荒山

火起山・竈山・鍋割山 から続く 今日のルート(鍋割山〜荒山) 鍋割山から荒山高原に戻る道は、続々と人が上がって来ます。 追い付くと先にいかせたもらい、すれ違う人は待ってくれる そこのけそこのけのつもりはないですが・・・ 自然とスピードが上がって、1時間もかからず荒山高原…

続きを読むread more

火起山・竈山・鍋割山

今日は晩秋の赤城山へ、ちょこっと歩いてきます。 赤城山と言えば、最高峰の黒檜山、その南の駒ヶ岳を歩くのが定番ですが、 YAMAPの活動日記を見て気になっていた鍋割山へ行ってみます 今日のルート(鍋割山まで〜) 7:56 姫百合駐車場ザックを背負った女性が{%女の子お知らせh…

続きを読むread more

四月になれば彼女は

『四月になれば彼女は』川村元気 音もなく空気が抜けるように、気づけば「恋」が人生から消えている。そんな時僕らはどうすべきか? 夢中でページをめくった。 ――新海誠(アニメーション監督) イノセントかつグロテスクで、ずっと愛を探している。川村元気そのもののような小説でした。 ――星野源(俳優・音楽家) 4月、…

続きを読むread more

有権者がリーダーの条件示そう

 本用の意味での女性首相の誕生は、残念ながら、私の生きている間は難しいでしょう。大事なことは、女性が単に首相になるだけでは意味がないということです。  女性首相が選出されても、私利私欲を死守したり、科学的合理的思考が欠如したりしている政府に変化がなければ、何も変わりません。現状のままで選ばれる女性首相は当然のことながら、「わきまえた女…

続きを読むread more

僕たちが好きだった革命

『僕たちが好きだった革命』鴻上 尚史 長い眠りから覚めた山崎が高校に革命を巻き起こす。大人気舞台を小説化! 携帯もCDも知らない47歳の男が僕たちの高校に復学してきた。30年の眠りから覚めた山崎の言葉は、理解できないことばかり。だけどいつの間にか僕たちは、革命に向かって走り出していた。大人気舞台を小説化! …

続きを読むread more

いつかパラソルの下で

『いつかパラソルの下で』森 絵都 柏原野々は天然石を売る店で働く25歳の独身女性。厳格な父の教育に嫌気がさし、成人を機に家を飛び出していた。その父も亡くなり、四十九日の法要を迎えようとしていたころ、生前の父と関係があったという女性から連絡が入る。世間一般にはありふれたエピソードかもしれないが、柏原家にとっては驚天動地の一大事。真偽を探…

続きを読むread more

バラマキ合戦 愛されること望む政治の果て

 時の政権がバラ色の未来を描き、国民に希望や夢を与える。そんな試みはいつの時代にもある。  最近では第二次安倍政権の「アベノミクス」がそうだ。異次元の量的金融緩和を起爆剤に高成長を実現、強い日本経済を取り戻す、と高らかに宣言した。  とはいえ、国が貧しく国民が若くて人口が増えていた時代と、経済が成熟し超高齢化と人口減少が進む現代とで…

続きを読むread more

ワンダフル・ワールド

『ワンダフル・ワールド』村山 由佳 世界はこんなにも美しく、かぐわしい――運命の出会いを彩る香りの物語。かつての恋人との再会で芽生えた新たな感情、「愛人」という言葉では割り切れない関係、久しぶりの恋を捨てても守りたいもの――普通の恋愛とは呼べない。でも混じり気ない愛情と絶対的な安心感を与えてくれる存在を、特別な香りとともに描く全五篇。…

続きを読むread more

疚しき沈黙

富良野風話(五)『疚しき沈黙』倉本 聰 第二次大戦のあの時代。あの悲劇へと日本を導いた当時の大人たちの疚しき沈黙。その沈黙は今の日本に、まだ営々と棲み続けていまいか?哀しみと怒りを秘めてさわやかに時代を斬る倉本聰久々のエッセイ。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇  組織の中で言葉を発すれば、それが組織の意に反する。反すれば己の暮らしの基盤が…

続きを読むread more

キャンプ用テーブル再考

2018年まで使っていたテーブル2019年以降使っているテーブル テーブル不都合な点 2018年までのテーブル①二枚の天板が大きい②テーブルの高さが高過ぎる③天板が重い④運びにくい2019年以降のテーブル①狭い②もう少し低い方がいい そこで、 2019年以降のテーブルは作業台、物置台として使う新たに購…

続きを読むread more

老いの冒険

『老いの冒険』曽野綾子 「老いの時間」を、心豊かに生きるための「言葉の常備薬」 だから、老年はおもしろい。いま、この高齢化社会の中で、どのように老いを生きればよいのか。 「もういつ死んでもいいという感覚には、すばらしい解放感があった。冒険に出たかった青春が再び戻って来たようだ。 しかし青春と違うのは、私が常に終焉の近いの…

続きを読むread more

三本槍岳/後半

三本槍岳/前半 から続く 9:34 寒々しい山頂を後に下山します。 雪の付いたハイマツやらナナカマドの間を歩きながら、 風が除けられて、座れる場所を探します。 エビの尻尾(少し短いかな)赤い実に白い雪が適当な場所がなくて、北温泉分岐まで来ると 標柱の脇に雪の付いていな…

続きを読むread more

三本槍岳/前半

2015年の山行はこちら、2010年の山行はこちら お山の紅葉も後半戦、北から、山頂から下って来ています。 10月の終わり、今日はギリギリセーフの那須岳へ。 北温泉から三本槍岳へ、まだ歩いていないルートで登ります。 今日のルート(北温泉⇄三本槍岳)標高差はおよそ1,000m6:41 駒止めの滝駐車場北…

続きを読むread more

100均キャンプギア

上段/メスティンケース、カトラリーケース、クッカーグリップ:Seria、固形燃料:DAISO 下段/フッ素加工付き1.5合メスティン、ミニストーブ:DAISO フッ素加工付きメスティンMINI STOVEと固形燃料でご飯炊き百均進化中

続きを読むread more

金色の野辺に唄う

『金色の野辺に唄う』あさの あつこ 稲穂が金色に輝き、風に揺れてシャラシャラと唄を奏でる山陰の秋。 娘の奈緒子、孫の嫁・美代子、曾孫・東真、近所の花屋の店員・史明の四人に送られ、九十二歳の松恵は息を引き取ろうとしていた。 松恵は、先だった夫が今際の際に発した残酷な言葉を思い出す。 奈緒子は、だれの子だ…。 「百年近くを生きれ…

続きを読むread more

備忘録 パラコード編み『フィッシュテール』

備忘録 パラコード編み『コブラステッチ』こちら パラコードは、約160cmの長さでカット、実際に巻き付けた持ち手部分の長さは、約8cmです。 ①右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出す②左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出す③右の紐を持ち手の間に前から通して、左に出す④左の紐を持ち手の間に前から通して、右に出す⑤あとは、こ…

続きを読むread more

加入道山・大室山

スマホの開通で飛び交ったメールとLINE YAMAPに山行記をアップしていたオヤジとご一緒することになりました。 オヤジ、ジジイです、大学の同期ですから 「道志の湯」奥の加入道山登山口駐車場6:31 登山…

続きを読むread more