’11 お盆 東北の山/蔵王山

’11 お盆 東北の山/岩手山 から続く。

今日は天候を見ながら帰省先から家に戻るか、どこかに寄るか決めようと思い、
仙台周辺まで下の道を走ります。
仙台まで来ると曇り空が僅かに明るくなっているような。
”よし”

前日計画していた蔵王に進路をとります。
やはり帰省を利用して家族で行った時は、ガスってお釜も見れませんでしたが、
今回は晴れまで望まないも、お釜ぐらいは見たいものです。

仙台から西に向かい、蔵王エコーラインを標高を上げていくと徐々に晴れ間が覗きます。
今日の東北地方の天気予報は雨だったので、ラッキー
観光気分で登れる蔵王は楽勝です。

11:49 蔵王ハイライン入口下のスペースに駐車します
DSC_0330.JPG
この上から有料道路(蔵王ハイライン)になります
DSC_0329.JPG
この分岐から刈田岳下駐車場まで7、800m位かな?
ジグザクに登る車道を直線的にカットして行く登山道もあるし、
距離もたいしたことも無いので、有料道路代はケチります。

一応、登山の準備をして歩き始めます。
車道を100m程歩いて、右に曲がると料金所があります。

今回のルート/ 蔵王ハイライン下駐車スペース~刈田岳~馬の背~熊野岳(往復)
zaouyama_map.jpg
料金所脇に登山道入口
DSC_0254.JPG
3回程車道をショートカットして駐車場
DSC_0328.JPG
12:13 駐車場上のレストハウス
DSC_0256.JPG
レストハウスの左側を抜けると、刈田岳と熊野岳に向う馬の背との分岐になります。
分岐点のすぐ先はお釜、天気は回復して、ラッキー。

あの窪みがお釜でしょう
DSC_0257.JPG
前方は展望台らしい
DSC_0259.JPG
まずはお釜の絶景
DSC_0261.JPG
展望台から刈田岳に向かいます
DSC_0260.JPG
100m程で山頂広場
DSC_0262.JPG
刈田嶺神社奥宮の社殿
DSC_0263.JPG
伊達宗髙公命顧之跡
DSC_0265.JPG
熊野岳←・→刈田峠を経て杉ヶ峯
DSC_0264.JPG
山頂はぼちぼちの観光客、天気も回復して、雨の予報だったのに晴れてよかったね。

山頂プレートを入れてお釜
DSC_0276.JPG
やや右にカメラを移動
DSC_0269.JPG
さらに右に移動して中央は後烏帽子岳、左端には刈田岳避難小屋
DSC_0272.JPG
一通り写真を撮って、一度分岐まで下り、馬の背・熊田岳方向に進みます。
蔵王山の最高峰は熊田岳の1,841m(刈田岳は1,758m)ですから、
蔵王山のピークハントは熊田岳になります。

自転車の二人連れです
DSC_0288_.jpg
馬の背
DSC_0289.JPG
マウンテンバイクで登っているのはカップルですね。
MTBのメーカーが気になってフレームを見ると、「スペシャライズド」です。
追い抜いて振り返ると外国の方、「スペシャライズド」ですから、米国人ですか。

馬の背からのお釜
DSC_0290_.JPG
12:56 熊野十字路(馬の背分岐)
DSC_0293.JPG
熊野神社の祠が見えます
DSC_0295.JPG
「蔵王山神社」
蔵王連峰の盟主、熊野岳の西端に鎮座する蔵王山神社
熊野神社とも呼ばれる

13:03 熊野岳(1,840.5m)
DSC_0300.JPG
何の石碑(裏側に回ると・・・)
DSC_0296_.JPG
→北蔵王縦走路
DSC_0297.JPG
斎藤茂吉の歌碑
DSC_0312.JPG

歌碑は上山市の茂吉の生家が見える位置に建てられており、
それには、

「陸奥をふたわけざまに聳(そび)えたまう
  蔵王の山の雲の中に立つ」

と、彫られています。
MTBの二人と中学生っぽい団体
DSC_0306_.jpg
山頂に近づくMTBカップル
DSC_0309_.jpg
食事をしていると、先ほど確認した遠足の団体が到着です。
中学生かな?熊野岳の標識の前にザックを置いたり、ワイワイガヤガヤ、賑やかなこと。
ありゃ、もう引き上げていきます。あっという間に一人になって、拍子抜け
また、ゆっくり景色を堪能します。

北蔵王に続く山並み
DSC_0298.JPG
山形市方向
DSC_0302.JPG
地蔵岳方向
DSC_0303.JPG
誰もいない山頂からお釜に向って歩き始めます。
稜線を歩きながら下を見ると、刈田岳に向う馬の背に遠足の団体が見えますね。
前方から3人連れの親子が歩いてきます。
登りで先に行かせてもらった4歳ぐらいかな?女の子を連れた家族です。
”頑張って、えらいね”

登りで声を掛けられていました。
”もうすぐ、山頂だよ”

熊野神社避難小屋
DSC_0316_.JPG
緩やかに下ります
DSC_0317_.JPG
馬の背から刈田岳へ続く稜線
DSC_0320.JPG
これも避難小屋ですか?
DSC_0322_.JPG
こちらは熊野岳避難小屋、馬の背へ
DSC_0323_.JPG
エメラルドグリーンの水面が静かに佇んでいます
DSC_0324.JPG
分岐をリフト方向へ
DSC_0326.JPG
ちょっと様子見です
DSC_0327.JPG
ちょっと遠回りをしましたが、刈田岳との分岐に戻って
レストハウス横を抜け、また車道をショートカットして車に戻りました。
駐車場からすぐ登れる蔵王は観光客が多く、登山って感じではありませんが、
熊野岳から北蔵王に向う稜線は、歩きたいルートですね。

’11 お盆 東北の山/月山 に続く。

2012.8.19(金)
蔵王エコーライン駐車場-刈田岳-熊野岳(往復)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック