再発!それでもわたしは山に登る

『再発!それでもわたしは山に登る』田部井淳子 目次予 兆転 移ガンマナイフ治療ソコトラ島最高峰ハジハル山新たな抗がん剤抗がん剤治療開始怖いもの知らずの女たちin長崎エベレスト四十周年感謝の会夫とガンマナイフ治療終了オマーン最高峰ジュベル・シャムス南峰独特の哲学を持つ先生スマトラ島最高峰クリンチ山中 国怖いもの知らずの女たちin佐渡最後…

続きを読むread more

アンマーとぼくら

『アンマーとぼくら』有川浩 読み始めたら以前読んだことがある。 でもストーリーも結末も思い出せなくて・・・。 休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と3日間島内を観光する。 一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。 観光を続けるうち、リョウは何かがおかしい…

続きを読むread more

大人の甘え、若者の怒り

アマゾンの熱帯雨林火災による今年1〜8月の二酸化炭素(CO2)の排出は自動車約3千万台分に相当する。欧州を熱波が襲ったこの7月は世界の平均気温が観測市場最も暑い月になったーーー。◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ところがそうした事実を虚構のように言う人がいる。親玉格は米大統領のトランプ氏だ。温暖化をフェイクと言い張る頭には、化石燃料の煙こそ「偉大…

続きを読むread more

口笛吹いて

『口笛吹いて』重松清 ・口笛吹いて 野球で一流高校に入り、プロ野球の世界にデビューすると思っていた、 少年時代の憧れの幼なじみが、体を壊して、やる気のないサラリーマンになっていた。 仕事で偶然に出会うが、昔のようには話すことができない。 そんな幼なじみに、子供の所属する少年野球の臨時監督を頼むのだが…。 ・タンタ…

続きを読むread more

ザック新調

これまで日帰り登山で使っていたのは、グレゴリーZ35。 10年以上使っているのは間違いなし、フレームは錆び、チャックは開かず、ゴムは伸びきり・・・。 日帰り用のザックを物色していたら、Youtyubeで見つけました。 [アルティメイトディレクション] ハイドレーションバッグ FASTPACK 35 S/Mサイズブランド紹介 アル…

続きを読むread more

蓮華岳〜針ノ木峠〜扇沢

2019.9.20(金)船窪小屋〜七倉岳〜北葛岳 から続く。 9:01 ●印が案内●印と鎖のルート三点支持と、鎖と、足場を良く見て、よじ登ります9:16 岩場を登り切るこの程度はまだ続く岩の壁ガレ場ザレ場ガレとザレのミックス回…

続きを読むread more

船窪小屋〜七倉岳〜北葛岳

2019.9.20(金)七倉尾根で船窪小屋へ から続く。 小屋の朝食は5時なので、4時半頃から囲炉裏端のテーブルで自炊です。 お湯は貰えるし(500ml/¥100)、テントの撤収もないから楽でいいよ。 今日も槍ヶ岳がくっきり 烏帽子小屋に向かう男性は暗いうちに出発、残りは全員蓮華岳方向に向かうようで…

続きを読むread more

七倉尾根で船窪小屋へ

2019.9.19(木)基本縦走はテント泊で、小屋利用であっても夕食に特長がなければ素泊りです。 燕山荘、白馬山荘、赤岳鉱泉、朝日小屋、船窪小屋・・・などは、 食べてみたいと思わせる小屋で、さらに船窪小屋は、 明かりはランプ、暖房は囲炉裏、『私は山の上のお母さん』の著書で有名なおかみさん、と 泊まってみたい理由が盛り沢山の小屋で…

続きを読むread more

スパイクス

『スパイクス』ランナー あさのあつこ 本能で走る碧李と、レースの天才・貢。ライバルが対峙したとき、その走りに化学反応が起きる―。反発しながら求め合う二人の少年。その肉体と感性を瑞々しい筆致で描いた傑作。書き下ろし。目もくらむスピードで突っ走る、著者史上最高最速小説。 自分の脚で走る。その刹那に生まれる快感と走り続ける苦痛。碧…

続きを読むread more

尾瀬アヤメ平へ

アヤメ平・・・ 昔は、”アヤメ平と三条ノ滝を見ずして尾瀬を語るなかれ” と言われたほどの名勝地です。 今年のシーズンもあとわずか。あと一回縦走したいと思っているので、 今日は歩いてない尾瀬のアヤメ平で、軽めの足トレとしましょう。 6:32 冨士見下駐車場寒くなって来たねアヤメ平に行く…

続きを読むread more

忍び寄る「危うい言葉」の支配

 言葉の恐ろしさに触れた一冊の本が頭に浮かんだ。ナチス時代のドイツを市中で生き延びたユダヤ人言語学者クレンペラーが、当時の体験的思考を記した著作である。  全体主義に染め抜かれた時代を、こう述べている。「ナチズムはひとつひとつの言葉、言いまわし、文形を通じて大衆の血と肉の中に自然と入りこんでしまっているのである」。そうした言葉は本…

続きを読むread more

十字架

『十字架』重松清 いじめを止めなかった。ただ見ているだけだった。それは、「罪」なのですか――? 自ら命を絶った少年。のこされた人々の魂の彷徨を描く長編小説。 いじめを苦に自殺したあいつの遺書には、僕の名前が書かれていた。あいつは僕のことを「親友」と呼んでくれた。でも僕は、クラスのいじめをただ黙って見ていただけだったのだ。あ…

続きを読むread more

ラストラン

『ラストラン』ランナー4 あさのあつこ ”もう一度勝負したい” 努力型の加納碧李、天才型の三堂貢。5000メートル走の再戦を誓った高校最後の大会を前に、 ライバル三堂の所属する清都学園が不祥事によりまさかの出場停止!? 再戦が出来ないと消沈する加納だが、彼らの勝負を見届けたいと、マネージャーの久遠がある秘策に出て――。 …

続きを読むread more

レンゲショウマを見に御岳山へ

「森の妖精」、「森のシャンデリア」などと称されるレンゲショウマ(蓮華升麻)。 透明感のある、清楚な感じで好きな花の一つです。 2014年に訪れて以来5年振り、群生地としては日本一と言われる御岳山に行ってみます。 前回はケーブルカーの滝本駅から歩きましたが、 今日は山トレーニングも兼ねて、鳩ノ巣駅〜御岳山〜古里駅の周回を取…

続きを読むread more

折立~室堂縦走/4日目(五色ヶ原~室堂)

2019.8.19(月) 折立~室堂縦走/3日目 から続く。 昨日の天気予報によれば、今日は午後から雨。 テントをたたむ朝だけもってくれればと、 思っていましたが、これなら室堂に到着するまでも大丈夫そうです。 これまでの出発時間より遅くなりましたが、5:50歩き始めます。 ザラ峠…

続きを読むread more

折立~室堂縦走/3日目(スゴ乗越小屋~五色ヶ原)

2019.8.18(日) 折立~室堂縦走/2日目 から続く。 晴れの予感4:44 学生はもうすぐ出発、それ以外は出発したよ昨日お話を聞いた感じだと、ほとんどが薬師岳方向に向かうようで、 室堂方向に向かうのは自分を含めてテント泊では二組だけかな。 その一組のテントの横を通り、5:25…

続きを読むread more

折立~室堂縦走/2日目(太郎平~スゴ乗越小屋)

2019.8.17(土) 折立~室堂縦走/1日目 から続く。 出発しようと乾燥室に靴を取りに行くと、あれ?ない。 同じ「LOWA」、靴紐も同じ登山靴が置いてあったので、まさか? と、思って小屋の入口近くの靴棚を見ると・・・。 ありましたよ 縦走初日で靴がなくなった、なんて泣くに…

続きを読むread more

折立~室堂縦走/1日目(折立~太郎平)

2019.8.16(金) 黒部川源流域から北へ向かう縦走路には、東から、裏銀座、読売新道、折立~室堂の3ルートがあります。 今回は、折立~室堂のルートを三泊四日テント泊で歩く予定です。 この計画は元々お盆を避けて、夏季休暇の後半を予定していたので、 台風10号の通過が良いタイミングとなりました。 折立の標高は1350m、室…

続きを読むread more

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 後半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 前半 から続く。 森を抜けると広々とした高原の雰囲気、ここが五輪高原でしょう ニッコウキスゲ、アヤメ、綿毛 アヤメピンボケだけど、綿毛気持ちの良い木道を進む 木道脇に休憩スペースを見つけて、補給をします。 先に休んでいた二人は、昨日夕食後にお喋りをしたご夫婦です。 …

続きを読むread more

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/3日目 前半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/2日目 から続く。 夜半過ぎに聞こえていたテントを叩く雨音も、 夜明け前には静かにしてなって、予報通り青空が広がる。 今日は蓮華温泉に下るだけ。 2005年長かった記憶があるけど、珍しくみんなが出発した後歩き始めます。 みんな出発してし〜んテント場もラス前6:05 なごり…

続きを読むread more

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/2日目 前半

14年振り!蓮華温泉から雪倉岳〜朝日岳周回/1日目 から続く。 今日はロングルート、3時には起き出して朝食、テント撤収、予定通り5時に歩き出します。 長いけど、楽しみなルート。好天に稜線漫歩が期待できます。 5:06 テント泊は朝が早いハクサンイチゲの群落がいって…

続きを読むread more

タープ貼り綱とザックの修理

登山やらキャンプやら長年やっていると、経年劣化で道具が痛んでくる。 先日もキャンプ場でタープがたるんで来たんで、 ピ〜ンとなるよう自在金具を調節したが、すぐ緩む。 自在金具をよく見たら、ヒビが入ってロープの押さえが効かないじゃん。 左:ヒビの入った自在金具、中央…

続きを読むread more

ライフ

『ライフ』小野寺 史宜 アルバイトを掛け持ちしながら独り暮らしを続けてきた井川幹太27歳。気楽なアパート暮らしのはずが、引っ越してきた「戸田さん」と望まぬ付き合いがはじまる。夫婦喧嘩から育児まで、あけっぴろげな隣人から頼りにされていく幹太。やがて幹太は自分のなかで押し殺してきたひとつの「願い」に気づいていく――。誰にも頼らず、ひと…

続きを読むread more

山トレ

せっかくの三連休なのにどこも☔ せめてならば、出掛けるつもりだったけど。 仕方ない、近場で山トレして足を保っておきます。 橋場バス停〜笠山〜堂平山〜白石峠〜定峰峠〜大霧山 〜秩父高原牧場〜二本木峠〜打出〜橋場バス停 歩数42,570歩(万歩計にて)まずまずかな。{%笑いwe…

続きを読むread more

浅草岳

浅草岳は平日でも混んでいる・・・ 昨日、守門岳で会った親父が言っていました。 そんな訳で、短い行程にも関わらず、割と早めに駐車場に行きます。 7時前だし10台程度だろう、そんな予想が外れてしまいました。 6:58 ネズモチ平駐車場6:58 ゲート横を通ってスタート今日のルート:…

続きを読むread more

福山森林体験の森キャンプ場

福山キャンプ場・福山森林体験の家では、キャンプやバーベキューはもちろんのこと、「炭焼き」や「そば打ち」、「釣り体験」など、たくさんの自然体験が行える体験施設です。 また、「福山森林体験の家」に隣接している「雪むろ」は、雪を利用した天然冷蔵庫。 夏のキャンプシーズンには、お客様がお持ちした飲み物(ジュースやビールなど)、野菜、生鮮…

続きを読むread more

守門岳

GWに粟ヶ岳、五頭山を登って帰宅途中で見えた守門岳。 登ってみたいと思っていたところ、 週末から魚沼地方は好天が続く。 ”これは行くしかないでしょ” 金曜日、深夜割引が利く早朝4時前に高速に乗り、小出ICで降りると、 二口の登山口に向かいます。 二口の登山口に…

続きを読むread more

車をいじる/キックガード

ここもキズが付く、ドアの内側。 随分と前にカットシートを購入していたんですが、やっと今日貼り付けました。 いつもように脱脂をして、位置合わせとをしながらなるべく引っ張らないで。 シワが寄らないように貼るのは、なかなか難しい。 粘着力も弱いし、そのうち剥がれてくるかな。

続きを読むread more

カシオペアの丘で

『カシオペアの丘で』[上][下] 重松清 丘の上の遊園地は、俺たちの夢だった・・・。 肺の悪性腫瘍を告知された39歳の秋、俊介は2度と帰らないと決めていたふるさとへ向かう。 そこには、かつて傷つけてしまった友がいる。初恋の人がいる。「王」と呼ばれた祖父がいる。 満天の星がまたたくカシオペアの丘で、再会と贖罪(しょくざい)の物語が…

続きを読むread more

百花

『百花』川村元気 大晦日、実家に帰ると母がいなかった。 息子の泉は、夜の公園でブランコに乗った母・百合子を見つける。 それは母が息子を忘れていく日々の始まりだった。 認知症と診断され、徐々に息子を忘れていく母を介護しながら、泉は母との思い出を蘇らせていく。 ふたりで生きてきた親子には、どうしても忘れることができない出来…

続きを読むread more

2019年上半期燃費記録

スバルXV 2.0i-S Eyesight 給油日走行距離給油量満タン法燃費MFD平均燃費備考1/07447.1km44.12L10.13km/L10.9km/L高速<一般道1/28465.8km41.90L11.12km/L12.0km/L高速<一般道2/25483.3km43.51L11.11km/L12.1km/L高速<一般…

続きを読むread more

車をいじる/ステップガード

前の車も貼っていたステップガード。 適当なものがなく、お高いサイドシルプレートを貼りましたが、 黒い樹脂部の擦れが気になる。 何気なく見ていたサイトでいいものが見つかりました。 偶然にも、以前取り付けたカーゴステップパネルと同じ大陸製で 同じ「SUBARU」の”ロゴ。 ちょっと躊躇したけど、8枚セットでお高い万円…

続きを読むread more

浅間隠山

鼻曲山 から続く。 二度上峠から浅間隠山登山口に向かいます早朝通過した時は、1台もなかったよ 蛇の日向ぼっこ?10:35 駐車場すぐ下の登山口 すぐに出迎えてくれた 見上げると、斜面はツツジだらけ今が旬 ツツジ道をジグザグにあれが山頂?浅間隠山 {%右矢印web…

続きを読むread more

鼻曲山

コロコロと変わる天気予報 。 二日前に出たマークで、山トレに出掛けます。 なかなか決まらなかった山域、予報でまずまずの天気 で まだ登ったことのない浅間隠山に決めます。 でも、これが2時間もあれば山頂に行け…

続きを読むread more

峠うどん物語

『峠うどん物語』[上][下] 重松清 .峠のてっぺんにある「峠うどん」はおじいちゃんとおばあちゃんが二人で切り盛りしている小さなうどん屋。 14年前、店のすぐ前に市営斎場ができたことから、屋号を「長寿庵」から変えた。 中学生の孫娘・淑子(通称・よっちゃん)は時々店を手伝っている。 やりきれない気持ちで暖簾をくぐる人たちがそっ…

続きを読むread more

三峯神社~雲取山 ピストン

先日訪れた三峯神社から見えた山の稜線。 ”あすこを歩きたいね~” 鴨沢からは何度か登った雲取山。 三峯から鴨沢に抜けるのが理想なんだけど、下山してからの交通の便が悪い。 それならピストンで、という事で往復21km、コースタイム11時間のロングコースに挑みます。{%一言・ガンバレhd…

続きを読むread more

小さな命の警鐘 聞こえるか

 人知れず進行している異変が、小さなできごとによって表に出てくることがある。水俣病は、ある漁村の住民がネズミの急増に困って市役所に駆除を申し込んだ、と地元に報じられたのが世に知られるきっかけになった。  漁村にいたネコが原因の分からぬまま相次いで死に、はびこるネズミの被害に手を焼いて陳情に至ったのだった。あとになって振り返れば、ネコは…

続きを読むread more

救いの森

『救いの森』小林由佳 いじめや虐待、誘拐など命の危険を感じた時に起動させると、児童救命士がかけつける「ライフバンド」。 児童保護救済法が成立し、義務教育期間の子どもにその着用が義務づけられた。ある日、新米児童救命士の長谷川は「ライフバンド」の検査で小学校に出向き、そこでわざと警告音を鳴らす少年と出会う……。明日の未来を支える子ど…

続きを読むread more

三峯神社

今日も天気がいい 。 昨日の疲れが残っているので、お手軽山ルートに選んだのが、 前から気になっていた三峯神社。 パワースポットとして有名だし、雲取山の北側の登山口だし、行ったことないし・・・。 と言う訳で・・・ 。 くねくねとした道を登って行き…

続きを読むread more

秩父高原牧場~二本木峠~皇鈴山~登谷山

大霧山周辺は何回も歩いていますが、北側の二本木峠方向はあまり記憶にない。 舗装路が多くて避けていたこともありますが、 高原牧場や皇鈴山も見どころだし、 地図をよく見ると橋場バス停から周回がとれそうです。 7:15 橋場バス停駐車場粥仁田峠入口手前にトイレが出来ていた 先週も来た、橋場…

続きを読むread more

比企三山(大霧山~堂平山~笠山)を周回

GW最終日(当方は9連休)好天が続きます。 折角作った足だし、近場でトレーニングを継続させましょう。 いつもヤマメの里駐車場(すぐ橋を渡る)7:59 車道を上がって行く 集落に祠この辺は朝日根集落明るい山村 8:43 鎮守の森?折角だから階段を上がる朝日根八幡神社 おそらく大霧山 明るくなると期待感!どちらも…

続きを読むread more

下越の山 五頭山

昨日の天気予報だと今日は。 予報通り朝方まで降っていましたが、朝食を終える頃には雨も止んで好天の兆し。 雨で停滞の予定を急遽変更します。 290号を北上すると、どんぐりの森キャンプ場から三ノ峰コースが手前だったようですが、 その入り口に気付かず、出湯温泉から奥に入って行きます…

続きを読むread more

下越の山 粟ヶ岳/7~10合目

下越の山 粟ヶ岳/1~7号目 から続く。 手前が北峰でしょう 振り返って小屋方向 一面の銀世界、登山道は深い雪に隠れており、トレースを頼りに進みます。 夏道が現れているところは、なるべくそこを歩き、 雪庇の危険を避けるようにします。 夏道が現れているブリッジ状の雪道岩場は雪が付かないの? 振り返って、ポ…

続きを読むread more

下越の山 粟ヶ岳/1~7合目

加茂 美人の湯から粟ヶ岳(登る意欲をそそられる ) まずまずの天気 に登山口に向かいます。登山者の駐車場はキャンプ場の下ですが、山菜採りのオヤジさんからの情報で、900m程奥に行った所に数台置けるそうです。”往きはいいけど、帰りは900mでも億…

続きを読むread more

「粟ヶ岳県民休養地キャンプ場」へ移動

4/30、夜に降っていた雨 も朝食を終えると小降りになって、 テントの撤収も出来そうです。 今日は新潟県に移動、明日からお天気 なら山登りです。 キャンプ場から北陸道に乗ってもいいのですが、急ぐ必要ないし、 しばらくは一般道で行きましょう。 ヒスイ海岸の…

続きを読むread more