’11 福島遠征 2日目/安達太良山

昨日の午後、五色沼の散策では小雨になりましたが、
夕方には上り、今日朝は空が真っ赤です。
一般的に朝焼けは天気が崩れる兆しですが、天気予報では曇り時々晴れ
午前中もってくれれば、充分です。

道の駅「つちゆ」での夜明け
DSC_0637.JPG

道の駅から安達太良山の登山口、奥岳の駐車場までは
4k程です。
それでも何となく方向感覚が今一つで、
昨晩セットしておいたナビに従います。

5時前、登山口に到着です。
4:57 奥岳駐車場
P1030791.JPG
安達太良奥岳登山口
P1030790.JPG
ゴンドラ乗り場←・→安達太良山登山道
P1030792.JPG
し〜んとゴンドラ駅
P1030793.JPG
左はあだたら渓谷自然遊歩道入口
P1030795.JPG
5:14 ここから登山道(登山届ポスト)
P1030796.JPG
前方を歩いてる人が登山届に記入しています。
おそらく11時には降りてしまう初心者ルートですが、前の人を無視して行く訳にもいかず、
登山届を提出します。

安達太良山登山マップ
P1030797_.JPG
下山時は左の階段から戻ってきました
P1030799.JPG
あだたら渓谷を渡る
P1030800.JPG
馬車道←・↑旧道
どっちを進めばいいのか分からず、取り敢えず馬車道へ。
また同じ標識があったので今度は旧道へ。
分かりました。
馬車道は、そう馬車が通れる道幅が広いがつづらで登る、若干距離が長くなる。
旧道は、つづら折を突っ切る勾配が強い距離が短くなるコース。

どっちに行っても同じと分かると、旧道を進むことにしました。

こんな標識が数回(馬車道←・↑旧道)
P1030803.JPG
5:54 勢至平
P1030804.JPG
登山口を登り始めて、50mほど後ろを歩いてるお兄ちゃんが気になります。
旧道の急坂でも離れず、同じペースで歩いてますね。
若者でもたいてい離れていくんですが、
”速いじゃん”

峰の辻経由安達太良山頂←・→くろがね小屋
P1030805.JPG
イワカガミですね
P1030807.JPG
6:09 金明水
P1030810.JPG
硫黄の匂いがしてきて、小屋が近いようです。
鉄山の岩壁や、安達太良山山頂が見え隠れします。

中央にくろがね小屋
P1030812.JPG
6:19 くろがね小屋
P1030813.JPG
こちらが登山道
P1030814.JPG
小屋に到着、ほどなく後方を歩いていたお兄ちゃんも到着しました。
ジムニーが小屋脇に停めてあります。
小屋の人がこの車で往復してるので、広い道だったようです。

←至峰の辻経由安達太良山
P1030818.JPG
いきなり急坂
P1030820.JPG
岩混じりの急坂が続きます。小屋から3人構成になってしまい、
自分が先頭で、お兄ちゃん、おそらく40代の男性、一列で進みます。

いやいや、なかなか離れません。体付きを見るとみなさん、引き締まっている感じ。
とすると年長の私は分が悪いかな。

写真を撮ることで立ち止まると先頭が入れ替わったり、付かず離れず3人パーティが進みます。
それでも、お兄ちゃんが先頭に立って徐々に間が空いていきました。
”ありゃま、滅多にないよ”

競い合っても負けますね。自分のペースで進むことにしました。


登り切りました
P1030823.JPG
6:41 峰の辻
4.3km奥岳登山口←・→牛の背経由安達太良山1.3km
P1030824.JPG
ここから安達太良山山頂に向けて、二つのルートに分かれます。
近くを歩いていた男性は地図を確認、鞍部に下りて行きますね。
自分は、何となく違うルートに進みましたが、いまひとつ自信が持てず、
戻って、男性の背中を追うことにしました。

下り初めて前方に安達太良山山頂の乳首が見えます
P1030828.JPG
鞍部から下って来た方向
P1030830.JPG
低地には水の流れ
P1030829.JPG
登り返します
P1030832_.JPG
6:58 0.3km←安達太良山頂
P1030834.JPG
安達太良山頂乳首直下
P1030835.JPG
7:00 安達太良山頂
P1030836.JPG
乳首の上に向かう
P1030837.JPG
7:14 乳首の上に出る
DSC_0639_.JPG
反対側に回ってザックを置く
DSC_0658.JPG
二本松市内
画像
越えてきた峰の辻からの鞍部
画像
牛の背方面
画像
遠方に磐梯山
画像
南側、和尚山
画像
360度展望をカメラに収め、下山します。
岩場を滑らないよう注意しながら降りて、稜線をゆるやかに下降していきます。
灌木帯の中に入っても所々岩がありますが、スニーカーでも充分に歩けますね。
あだたらエクスプレスで上って来て、この辺の散策だけなら登山ではないか。

歩き易い道が続きます
P1030839.JPG
表登山道↑・→安達太良山頂
P1030840.JPG
灌木帯を抜けて表登山口分岐、南東山麓のフォレストパークからの合流点です。

7:41 仙女平
P1030843.JPG
あだたらエクスプレス山頂駅分岐
P1030846.JPG
ゴンドラで下るつもりもないので、直進です。
ゆるやかに下ると広々とした薬師岳展望台に出てきました。

8:02 薬師岳展望台
P1030849.JPG
広場の一角に祠と鐘
P1030850.JPG
『この上の空がほんとの空です』
画像
安達太良山の写真でよく見る標識です。
今日は曇っていて、ほんとの空ではないかな

8:13 五葉松平
画像
あだたらエクスプレス営業開始
P1030854_.JPG
所々露岩で滑りやすい道を注意しながら進むと、スキー場のゲレンデが広がり、
頭上を見るとあだたらエクスプレスのゴンドラが動いています。
まだ9時前、ゴンドラも動き始めて間もないでしょう。

スキー場に入ってくる
P1030855.JPG
動いてないリフトの横を下る
画像
スキー場を横切ると、往きで通過した標識下に出てきました。
ゲレンデを右手に見ながら駐車場に向います。
登山届に下山時刻を記入して、もうすぐゴールです。

8:43 ゴンドラ乗り場
画像
8:45 駐車場
P1030860_.JPG
2011.6.19(日)
奥岳登山口5:10〜勢至平〜金明水〜くろがね小屋〜峰の辻〜安達太良山山頂〜薬師岳〜五葉松平〜8:45奥岳登山口















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

くまさん荘
2011年07月28日 22:29
北海道の山々の写真を楽しみにしています。

この記事へのトラックバック