’07 雲ノ平/その1

画像
’07.8.8
前日深夜、自宅近くのバス停から高速バスに乗ります。
富山駅到着が早朝5時、登山口の折立行きのバスを待ちます。
出発は5時半、折立まで約2時間半の行程です。

折立行き登山バス
画像

登山者は十数人ほど、単独は自分だけかな。
途中、ドライブインでトイレ休憩をとり、
団体さんは富山名物、鱒寿司を朝食に、
自分もつられて一つ購入、
お酢が効いていておいしいですね。
ほどなく、狭い林道に入っていきます。
急峻な山並みと深い渓谷、”いよいよ始まるんだ”
そんな気持ちになります。
ドライブイン、こんな早くから営業中です
画像
奥深い山域が見えてきました
画像
途中の有峰湖
画像
8時過ぎ、予定通り折立に到着です。
”大きいザックですね” 声を掛けられます。
見るとみなさんは一泊程度の小屋泊なのか、いいとこ30L程のザックです。
雲ノ平に行ったら最低2泊は必要です。

昨年は折立に午後到着、ここでテント泊し次の日出発、太郎平まで登り、
薬師峠にテントを張った後、薬師岳を往復、
次の日には雲ノ平の南側の黒部五郎岳に登って三俣山荘テント泊、次の日新穂高温泉に下る縦走をしています。

今年の2月、ランで左足半月板を損傷し、4月に部分切除の手術、リハビリを経て
この短期間で縦走登山に間に合わせました。
”戻ってきた”

そんな感情が湧き上がってきます。
雲ノ平を中心とした黒部川源流の山域は最も好きなところです。

折立登山口(昨年)
画像
樹林帯を抜けて展望が開けると三角点に到着
画像
太郎平が見えてきました
画像
思い出す、石畳の道
画像
有峰湖
画像
3.6km←太郎平・→三角点0.8km
画像
日陰のない石畳を延々と
画像
太郎山でしょう
画像
今年は結構バテています。途中、学生のグループに抜かれました。
昨年と比べても約20分程遅れています。

3時間30分で太郎平小屋に到着です。
昨年がほぼ3時間で登ってますから遅くなりましたね。
でも、ここまで回復しました。

雲ノ平、秘境と言われる山域です。今日から4日の山行、果たして足がもつか??

太郎平小屋(昨年)
画像
太郎平からテントを張る薬師峠に向かいます。
薬師岳を前方に見ながら木道を約15分、テント場に到着です。

薬師峠テント場
画像
いつものMyテント
画像
まだ12時です。
昨年は、折立を5時半にスタートして3時間でこのテント場に到着、設営後、薬師岳を往復してます。
今年は、ゆっくり。
明日の予定も雲ノ平のテント場までと予定しており、足にあまり負荷をかけないようにします。
そんな訳で午後はまったり。明日も天気が良いようです。

’07 雲ノ平/その2 に続く。

2007.8.8
折立8:18ー1時間19分(2時間)-9:37三角点9:53-1時間50分(3時間)-11:43太郎平小屋11:51-18分(20分)-12:09薬師峠テント場
カッコ内は標準時間










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック