14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 後半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 前半 から続く。 森を抜けると広々とした高原の雰囲気、ここが五輪高原でしょう ニッコウキスゲ、アヤメ、綿毛 アヤメピンボケだけど、綿毛気持ちの良い木道を進む 木道脇に休憩スペースを見つけて、補給をします。 先に休んでいた二人は、昨日夕食後にお喋りをしたご夫婦です。 …

続きを読むread more

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 前半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/2日目 から続く。 夜半過ぎに聞こえていたテントを叩く雨音も、 夜明け前には静かにしてなって、予報通り青空が広がる。 今日は蓮華温泉に下るだけ。 2005年長かった記憶があるけど、珍しくみんなが出発した後歩き始めます。 みんな出発してし〜んテント場もラス前6:05 なごり…

続きを読むread more

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/2日目 前半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/1日目 から続く。 今日はロングルート、3時には起き出して朝食、テント撤収、予定通り5時に歩き出します。 長いけど、楽しみなルート。好天に稜線漫歩が期待できます。 5:06 テント泊は朝が早いハクサンイチゲの群落がいって…

続きを読むread more

タープ貼り綱とザックの修理

登山やらキャンプやら長年やっていると、経年劣化で道具が痛んでくる。 先日もキャンプ場でタープがたるんで来たんで、 ピ〜ンとなるよう自在金具を調節したが、すぐ緩む。 自在金具をよく見たら、ヒビが入ってロープの押さえが効かないじゃん。 左:ヒビの入った自在金具、中央…

続きを読むread more

ライフ

『ライフ』小野寺 史宜 アルバイトを掛け持ちしながら独り暮らしを続けてきた井川幹太27歳。気楽なアパート暮らしのはずが、引っ越してきた「戸田さん」と望まぬ付き合いがはじまる。夫婦喧嘩から育児まで、あけっぴろげな隣人から頼りにされていく幹太。やがて幹太は自分のなかで押し殺してきたひとつの「願い」に気づいていく――。誰にも頼らず、ひと…

続きを読むread more

山トレ

せっかくの三連休なのにどこも☔ せめてならば、出掛けるつもりだったけど。 仕方ない、近場で山トレして足を保っておきます。 橋場バス停〜笠山〜堂平山〜白石峠〜定峰峠〜大霧山 〜秩父高原牧場〜二本木峠〜打出〜橋場バス停 歩数42,570歩(万歩計にて)まずまずかな。{%笑いwe…

続きを読むread more

浅草岳

浅草岳は平日でも混んでいる・・・ 昨日、守門岳で会った親父が言っていました。 そんな訳で、短い行程にも関わらず、割と早めに駐車場に行きます。 7時前だし10台程度だろう、そんな予想が外れてしまいました。 6:58 ネズモチ平駐車場6:58 ゲート横を通ってスタート今日のルート:…

続きを読むread more

福山森林体験の森キャンプ場

福山キャンプ場・福山森林体験の家では、キャンプやバーベキューはもちろんのこと、「炭焼き」や「そば打ち」、「釣り体験」など、たくさんの自然体験が行える体験施設です。 また、「福山森林体験の家」に隣接している「雪むろ」は、雪を利用した天然冷蔵庫。 夏のキャンプシーズンには、お客様がお持ちした飲み物(ジュースやビールなど)、野菜、生鮮…

続きを読むread more

守門岳

GWに粟ヶ岳、五頭山を登って帰宅途中で見えた守門岳。 登ってみたいと思っていたところ、 週末から魚沼地方は好天が続く。 ”これは行くしかないでしょ” 金曜日、深夜割引が利く早朝4時前に高速に乗り、小出ICで降りると、 二口の登山口に向かいます。 二口の登山口に…

続きを読むread more

車をいじる/キックガード

ここもキズが付く、ドアの内側。 随分と前にカットシートを購入していたんですが、やっと今日貼り付けました。 いつもように脱脂をして、位置合わせとをしながらなるべく引っ張らないで。 シワが寄らないように貼るのは、なかなか難しい。 粘着力も弱いし、そのうち剥がれてくるかな。

続きを読むread more

カシオペアの丘で

『カシオペアの丘で』[上][下] 重松清 丘の上の遊園地は、俺たちの夢だった・・・。 肺の悪性腫瘍を告知された39歳の秋、俊介は2度と帰らないと決めていたふるさとへ向かう。 そこには、かつて傷つけてしまった友がいる。初恋の人がいる。「王」と呼ばれた祖父がいる。 満天の星がまたたくカシオペアの丘で、再会と贖罪(しょくざい)の物語が…

続きを読むread more

百花

『百花』川村元気 大晦日、実家に帰ると母がいなかった。 息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。 それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。 認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。 ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来…

続きを読むread more

2019年上半期燃費記録

スバルXV 2.0i-S Eyesight 給油日走行距離給油量満タン法燃費MFD平均燃費備考1/07447.1km44.12L10.13km/L10.9km/L高速<一般道1/28465.8km41.90L11.12km/L12.0km/L高速<一般道2/25483.3km43.51L11.11km/L12.1km/L高速<一般…

続きを読むread more

車をいじる/ステップガード

前の車も貼っていたステップガード。 適当なものがなく、お高いサイドシルプレートを貼りましたが、 黒い樹脂部の擦れが気になる。 何気なく見ていたサイトでいいものが見つかりました。 偶然にも、以前取り付けたカーゴステップパネルと同じ大陸製で 同じ「SUBARU」の”ロゴ。 ちょっと躊躇したけど、8枚セットでお高い万円…

続きを読むread more

浅間隠山

鼻曲山 から続く。 二度上峠から浅間隠山登山口に向かいます早朝通過した時は、1台もなかったよ 蛇の日向ぼっこ?10:35 駐車場すぐ下の登山口 すぐに出迎えてくれた 見上げると、斜面はツツジだらけ今が旬 ツツジ道をジグザグにあれが山頂?浅間隠山 {%右矢印web…

続きを読むread more

鼻曲山

コロコロと変わる天気予報 。 二日前に出たマークで、山トレに出掛けます。 なかなか決まらなかった山域、予報でまずまずの天気 で まだ登ったことのない浅間隠山に決めます。 でも、これが2時間もあれば山頂に行け…

続きを読むread more

峠うどん物語

『峠うどん物語』[上][下] 重松清 峠のてっぺんにある「峠うどん」はおじいちゃんとおばあちゃんが二人で切り盛りしている小さなうどん屋。 14年前、店のすぐ前に市営斎場ができたことから、屋号を「長寿庵」から変えた。 中学生の孫娘・淑子(通称・よっちゃん)は時々店を手伝っている。 やりきれない気持ちで暖簾をくぐる人たちがそっと…

続きを読むread more

三峯神社~雲取山 ピストン

先日訪れた三峯神社から見えた山の稜線。 ”あすこを歩きたいね~” 鴨沢からは何度か登った雲取山。 三峯から鴨沢に抜けるのが理想なんだけど、下山してからの交通の便が悪い。 それならピストンで、という事で往復21km、コースタイム11時間のロングコースに挑みます。{%一言・ガンバレhd…

続きを読むread more

小さな命の警鐘 聞こえるか

 人知れず進行している異変が、小さなできごとによって表に出てくることがある。水俣病は、ある漁村の住民がネズミの急増に困って市役所に駆除を申し込んだ、と地元に報じられたのが世に知られるきっかけになった。  漁村にいたネコが原因の分からぬまま相次いで死に、はびこるネズミの被害に手を焼いて陳情に至ったのだった。あとになって振り返れば、ネコは…

続きを読むread more

救いの森

『救いの森』小林由佳 いじめや虐待、誘拐など命の危険を感じた時に起動させると、児童救命士がかけつける「ライフバンド」。 児童保護救済法が成立し、義務教育期間の子どもにその着用が義務づけられた。 ある日、新米児童救命士の長谷川は「ライフバンド」の検査で小学校に出向き、 そこでわざと警告音を鳴らす少年と出会う……。 明日の未来を支…

続きを読むread more

三峯神社

今日も天気がいい 。 昨日の疲れが残っているので、お手軽山ルートに選んだのが、 前から気になっていた三峯神社。 パワースポットとして有名だし、雲取山の北側の登山口だし、行ったことないし・・・。 と言う訳で・・・ 。 くねくねとした道を登って行き…

続きを読むread more

秩父高原牧場~二本木峠~皇鈴山~登谷山

大霧山周辺は何回も歩いていますが、北側の二本木峠方向はあまり記憶にない。 舗装路が多くて避けていたこともありますが、 高原牧場や皇鈴山も見どころだし、 地図をよく見ると橋場バス停から周回がとれそうです。 7:15 橋場バス停駐車場粥仁田峠入口手前にトイレが出来ていた 先週も来た、橋場…

続きを読むread more

比企三山(大霧山~堂平山~笠山)を周回

GW最終日(当方は9連休)好天が続きます。 折角作った足だし、近場でトレーニングを継続させましょう。 いつもヤマメの里駐車場(すぐ橋を渡る)7:59 車道を上がって行く 集落に祠この辺は朝日根集落明るい山村 8:43 鎮守の森?折角だから階段を上がる朝日根八幡神社 おそらく大霧山 明るくなると期待感!どちらも…

続きを読むread more

下越の山 五頭山

昨日の天気予報だと今日は。 予報通り朝方まで降っていましたが、朝食を終える頃には雨も止んで好天の兆し。 雨で停滞の予定を急遽変更します。 290号を北上すると、どんぐりの森キャンプ場から三ノ峰コースが手前だったようですが、 その入り口に気付かず、出湯温泉から奥に入って行きます…

続きを読むread more

下越の山 粟ヶ岳/7~10合目

下越の山 粟ヶ岳/1~7号目 から続く。 手前が北峰でしょう 振り返って小屋方向 一面の銀世界、登山道は深い雪に隠れており、トレースを頼りに進みます。 夏道が現れているところは、なるべくそこを歩き、 雪庇の危険を避けるようにします。 夏道が現れているブリッジ状の雪道岩場は雪が付かないの? 振り返って、ポ…

続きを読むread more

下越の山 粟ヶ岳/1~7合目

加茂 美人の湯から粟ヶ岳(登る意欲をそそられる ) まずまずの天気 に登山口に向かいます。登山者の駐車場はキャンプ場の下ですが、山菜採りのオヤジさんからの情報で、900m程奥に行った所に数台置けるそうです。”往きはいいけど、帰りは900mでも億…

続きを読むread more

「粟ヶ岳県民休養地キャンプ場」へ移動

4/30、夜に降っていた雨 も朝食を終えると小降りになって、 テントの撤収も出来そうです。 今日は新潟県に移動、明日からお天気 なら山登りです。 キャンプ場から北陸道に乗ってもいいのですが、急ぐ必要ないし、 しばらくは一般道で行きましょう。 ヒスイ海岸の…

続きを読むread more

黒部峡谷鉄道

もう一泊する予定の墓ノ木キャンプ場近くの観光スポットと言えば、 トロッコ電車です。 2,007年に一度訪れていますが、その時は夏の終わり。 新緑、残雪の山が見える季節に行ってみましょう。 4/29(月)今日も山がきれい 朝の凛とした空気に、鏡のような水田とそこに映る山…

続きを読むread more

立山周辺を散策

4/28(日)快晴 今日の予定は、立山連峰の南側、鍬崎山に登るつもりです。 今の時期、旬の観光は、「雪の大谷」ですが、GW黒部アルペンルートは混むし、 ケーブルカー、バスの往復運賃はちょっと高い。 そんな訳で、前衛の山に登ればアルペンルートの雪の壁、弥陀ヶ原、室堂、 果ては、剱岳、薬師岳、黒…

続きを読むread more

入善町「墓ノ木自然公園キャンプ場」

「田園発 港行き自転車」宮本輝 の舞台となった入善町 黒部川の扇状地が日本海に続く 黒部川の水は扇状地を潤し、豊かな水田地帯をはぐくむ 墓ノ木自然公園第一から第三キャンプ場まであり 雨上がりの中、第二キャンプ場に設営終了 三泊の予定に、タープも次の日は、快晴でした 黒部川の支流沿いに広がるテントサイト …

続きを読むread more

高尾山から城山~日影沢

日影沢から高尾山へ から続く。 山頂から階段を下りて、奥高尾に入って行きます散り始めているけど、十分きれい 力強いヤマ桜ツツジサツキ ・ツツジは赤系、サツキはピンクや赤紫、白、または白と花色が豊富・ツツジの花は大きくて立派、サツキの花は小さいがたくさん花を付ける ・ツツジの葉は大きい、サツキの葉は小さい たぶん合っている…

続きを読むread more

日影沢から高尾山へ

先週BSで放送の「日本百名山」、高尾山を案内してくれたのは、 山岳ガイドの橋谷晃さん、ネイチュアリングスクール木風舎の代表です。 いつも笑顔でガイドしてくれるイメージがあり、今回の放送でもニコニコ、 高尾山の魅力を伝えてくれました。 歩いたルートは、高尾山口から一号路を登り、山頂手前を日影沢に降りてニリンソウの群落を見る…

続きを読むread more

その日のまえに

『その日のまえに』重松清 <目次> ・ひこうき雲 ・朝日のあたる家 ・潮騒 ・ヒア・カムズ・ザ・サン ・その日の前に・その日 ・その日のあとで ・ひこうき雲  ただ、長く生きすぎてしまったひとの流す涙は、ガンリュウの----おとなになるまで生きられなかったひとの流す涙と同じだと思った。神さまに気まぐれに選ばれて…

続きを読むread more

竜ヶ岳から雨ヶ岳へ

天子山系 竜ヶ岳から続く。 10:11 竜ヶ岳から南アルプスを見ながら端足(はした)峠まで下ります もったいないね、急降下眼下に、A沢貯水池 尾根筋からもう少し下るように見える 、それから直登だよ。 平らな道がちょっと思った通り、また下る 10:39 端足峠…

続きを読むread more

天子山系 竜ヶ岳

今日はちょっと遠出、 明るい道を歩きたい。 近場の低山だと、どうしても暗いスギ林になっちゃうんで。 天子山系は本栖湖の南側に連なる山系で、 その山系の最高峰毛無山には2015年に登っています。(2011/5/3(火)毛無山) 真冬のくっきり富士は無理でも、好天に春霞の富士を満…

続きを読むread more

小野寺史宜 四冊

『ひりつく夜の音』 大人の男は、なかなか泣かない。では、なぜ下田保幸(47) は、ひとりで涙を流しているのか? 元、いや現役のクラリネット奏者、年収はパート並だが狭小住宅所有。スーパーの安売りと朝食海賊が数少ない楽しみで、一心同体だったはずのクラリネットに触ることはほとんどない。でも――。その夜の警察からの電話が彼の記憶を揺さぶる。も…

続きを読むread more

波聞風問

統計不正 本来問われるべきことは何か 本来問われるべき問題が陰に隠れてしまったのかもしれない。 その問題とは、安倍晋三首相が統計の持つ危うさを無視し、国民受けのために都合よく利用して来たことである。 本来、統計には誤差もあればブレもある。 ところが都合のいいデータだけを取り出し、並び立て、「成果」や「果実」だと宣…

続きを読むread more

余命10年

『余命10年』小坂琉加 「死ぬ準備はできた。だからあとは精一杯、生きてみるよ」20歳の茉莉(まつり)は、数万人に一人という不治の病にかかり、“余命10年”であることを知る。笑顔でいなければ周りが追いつめられる。何かをはじめても志半ばで諦めなくてはならない。未来に対する諦めから死への恐怖は薄れ、淡々とした日々を過ごしていく。そして、何と…

続きを読むread more

ひと

『ひと』小野寺史宜 店を開くも失敗、交通事故死した調理師だった父。女手ひとつ、学食で働きながら東京の私大に進ませてくれた母。―その母が急死した。柏木聖輔は二十歳の秋、たった一人になった。全財産は百五十万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。そんなある日、空腹に負けて吸い寄せら…

続きを読むread more

トーベ・ヤンソン あけぼの子どもの森公園

トーベ・ヤンソン(1914年ヘルシンキ生まれ)画家、挿絵作家、風刺漫画家、小説家、童話作家であり、フィンランドが生んだ偉大な作家のひとり「ムーミン」シリーズを発表し、世界的に高い評価を獲得国際アンデルセン賞をはじめ、数多くの賞を受賞 新緑の季節 定番の構図 「きのこの家」 「きのこの家」内部吹き抜け {%上昇we…

続きを読むread more