間違えるよ。
まあ、引き返すのが遅いけどね。

画像
梅林の中を(もちろん開花はまだです。)
画像
案内は所々に

画像
最勝寺0.5km・建康寺0.2km
画像
うひょ〜、水がきれい。
画像
道灌橋を渡る。
画像
建康寺入り口に「太田道真退隠地」
画像
夏は涼しそう。
画像
才車の堰
才車は、明和5年(1768)に本山派修験山本坊らの配下の宝鏡院が創業した、
現在判明している限りでは、越生で最初の営業用水車である。
明治時代に、小林家に屋号「才車」とともに譲られ、精米・精麦・製粉のほか、
水力製板機を設置して製材も行っていた。
越辺川とその支流には、大小多くの水車があり、紡織、繭の乾燥、線香製造、発電など、
さまざまな用途に利用されていた。
戦後、ほとんどが廃業したが、才車は昭和四十年代まで営業を続けた。
流れを堰き止めた石垣から伸びる水路が、往時を伝えている。
水取入口の岩上には、明治4年(1871)建立の、菅原道真の歌を刻んだ、
宝鏡院の末裔で手習の師匠だった鷹嶋桂(梅山)の顕彰碑が建っている。
その傍らの「水天宮」の碑は、越辺川西部水車組合が建てたものである。

平成28年3月
越生町教育委員会
画像
最勝寺
画像
豆腐工房「みや」 たぶん、美味しい。
画像
こんな建物は、すぐ阿弥陀堂と言う。
画像
ゆず街道を進む。
画像
手を伸ばせば
画像
大クスはまっすぐ
画像
なぜかお馬さん
画像
こちらはメエメエさん
画像
標識に従い
画像
緩やかに上がる。(トイレあった
画像
あれが目的の大木か
画像
標識に従い
画像
ここが入口
画像
階段を上がってウッドデッキへ

画像
幹周り15m、高さ30m、樹齢は1000年 以上にもなる巨木

画像
精霊でも住んでそう。
画像
オヤジ、寒そうだね。
画像
裏側に回って

後から得た知識に寄れば、クスノキは暖地を好むそうですが、
冬季の気温が氷点下にも下がる越生町で、
1000年のときをかけて成長してきたのは奇跡的かもしれません。

屋久島の縄文杉に匹敵するくらいの神秘的な雰囲気を醸し出している、
一見の価値はありますね。

画像
万両と水仙のそろい踏み
画像
ちょっと憧れ、里山の暮らし

画像
もちろん誰も歩いていない。

軽トラが脇に止まると、オヤジが

”どこに行くんかい?”

"城山の方に行って梅林に戻るつもりだけど。”

オヤジは怪訝そう。
誰も歩いてないし、薄暗い寂しいところだもんね。

”この間の雨で道が荒れているから気をつけてね。”

今日も優しい言葉をかけられました。

画像
静かだなあ〜、木漏れ日の中を
画像
軽トラのオヤジが言っていた、車で抜けられる道だったね。

画像
山里の展望台もいいですね。

画像
サクラか
画像
あじさい山公園・越生梅林

ザックから地図を取り出すと、予定していたコースはあじさい山公園方向です。
駐車場に戻るには2時間くらいかな。

ここで思案。
寒し、ほとんど舗装だし、大クスも見たし・・・。
そんな思いが沸き上がるのは、もう今日はやめましょう、ってこと。

体が温まらない平地のウォーキングはダメだね。

2017.12.19(日)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
越生町ハイキング 上谷(かみやつ)の大クス meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる