浅間山

画像
現在浅間山は火口2k以内の登山禁止が解除され、前掛山まで登れます。
今日は車坂峠から入山し、黒斑山から蛇骨岳、仙人岳を縦走、
Jバンドを下って前掛山をピストン、草すべりを登り、峠に戻る、
登ったり下ったりの周回コースを歩きます。

車坂峠駐車場
画像
登山口、表コースか中コースか選べます
画像
8時間を超えるコースタイムなので、一応早立ちで5時にスタートです。
いつものことながら2時間程度は短縮するでしょうが・・・

前日中コースを下ってきてる人を確認しているので問題はないのでしょうが、
勧められている表コースを選択します。

途中カモシカに遭遇したりゆっくり登って、気がつくと富士山、八ヶ岳、北アルプスが一望できます。
さらに進むと赤錆たシェルターが見えてきました。

シェルター
画像
ここで表/中コースが合流です
画像
トーミの頭からの展望
画像
黒斑山山頂
画像

黒斑山で先行者が一人、おにぎりを食べていました。
目の前に浅間山が見えます。

長居するほど山頂は広くなく、
挨拶をして、先に進みます。

樹林帯を進むとまだ雪が残っており、
所々踏み抜いた跡があります。
樹林帯を抜けると展望の良い稜線です。
東側に浅間山、北西から南西にかけて北アルプス、
八ヶ岳、富士山も見えます。
このような稜線漫歩が一番気持ちがいいですね。
蛇骨岳
画像
彼方に富士山
画像
稜線から浅間山
画像
仙人岳
画像
Jバンド分岐
画像
少し岩が多くなってきて、Jバンドに到着です。
ここから賽の河原に向け下降します。

Jバンドでの下りの様子
画像
下りが終わりました
画像
浅間山に登って行く道を、斜面に確認できます。
地図上ではJバンドを降りるとすぐ登り口がありますが、この広い場所に見当たらず、もう少し歩いてみます。
林の中に入り、標識が見えてきました。
賽の河原、前掛山の登り口です。

賽の河原
画像
登りの様子
画像

ザレ場をリズム良く上がっていきます。
前方に数名見えますが、あっという間に追いつき、
先に行かせてもらいます。
ランもですが、自分は登りが得意で、
特にこのような足場も悪くなく単調な登りでは、
コースタイムを大幅に短縮します。
今回も登り50分の標準タイムを半分の30分で走破。
でも下りは下手なんですが・・・
登り終えました
画像
ロープの向こうから人が降りてきます。
自己責任で浅間山の第一外輪を周回できるようですが、自分はパス、前掛山に向かいます。
あとから聞いた話では、自殺者も向かうそうなので、火口を覗けばよかったと・・・

またもやシェルター
画像
前掛山に続く第二外輪の道が見えます
画像
先端が前掛山山頂です。
天気はいいし、心地良い風が吹いています。

前掛山山頂
画像
青空をバックに
画像
ここは前掛山ですが、浅間山の標識です。
日本百名山を意識して、浅間山の標識としてるそうです。
以前前掛山にも登山規制があった時には、黒斑山登頂で百名山登頂としてたそうです。

八ヶ岳と右に甲斐駒
画像
北アルプス全様
画像
隣の浅間山外輪
画像
まだ8時を回ったばかりで、雲もなく、最高の景色です。
近くにいた人が双眼鏡で穂高と槍ヶ岳を確認していました。
その方向を見ると槍の穂先とキレットの窪みが分かります。
御岳、乗鞍岳...何となく分かるのですが、遠近感がつかめず横一列に見えてしまい、
白馬など後立山連峰と剣岳の立山連峰の区別がつきません。
遠景に残雪の山並みが最高ですが、やはりあの中を歩いてみたい、と思います。
間近で見る山脈の連なりは、”すげ~”の言葉が連発されます。

ここでも携帯がつながります。
写真を添付して送ります。標高2,000m程度ではどこでもつながるように思えます。
山に強いドコモだから??i-Phoneを使いたいのですが、
”通信品質の悪いソフトバンクじゃなあ~”

携帯を変えられない理由です。

風がでてきてレインジャケットを着こみます。
ゆっくりと食事をしましたが、それでも8時半、あとは下りだけ、楽勝です。

登ってきた道を戻ります。
画像
ザレた斜面を軽快に下っていましたが、トレランのお兄ちゃんに抜かれました。
飛ぶように走っていきます。
こちらも何となく小走りに・・・、登って来る人はゼイゼイ、青色吐息です。

前掛山登り口を過ぎ、草すべり分岐点に到着。結構な登りです。
実はこの時、草すべりを登らないと駐車場に戻れない、ということを認識しておらず、
大変だな~、ぐらいに思っていました。
先を進み火山館に行ってから気が付き、ちょっとブルーになりました。

草すべり全容、ジグザクの道が確認できます
画像
火山館
画像
火山館で折り返し、10分程歩いて草すべりにとりつきます。
時間は短いのですが急登が続きます。
一度安心した精神状態での登り返しは、きついなあ~

草すべりの急登が始まります
画像
もう少しで登りが終わります
画像

トーミの頭に戻り、車坂峠に向かいます。

いつものことですが登山口直前まで
これから登って行く人とすれ違います。
中には山頂の様子を聞く人がいますが、
”これから山頂??”他人事ながら心配します。
登山口
画像
登山口ではガイドがこれからの歩く道をレクチャーしていました。
続けて体操です。10時を回っています。
トーミの頭までの予定だと思いますが、下りてきた私を怪訝な目で見てた感じを受けました。

2010.6.6(日)
車坂峠駐車場-トーミの頭-黒斑山-蛇骨岳-仙人岳-Jバンド-賽の河原-前掛山-火山館-草すべり-トーミの頭-車坂峠駐車場










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック