丹沢主脈トレイルラン

丹沢に行ってきました。
主脈を一日で回れるよう二股まで車で入り、鍋割山から塔ノ岳、丹沢山、
そして丹沢最高峰の蛭ガ岳までトレイルランスタイルで登ります。
朝、自宅を3時30分出発、一般道を走って目的地の二股手前、県民の森駐車場を目指します。
今日は会社を休んだので平日なのですが、駐車場にはすでに3台の車、ちょっと予想外です。

県民の森駐車場
画像
林道終点のゲート
画像
6:10 駐車場をスタート、林道を二股の登山口を目指してゆっくり走りだします。
さらに奥に入っていくと、二股の駐車場のようで、1台車が止まっていました。
ゲートもあったし、どこから入ってきたのでしょうか。

駐車場脇の川を渡ります
画像
塔ノ岳、鍋割山登り口
画像
まずは塔ノ岳を目指すつもりでしたが、
経由地がピンとこないで何となく鍋割山方面に進んでしまいました。
鍋割山を回っても塔ノ岳には行けるし・・・、まだ元気。

四十八瀬川を渡ります
画像
階段を上る
画像
走りやすい道です
画像
後沢乗越
画像

当初、鍋割山は予定に入ってなかったので
ルートがイメージできていません。
それでもキツイ登りもなかったこともあって、
2時間半のコースタイムを1時間20分程で走破しました。
鍋割山荘
画像

山荘はひっそりとしています。
雲が湧き上がって展望は今ひとつですが、

彼方に雪をかぶった南アルプスでしょうか?
甲斐駒に似てるような・・・
鍋割山西側の展望
画像
稜線を塔ノ岳を目指します
画像

山座同定ができませんが、
方向的にこれから登る丹沢山か、蛭ガ岳
小丸からの展望
画像
二股の分岐に到着です。当初はここに上がってくる予定でした。
1時間弱のロスですね。ツツジのきれいな穏やかな稜線を進みます。

金冷しに到着です。
自分はこれを”キンレイシ”と読んでいましたが、塔ノ岳山頂では”キンヒヤシ”と言っているのを聞きました。
さてどちらが正しいのでしょう。

画像画像
画像
給水すべくハイドレーションシステムのホースを口に含むも水がでてきません。
”あれ”

今回はザックに付属されたものを持ってきましたが、初めて使います。
吸水口を回そうとしても回らないし、いくら吸っても水が出てこず、
大休止で確認することとして当分はペットボトルで補給することにしました。

金冷し(帰りはここを間違えた!)
画像
山頂直下の階段
画像
塔ノ岳山頂
画像
尊仏山荘
画像
西側展望
画像
北西方向は丹沢主脈が連なります。
”これから向かう蛭ガ岳はどれだ”

吸水できなかったハイドレーションバッグを確認します。
ホースを外してバッグの取付口を見ると何か詰まっているような・・・
”きっと、これを外すんだろう”

でも外れません。
結局いろいろ試行錯誤するも吸水できるようにはならず、
バッグに入っている水をペットボトルに入れ替えて給水することにしました。
(使う前に確認すべきとこの時は後悔してました。
家に帰ってじっくりチェックすると、何とホースの吸水口を回して飲めることが判明!まったく

北西側
画像
雲がとれれば富士が見えるはずですが、今日はランでもそれなりに時間がかかりそうなので、
雲がとれるのを待たずに丹沢山に向かいます。

蛭ガ岳まで6k!それなりに長い!
画像
ツツジ
画像
走りやすい道が続く
画像

塔ノ岳-丹沢山1時間15分のコースタイムを
30分では走り抜けます。
と、言っても平地のスピードで6'/kかな。
丹沢山
画像
みやま山荘
画像
さあ、最後のピーク蛭ガ岳に向かいます。
ここまでは予想してた通り走りやすい道ですしたが、この先ちょっと岩場があるはずです。

休憩舎
画像
不動ノ峰
画像
棚沢ノ頭
画像
蛭ヶ岳山荘が見えてきました
画像
鬼ヶ岩
画像
中ノ沢乗越への下り
画像
鞍部に向かって鎖場を下ります。
それにしても鎖が新しい!!登り返して山荘の屋根が見えてきました。

蛭ヶ岳山荘
画像
山頂広場
画像
山頂では、お兄ちゃんが一人タバコを吹かしていました。
挨拶をすると”走ってきたのですか?”と会話が始まりました。
ここまでの時間とわたくしの歳を聞いてビックリしていました。
テント泊を始めるとのこと、今回も40Lのザックにテント装備を入れてトレーニングだそうです。
”40Lのザックだとテント泊にはちょっと小さいかも、今夏は八ヶ岳に登る予定で、テント場を決めかねている”

”北岳はどうですか?” など、山談義が弾みました。


そうしてるうちに5人程の団体が到着、
写真を頼まれ会話をすると何となく東北の訛りが・・・

怪訝そうな顔をしていたのでしょう、
”青森からきた”と言っていました。
両神山、雲取山、そして今日丹沢だそうです。
見た目60歳以上か?元気です。
山頂の勇姿!?
画像
さらにガスってきました。みなさんに挨拶をし、来た道を戻ります。
少し下った所で靴紐を締め直していると先程のお兄ちゃんが来ました。
何となく話し足りなかったようで、またいろいろ聞いてきました。
”まあ、いいか”

歩きながら話しました。鎖場を登り始めると、何となく離れてきて、
”息が上がってきたので先に行ってください”

とのこと。そう言えばタバコを吸っていたなあ~。”タバコ止めたら”。
口に出そうとしましたが、”まあ、いいか”


登りはきつくなると歩き、下りと平坦になると走る、
の繰り返しで丹沢山を通過、
木道やら階段を慎重に走って塔ノ岳に戻ってきました。

往路では僅か3人だけでしたが、
この時間ですとだいぶ人が多くなっています。
塔ノ岳山頂広場
画像
展望は良くありません。行きは青空が見えていましたが、一面雲でじっとしていると肌寒くなります。
ヤビツ峠、大倉尾根、これから向かう鍋割山方面を確認して、下っていきます。

ヤビツ峠方面
画像
花立山山荘
画像
”あれ、こんなとこ通ったっけ”
この山荘が記憶にありません。痴呆症?”道は間違えてないはずだけど・・・”

少し先に進み、やっぱり地図を確認することに。

”あやや、大倉尾根を下っている”

丹沢は道が多く、間違えやすいと聞いていましたが、金冷しの分岐を見落としたようです。
この先駐車場に向かう分岐である小草平を頭にインプットして再スタート。

秦野市街
画像
小草平
画像

小草平からの下りは
ガイドブックでは所要時間が書いてないルートで、
歩き始めると踏み跡があまりなく、
木の根が多く歩き難い道です。
当然走ることもできず、駐車場に戻れる安堵感もあり、
ゆっくり歩いて下ることにしました。
小草平の堀山の家
画像
木の根が多い小草平からの下り
画像
だんだんと沢の水音が大きくなり、小草平登り口に到着です。

小草平登り口
画像

登山口は二股の駐車場すぐ脇で、
行きでこの登り口を確認していましたね。
今回はコースタイム11時間で
山中を28k走るルートだったので、
先を急ぐあまり標識をしっかりと確認しなかったのは
反省点です。

二股の駐車場も車が増えていました。
何故か石で車止めをしています。
”川の水で流されるのを防止するため?”
二股駐車場
画像
二股から県民の森駐車場まで林道をゆっくり走ります。
今回はタイツのおかげ、それとも足が出来てきた?

昨年同時期雲取山に行った時は全然走れませんでしたが、ゆっくりながらトレイルランらしき、こなせました。
時間はともかく、山中28kは収穫です。
次の日は、天城山 に続く。

2010.6.28(金)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック