’11 北海道遠征5座目/斜里岳

斜里町のキャンプ場から登山口に向います。
今日も好天が期待できそうです。
北海道遠征5座目、8時前後の就寝、早朝3時の起床が体に合って体調はいいです。

斜里町のキャンプ場から国道を20分、林道を20分ほど走って登山口の清岳荘に到着です。

5:37 登山口の清岳荘
P1040084.JPG
いつもの「クマ出没注意」の登山口
P1040087.JPG
駐車場には、数台の車があります。
環境保全の協力金として100円をポストに入れ、出発です。

しめ縄でお辞儀
P1040088.JPG
森の中を10分、パイプの階段を降りると林道です
P1040089.JPG
林道終点
P1040090.JPG
5:49 斜里岳山頂3.6km
P1040091.JPG
ここから本格的な登山道、熊さん注意ですよ。
樹林帯の道を進み、沢音が段々と大きくなると沢が見えてきました。

斜里岳は幌尻岳同様、沢沿いを登って行きます
P1040092.JPG
赤いリボンを目印に
P1040094.JPG
6:09 仙人洞
P1040096.JPG
雨が降れば水が流れそう
P1040097.JPG
6:15 六合目
P1040099.JPG
6:16 下二股
P1040100.JPG
幌尻岳と違うのは、膝まで水に浸かることはなく、靴を濡らす事はありません。
沢を渡ったり、石の上を歩きながら、旧道と新道の分岐点、下二股に到着です。
ここからは旧道を進みます。情報によれば旧道は下りには使わない方がいい、そうです。

沢沿いに、所々滝を見ながら、涼しげな道を進みます。

P1040101.JPG
P1040102.JPG
P1040103.JPG
P1040105.JPG
P1040106.JPG
P1040107.JPG
P1040110.JPG
P1040111.JPG
時々見える稜線
P1040112_.JPG
この滑滝は?
P1040114.JPG
方丈の滝↑だって
P1040116.JPG
見晴の滝は↓
P1040118.JPG
三段
P1040117.JPG
竜神の滝
P1040121.JPG
6:59 八合目
P1040122_.JPG
 前方から朝日が当たる沢沿いを水飛沫を顔に感じながら、
 手を添えて登って行きます。
 変化があっておもしろいかもしれません。
ここを登ると
P1040124_.JPG
7:16 旧道と新道の合流点、上二股(下山用標識)
P1040126.JPG
登り用標識
P1040127.JPG
あれが山頂か?
P1040129_.JPG
もうすぐ登り切るよ
P1040131_.JPG
7:33 馬の背でしょ
P1040132.JPG
左を見ると、もう少しで山頂のようです
P1040133.JPG
さあ、今日も短時間で山頂に到着するよ
P1040134.JPG
知床は原始の山
P1040135.JPG
ヒグマの生息地だよ
P1040136.JPG
山頂に人が見える
P1040137.JPG
祠もあった
P1040138.JPG
祠のあるコブを越え、目の前が山頂です。

7:47 斜里岳山頂
P1040140_.JPG
山頂写真_2
DSC_0085_.JPG
山頂写真_3
P1040141_.JPG
山頂に到着すると見覚えのある顔が。

スーパーカブの小父さん、雌阿寒岳で一緒だった夫婦、
”また会いましたねえ~”

道東の百名山、移動する方向が西から東で同じようですから、たいてい一緒になるでしょう。

ちょっとガスって、展望は今一つですね。
雲がなければ、東に知床連山、南西に屈斜路湖や摩周湖と阿寒岳、
下界の田園風景が見えるはずです。

雲の向こうに屈斜路湖と摩周湖が見えるはずが
DSC_0080.JPG
歩いてきた方向、裸地が馬の背
DSC_0076.JPG
斜里の町並みかな?
DSC_0081.JPG
いつの間にか一人になった山頂に、一人上がってきました。
下山しようとしてたところですが、他に誰もいないことが分かると、写真を頼まれました。
川崎の人だそうです。毎年新潟からフェリーで上陸して、2、3、北海道の山を登っているそうです。
”もう来ること無いから・・・”

何か寂しい響きです。

キスゲですか
P1040145.JPG
ミヤマダイコンソウ
P1040146.JPG
馬の背に下りると、談笑している夫婦が声を掛けてきます。
今回の北海道で登った山の話を山頂でお互いしていたのですが、あちらは西に、自分は東に行くので情報交換です。
羅臼の熊の話、阿寒岳の登山口など話していると、
”ランナーですか?”

と聞かれます。
”はあ...、それなりにマラソンも”

”どうりで”

東京マラソンが当たらない、と嘆いていました。

P1040147.JPGP1040151.JPG
上二股から新道経由で下ります。
情報の通り旧道の沢沿いを下るのは危ないですね。
以前は旧道のみだったんでしょうが、滑落事故もあったのでしょう。
それで新道が作られた、そんな感じです。

稜線の先はおそらく南斜里岳
P1040152.JPG
遥かなる道
P1040153.JPG
最果ての山って感じ?
P1040154.JPG
今日も雌阿寒岳で一緒だった夫婦の後に追いつきます。
今日はすんなり道を譲ってもらって、先に行きます。

途中、竜神の池の標識があります。
どんな池なんだろう?

何となく通り過ぎてしまいました。
後でネットで確認すると、小さながら透明感のある湧き水の池だそうです。

歩いてきた方向を振り返ったり、遠くまで見える稜線を楽しみながら熊見峠に到着です。

8:59 熊見峠
P1040157.JPG
9:33 二股
P1040158.JPG
沢沿いの道を滑らないように
P1040159.JPG
9:53 林道に出ました
P1040160.JPG
今日も満足感の中、こんな道はゆっくり
P1040161.JPG
沢で顔を洗い、ゆっくり林道を歩くと、清岳荘が見えてきました。

10:09 清岳荘
P1040162.JPG
10:10 駐車場に戻りました
P1040163.JPG
今日も順調に終えました。
相変らずのスピード登山ですが、毎日のラントレだと思えば日常です。

車のエンジンをスタートさせると、スーパーカブの小父さんが下りてきました。
山頂を先にスタートして、途中追い抜かなかったので、旧道を下ってきたのかもしれません。
それとも、途中の池に寄っていたか・・・

早いなあ~。明日の羅臼が北海道最後です。

’11 北海道遠征6座目/羅臼岳 に続く。

2011.7.28(木)
清岳荘5:37-(1時間20分)-下二股6:16-(1時間50分)-上二股7:16-(40分)-馬の背7:33
-(30分)-7:47斜里岳山頂8:05-上二股8:31-(40分)-熊見峠8:59-(50分)-下二股9:33-(50分)-清岳荘10:09
カッコ内は標準コースタイム










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック