’11 北海道遠征3座目/十勝岳

今日も天気はいい。本当にラッキーです。
一抹の不安のあった体の疲れもほとんど感じることなく、逆に体調が良くなっていく感じです。
もちろん足にも疲労を感じないし、
”よし今日も登るぞ” っていう気になります。

今日の登山ルート(望岳台⇔十勝岳)
0620_00.jpg
5:42 望岳台駐車場
P1030980.JPG
周辺案内図
P1030981.JPG
駐車場の上に
P1030983.JPG
背後に十勝連峰
P1030984.JPG
前方にはすでに十勝連邦が見え、今日の行程の安易さが伺えます。
大抵、歩き始めは樹林帯の中を登っていくことが多いのですが、この山は日陰のない道を進みます。
早朝とは言え、真正面から陽が当たるので、帽子をザックから出します。

スキー場内の広い道からザレた道を道を進むと、美瑛岳分岐の標識です。
まずはメインの十勝岳山頂方面へ進みます。

スキー場中を歩く
P1030988.JPG
車道ですね
P1030991.JPG
美瑛岳←雲ノ平分岐→十勝岳3.2km
P1030993.JPG
ちょっと勾配がきつくなって、早、前方に避難小屋が見えてきました。
6:26 避難小屋
P1030994.JPG
岩のジグザグ
P1030995.JPG
タイミング良く(悪く??)小屋から出てきたグループと一緒になります。
すぐ後ろで下界の話が聞こえ、気分悪いなあ~。

でも、いつも通り話し声が段々と小さくなっていきます。
やっと、山と会話が出来る・・・

登って来た道を振り返って
P1030996.JPG
雪が現れ
P1030999.JPG
ザレた道を上がっていきます
P1040002.JPG
ジグザグにザレた道を滑らないように登って行くと、
前方からトレランスタイルのお兄ちゃんがストックでバランスをとりながら降りてきます。
北海道で初めて会うランナーに軽く会釈します。
滑って尻もちをついても滑落するような危険な場所もないですから
トレランには適していますね。

3.6km望岳台↓(標高1,720m)→十勝岳1.6km
P1040004.JPG
火口縁と左前方に十勝岳
P1040005.JPG
昭和噴火口ですか?広い場所に出てきました。
右に進路をとると道の左側は火口が見えて、外周を回れるようです。

P1040006.JPG
おや、また前方から砂煙を上げながらランナーが走ってきます。
勾配もほとんどないし、砂地で足にも優しい、道も広い、走るには適当です。

で〜んと十勝岳
P1040007.JPG
ここから急登
P1040008.JPG
道の右側(南西方向)には富良野岳
P1040009.JPG
道の左側(北東方向)には美瑛岳
P1040010.JPG
美瑛岳方向からこちらに向かって来る登山者が見える
P1040011.JPG
山頂直下の登り
P1040012.JPG
8:00 十勝岳山頂(2,077m)
P1040013.JPG
360度の展望です。ホントに最高ですね。

美瑛岳に向かうルート
P1040014_.JPG
左から右に目を移す
P1040019.JPG
P1040018.JPG
そして左から上富良野岳〜富良野岳
P1040017.JPG
富良野岳をバックに
DSC_0020.JPG
美瑛岳(雲の上にちょこんと見えるのは大雪山かな)
DSC_0025.JPG
美瑛岳を回って、登山口に戻って来れるのですが今回は見送り。
時間的にも、体力的にも充分ですが、何か遠くに見えます。

山頂には、写真を撮り合ったちょっと高齢の小父さんと二人で、誰も上がってきません。
ちょっと風が強くなってきたかな。北海道の山は人が少なくていい・・・

これほどの展望は初めてという小父さんは、
一眼レフの大きなカメラでまだ撮影中です。
”お先に”

挨拶して、下山です。

岩場をゆっくり降りて、先ほどの広い尾根に出てきました。
ルンルンと軽く走ります。
砂煙でシューズが埃だらけにならないよう、割りと締まっている路面を選びます。
富士山の砂走りを思い出すなあ~。

9:36 避難小屋
P1040023.JPG
美瑛岳分岐を望岳台方向へ
P1040024.JPG

P1040025.JPG
前方に十勝岳温泉の町並みが見えて来ました。
そう言えば、この山はまったく樹林帯がありませんでした。
富良野岳や美瑛岳方面はどうなんだろう。
時間もまだ早いし、美瑛岳周回にすれば良かったって、また後悔。

前方からスニーカーの夫婦と子供が歩いてきます。
この道なら、安全に山岳風景を味わえますね。

望岳台の駐車場が見えて来ました。
満車の状態で、観光バスも多いですね。

望岳台
P1040026.JPG
10:19 駐車場
P1040027.JPG
先生が幼稚園児の列を正しています。これから少し先まで行ってみるのかな。
ワイワイガヤガヤ、楽しそうです。

これで予定していた6座のうち半分を終了。
さあこれから阿寒湖畔に移動です。

’11 北海道遠征4座目/雌阿寒岳 に続く。

2011.7.26(火)
望岳台5:47-(1時間)-美瑛岳分岐6:19-(1時間45分)-昭和噴火口7:08-(1時間20分)-8:00十勝岳山頂8:20-(2時間)-美瑛岳分岐9:43-(50分)-望岳台10:15
カッコ内は標準コースタイム








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック