皇海山と鋸山

画像
早々と梅雨入りした関東地方ですが、今日は晴れが期待できそうで、早朝出発です。

皇海山に登るには、栃木県足尾の銀山平から庚申山、鋸山を越えて登る長く険しいルートが伝統的ですが、
昨今は群馬県側から栗原川林道を使えば日帰りで歩けます。

ただこの林道、悪路。
土砂崩れで通行止めになっていることも、しばしばです。
前日、沼田市市役所で通行止めになっていないことを確認、
沼田ICから吹割りの滝手前を右折、20kmもある林道に入ります。

手堀のトンネル?
画像
いたるところに落石注意の標識が
画像
4駆のマイカー、林道を慎重に進みますが、それでも普通車に比べると早いようで、
駐車場に着くまでに7台ほど先に行かせてもらいました。

駐車場
画像

林道に入った時にリセットしておいた距離メータは
22kmを示しています。
1時間ちょっとかな。
皇海橋手前の駐車場に到着です。トイレもあります。
準備をして歩き始めます。皇海橋を渡るとすぐ登山口です。

前方に歩いてる人が見えます
画像
林間の道に入り、うっそうとした感じになります
画像
山頂まで3.2km、今日は楽勝!
画像
ほ~、滑滝
画像

画像
水の音が段々小さくなって、水の流れが弱くなった道を進みます。
沢登りと言うほどではありませんが、じゃぷジャプと音を立てながら。

先着していた車は6台程でしたか。
ここまで7人の先を行かせてもらったので、全車、抜いてしまったかな。

稜線に出てきました。不動沢のコルでしょう。
左が皇海山、右が鋸山方向です。まずは皇海山へ、休憩している人に会釈して、左に進路をとります。

6月とは言え、雪が残っています
画像
山頂が近くなって、急坂が続き、
至る所にロープが張られています。
ぬかるんだ道でロープを頼りにしたいのですが、
ぬかるんでいることでロープは泥だらけ。
ロープ
画像
結構きつくなってきたところで、あれが山頂か?

皇海山山頂
画像

山頂は、樹木に囲まれ展望は臨めません。
それでも木々の間からわずかに雪を被った山が
確認できます。

画像
渡良瀬川水源碑と三角点
画像

いつもの通り、軽い食事。
菓子パンを一つ口に放り込み、
展望もない山頂に長居はしません。
おそらく日光白根山
画像
抜いた人達がまだ誰も到着しないうちに、山頂から往路を戻ります。

何人かの人とすれ違い、ほどなく不動沢のコルに到着です。
前方に鋸山が確認できます。
まだ時間も早いし、今日の行程は短いので当然鋸山に向って歩を進めます。
往きが40分、復路が30分のコースタイムなので、1時間もしないでこのコルに戻ってこれるでしょう。
それにしても、槍の穂先のようですね。

鋸山、あの急勾配を登るの?
画像
笹が深くなって、踏み跡が怪しくなっています。
どっちだ

皇海山は登山者が多く、踏み跡がはっきりしてるのですが、
こちらは、銀山平から庚申山、鋸山を越えてくる入山者が少ないルート。
注意深く進んで、笹の道から稜線のはっきりとした道に出て一安心。

鞍部で人の声がします。
あれ

来た道の方向が鋸山です。

???

自分の地図で確認しても、おかしい。皇海山から鋸山に向っていたのに。
頭がパニクって、狐に化かされたような感じ??

結局、笹でルートが分からなかったことで巻道に入ってしまい、ぐるっと回って、戻ってしまったようです。
この鞍部は不動沢のコル。登って来て1回、皇海山から降りてきて1回、道に迷って1回、
そして鋸山に登って1回、計4回通ることになりました。

山頂直下の鎖場、険しい!
画像

不動沢のコルで確認していた通り、
勾配がきつく、垂直によじ登っていくようです。
鎖から手が滑ると転がり落ちて、
岩に激突しないと止まらない感じです。
鋸山山頂
画像
こちらは展望が見事です
画像
奥に見える日光の山並み
画像
鋸山山頂から皇海山
画像
庚申山に連なる山々
画像
ザックがデポしてあります。持ち主はどこへ行ったんだ?
もしかしたら庚申山に向ったのかもしれません。
皇海山は庚申山を越えてきてこそ、登ったことになる、なんて自分も考えていましたが、
結局、短時間で登れるルートを選択してしまい、少し後悔。
まあ、鋸山を登ったことで、ご容赦を。

都合のいい理由をつけて、さあ下山です。

また道に迷わないように進みますが、ありゃありゃ。
また迷って・・・

稜線に向うべく、上を目指し、ほっ!はっきりとした道に出ました。


不動沢のコルからは、沢の中を気持ちよく下って行きます。
往きで追い抜いた人をまた追い抜きます。
自分が鋸山を登っていた間に先行したのでしょう。
軽く会釈、びっくりしたような表情に笑顔を返し、
途中、沢水で顔を洗って・・・

登山口が見えてきました。
登山口
画像
2011.6.4(土)
皇海橋駐車場7:41-(2時間10分)-8:41不動沢のコル-(1時間)-9:15皇海山山頂9:29-(40分)-9:56不動沢のコル-道迷い-不動沢のコル-(40分)-10:41鋸山山頂10:48-道迷い(30分)-11:20不動沢のコル-(1時間40分)-12:15皇海橋駐車場
カッコ内は標準タイム











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック