’11 東北遠征 1日目/岩木山

2011.10.8(土)東北遠征 1日目/岩木山

百沢スキー場からの岩木山
DSC_0730.JPG
6:26大宮発はやて71号で盛岡に向います。
盛岡に8:34、予定通り到着してJR駅レンタカーのカウンターで手続きをして、
今日からお世話になるFITに乗り込みます。
盛岡ICから東北道に乗り、大鰐弘前ICまでおよそ130km、
ICを下りて岩木山の百沢スキー場登山口まで30k、
ナビの到着予定時刻は11:30です。

もしかしたら被災者の東北道無料と紅葉シーズンで混むかもしれないと思いましたが、
それも杞憂ですね。
ナビの予定時刻より30分早く到着しました。

このキャンプ場はお盆の時、岩手山を下りてから移動し、
次の日に岩木山に登るべく幕営したキャンプ場です。
”また来ちゃったよ”

11:24 百沢スキー場下、桜林キャンプ場
DSC_0729.JPG
11:28 スキー場からすぐ樹林帯へ
DSC_0732.JPG
焼止まで2時間30分
DSC_0733.JPG
七曲(山頂まで3時間30分)
DSC_0734.JPG
下山してくる人とすれ違います。
岩木スカイラインを使う人が圧倒的に多いのでしょう、すれ違った人は3組程です。

黙々と展望の無い道を、遅く出発したことでペースが自然と早くなって、
姥石の広場に出て来ました。

まだ割と平らです
DSC_0735.JPG
ハイ
P1000810.JPG
まぁ、登ります
P1000811.JPG
11:48 姥石
P1000812.JPG
いい彩
P1000815.JPG
水場ではないけど
P1000817.JPG
12:15 焼止まり避難小屋
P1000820.JPG
小屋内部
P1000863.JPG
避難小屋を先に出た男性ですね
P1000823.JPG

小屋を過ぎると、すぐ大沢に入り岩が多くなってきます。
避難小屋で会った男性が先行してますね。
左下に沢
P1000825.JPG
小さな滝が時々現れる
P1000826.JPG
ここにも
P1000827.JPG
進入禁止
P1000828.JPG
ここにも
P1000829.JPG
沢沿いを離れる
P1000830.JPG
樹林帯を抜けて明るくなる
P1000831.JPG
谷沿いを高度を上げる
P1000832.JPG
12:43 錫杖清水
P1000836.JPG
勢い良く出ています
P1000835.JPG
12:54 種蒔苗代
P1000839.JPG
小さな池もあります
P1000840.JPG
先行してた男性がここで地図を取り出しています。
山頂に進もうと、道を探すも???
地図を開いていた男性に思わず聞いてしまいました。
”山頂は行く道は・・・?”

こっちか?
P1000841.JPG
こっちか?
P1000842.JPG
池の左サイドに階段がありました
P1000845.JPG
13:02 鳳鳴ヒュッテ
P1000847.JPG
ここで、岩木スカイラインの八合目駐車場からの道に合流です。

急に人が増えます
P1000848_.JPG
右側を登ります
P1000849_.JPG
これから登る人、降りてきた人
P1000850_.JPG
夢のカプセル?
P1000851.JPG
急登で立ち止まるのではなく、人が多くて渋滞で立ち止まる・・・
あまりに酷いので、ちょっとサイドを抜けて、
”お先に!”

いけないねえ~

お姉ちゃんのすぐ後ろを歩くも、やっぱり抜いて
P1000852_.JPG
13:17 岩木山山頂
DSC_0736.JPG
当然ですが、山頂も人が多い。
ガスってきて展望はまったく効かず、風も強くじっとしてると寒くなってきます。
時々鐘が撞かれ、音が響きます。
人が多いことと、必要のない鐘音、山頂では静かに展望を楽しむものでしょう。

山頂写真待ち
DSC_0737.JPG
大町桂月の歌碑
DSC_0738.JPG
「四方八方の千万の山を見下して 心にかかる雲もなき哉」
大町桂月

寒いから小屋内も混んでいるみたい
DSC_0739.JPG
岩木山神社の奥宮
DSC_0741.JPG

ガスで何も見えない、風も強い
DSC_0746.JPG
人が居ない時を見計らって写真を撮ってもらいます。
もう一枚着込むのも面倒臭く、おにぎりを一つ口に入れて下山します。
下る
P1000854_.JPG
小屋が近づく
P1000855.JPG
前を行く人の背中が近づいて来ると、道を譲ってくれます。
スニーカーを履いた人など、観光ついで登って来る人が多いですね。
岩木スカイラインを使えば8合目まで車で行け、さらにリフトもあります。
お昼をとっくに回っていますが、これほどの人はアプローチの便利さ故ですよね。

直進が岩木スカイライン方向、左折が登ってきたルート
DSC_0747.JPG
往きで見なかったので、小屋の内部
P1000857.JPG
振り返って、下って来た岩場
DSC_0749_.JPG
池と階段を下って行く登山者
P1000858.JPG
弘前市内方面
DSC_0751_.JPG
小屋から下りて来た
DSC_0763_.JPG
再び種蒔苗代
DSC_0764_.JPG
10月、下界に近い方は色付いています
P1000860.JPG
沢沿いを下って錫杖清水を通過、登ってきた時間の長さを
不思議に感じず、樹林帯のゆるやかな下りに入ります。

気が付くと、また陽が差しています。
振り返ると、木々の隙間から山頂が確認できます。
5時間のコースタイムなので、やっぱり近くに見えますね。
”お盆の時は、全く見えなかったなあ~”

今山頂にいれば、展望が良かったよ、きっと
DSC_0771.JPG

14:53
P1000864.JPG
14:58
P1000865.JPG
15:02
P1000866.JPG
15:16
P1000868.JPG
まだ3時を少し回っただけですが、木々の間は心なしか暗くなっています。
まあ道に迷うような所ではありませんが、何かアクシデントがあったら
あと1時間程で薄暗くなり、心細くなるんでしょうね。

スキー場の中をゆっくりと歩く
DSC_0772.JPG
15:31 左に行くと駐車場とキャンプ場です
DSC_0774.JPG
もう目の前がキャンプ場です。

早朝から新幹線に乗って、車を運転し、登って、降りて、宿を作る。
頑張っているね~
今夜は静かであって欲しいですね。

2011.10.8(土)
百沢スキー場登山口11:15-12:44錫杖清水-12:55種蒔苗代13:00-13:17岩木山山頂13:30-14:02錫杖清水-14:27焼止まり避難小屋-15:23百沢スキー場登山口
◇ ◇ ◇ ◇ ◇

今日もキレイに幕営
DSC_0782.JPG
奥に水場とトイレ
DSC_0784.JPG
その夜、親父が二人夜遅くまで大声で話していて、最悪!!
無料で誰に断る事なく幕営できるキャンプ場だから、仕方ないけど
下界のキャンプ場は総じて夜遅くまでうるさいですね。
まあ、こちらも6時半に横になってるんだけど・・・

明日は3時に起きて、八甲田山麓酸ヶ湯温泉に移動です。

’11 東北遠征 2日目/八甲田山 に続く。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック