’11 お盆 東北の山/早池峰山

毎年のようにお盆休みは帰省していましたが、
天気が悪いことが多く、登る機会がなかったような気がします。
今日から一週間、マークが二日ほどありますが、マークが続いています。
東北の山は割と短い行程なので、弱い雨ならさほど気にならないでしょう。
と、言うことで今日は早池峰山へ。

東北道の紫波ICを下りて東に向います。
紫波の町から早池峰湖、林道を山の中に入って、登山口の河原坊駐車場に到着です。

7:27 河原坊の駐車場
P1040330.JPG
駐車場脇のトイレ
P1040329.JPG
道を隔てて、総合休憩所
P1040328.JPG
  今日のルート(河原坊登山口~早池峰山~剣ヶ峰~小田越登山口)
P1040252_.JPG
7:29 駐車場すぐ上の登山口
P1040326_.JPG
早池峰山山頂→2.6km
P1040254.JPG
山頂は雲の中
P1040255.JPG
すぐに沢を渡る
P1040256.JPG
大きな岩の上を登っていく
P1040259.JPG
また沢を超える
P1040260.JPG
7:56 水場
P1040261.JPG
岩峰の山頂か
P1040262.JPG
すごい、岩だらけ
P1040263.JPG
ガレ場をジグザグに
P1040266.JPG
大岩を乗り越え
P1040268.JPG
だいぶ開けてきた
P1040269.JPG
岩稜帯が続きます。
大きな岩は歩きづらく結構足を使いますが、先行者をいつもように抜いていきます。

見上げると岩場を先行する男性
P1040270_.jpg
岩場手前で抜いた若者二人連れ
P1040271_.jpg
振り返る
P1040273.JPG
岩が滑るので、ロープを頼りに
P1040272.JPG
8:40 打石
P1040276.JPG
8:48 千丈ヶ岩
P1040277.JPG
またロープでよじ登る
P1040278.JPG
ほお~
P1040279.JPG

早池峰山では日本のエーデルワイスと言われる
”ハヤチネウスユキソウ” が有名ですが、
見ごろは6月下旬から7月上旬と言う事なので、
残念ながら見ることはできませんね。
ちなみにこれがハヤチネウスユキソウ
画像
山頂が近い
P1040280.JPG
9:03 山頂に飛び出す
P1040281.JPG
7:30のスタートだったので、1時間半で到着です。
確か登山口では2時間半と標識に書いてあったはずだけど、
岩場で苦労した割には早い到着、コースタイム甘いですね。

早池峰山(1917m)
P1040285_.JPG
早池峰神社
P1040286.JPG
ガスの中、結構人がいる
DSC_0241.JPG
小田越降り口の避難小屋
P1040288.JPG
歩き始めた時はまだ日が差していたのに、もうガスって何も見えません。
小田越側から、もんぺ??のようなスボンを履いたおばちゃんが、”あら、もう山頂”
自分の方を見ながら話すので、相槌を打ったり、ちょっと山談義です。

このおばちゃん、確かに足は強そうですね。昨日登った秋田駒ヶ岳と比較しています。
でも秋田駒も行程はそれほど長くないはず。
東北の山はこんなもんでしょ。単独峰も多いし、標高も低い・・・

展望もないし、食事をして小田越側に下山します。

木道じゃん!
P1040290.JPG
→小田越2.6km
P1040291.JPG
また木道、こっちから登ればよかったかな?
P1040292.JPG
0.4km早池峰山頂←・→剣ヶ峰1.2km
P1040294_.JPG
剣ヶ峰・・・
今回は地図を持っておらず、河原坊から登って小田越に下りるルートは頭に入っていますが、
剣ヶ峰がピンときません。
剣ヶ峰まで1.2km、ザックをデポしたグループが歩き始めました。
デポするほどザックが重いわけではないので、そのまま、グループを追います。
”まあ、適当な場所で折り返すか・・・”

岩を回って
P1040295.JPG
ナイフリッジっぽい尾根道が続きます
P1040296.JPG
先を歩く二人連れと手前に何故か傘
P1040297_.jpg
10:04 早池峰剣ヶ峰(1,827m)
P1040302.JPG
剣ヶ峰は標識があるだけで、狭いピークです。
おばちゃんに写真を撮ってもらい、周辺を見渡しながら位置を確認しようとするも、
先程いた山頂と剣ヶ峰の位置関係がピンとこず。.

”だから、あぶないのよ”と、お叱りを受けました。
(後で調べると、剣ヶ峰は山頂から東に行ったところですね。)
おばちゃん達が引き返した後、ゆっくりと雲の切れた展望を写真を撮って、
さぁ~て、引き返します。

もうちょっと雲がとれれば
P1040301.JPG
ナイフリッジからわずかに下って、登り返し、樹林帯を抜けて分岐に戻ってきました。
剣ヶ峰分岐から、歩き易い道をジグザグに下っていきます。

小田越登山口まで2.2km
P1040305.JPG
一つ目の梯子(上から見る)
P1040306.JPG
二つ目の梯子(下から見る)
P1040308.JPG
ガレ場をジグザグに下る
P1040309.JPG
一段一段慎重に降り、最下部に降りるとほっとします。
ここからは、また勾配のゆるやかな道を進みます。

もっとガスったらケルンが役立つ
P1040310.JPG
1.0km早池峰山山頂←(五合目御金蔵)→小田越1.7km
P1040311.JPG
かすかに小田越周辺に止まっている車が見えています。
この辺に来ると、観光客が目立ってきます。

蛇紋岩が点在する斜面
P1040313.JPG
登ってくる人、下ってる人、休んでる人、たくさん
P1040316_.jpg
サンダル履きのおじいさんが孫を連れて歩いていたり、お父さんが子供を抱っこしています。
歩き易いとは言え、登山道、所々岩場もあります。
いつものことながら、
”バランス崩したら、大怪我だよ。つま先も岩にぶつけるだろうに・・・”

軽い気持ちで登り始めて、引き返すタイミングを逸しちゃったようですね。

木道の末端かな
P1040318.JPG
2.6km早池峰山山頂←・→小田越登山口0.1km
P1040319.JPG
11:44 小田越登山口
P1040320.JPG
元々あった石でしょう?
P1040322.JPG
小田越からピストンするのが、登り易いでしょう。
でなければ、自分のように河原坊の岩の多いルートを登って、小田越に下るのがお勧めかな。

こちらも蛇紋岩?
P1040321.JPG
道路の反対側には薬師岳登山口
P1040323.JPG
ここから河原坊の駐車場まで2kmを歩きます。
登り終えて満足感に浸りながら、沢の音や風に揺れる木々を見ながら。
ほんと、こんな場所は気持ちいい。

12:10 車道を歩いて河原坊に着きました
P1040251.JPG
駐車場手前の宮澤賢治の詩碑
P1040324_.JPG
河原坊の登山口で手帳にメモってるお兄さんが居て、会釈をすると
”去年に続いて今年も展望が悪かった”
と、話かけてきます。
”剣ヶ峰はまずまずでしたよ”
どんな山でも天気が良くて、展望がいいと素敵な山行となります。
明日も天気がいいといいな・・・

’11 お盆 東北の山/岩手山 に続く。

2011.8.15(月)
河原坊登山口7:30-(1時間20分)-頭垢離(こうべごおり)-(1時間40分)-9:00早池峰山山頂9:20-9:35剣ヶ峰分岐-10:03剣ヶ峰10:10-??剣ヶ峰分岐-(??)-11:44小田越登山口-12:10河原坊登山口









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック