平ヶ岳

画像
前日に自宅を出発して、東北自動車道の西那須野ICを下り、桧枝岐村経由で鷹ノ巣登山口に向かいます。
通常、鷹ノ巣には関越自動車道の小出ICから奥只見を抜けて行きますが、
昨年の豪雨で国道352号は通行止めなので、このルートを使うしかありません。
西那須野ICから100km以上、車を走らせます。

途中、ナラ入沢渓谷の名水を汲んだり、道の駅、
以前泊まった桧枝岐村のキャンプ場やミニ尾瀬で、時間を潰します。
3時近くになってミニ尾瀬の駐車場をスタート、尾瀬の御池口を通過、
さらに10km以上先の鷹ノ巣登山口を目指します。
国道352号は狭くなって、樹海ラインと呼ばれるルートをまだ復旧中の仮橋を渡って、
登山口の鷹ノ巣に3時半頃到着です。

鷹ノ巣駐車場(下山後)
画像
バイオトイレ(下山後)
画像

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

さて次の日、予定通り4:50歩き始めます。

駐車場脇の登山口
画像
登山口から10分、下台倉沢を渡る
画像
すぐに登山道入口
画像
「すぐにやせ尾根が現われます」
案内板にそう書いてあります。さてさて、どんな尾根かな。

岩場をよじ登り、
画像

現われたやせ尾根
画像

下台倉山への登り
画像
7.2km平ヶ岳←
→鷹ノ巣3.3km
画像
これから歩く尾根(右端のコブが池ノ岳と平ヶ岳)
画像
”あれが山頂

ずっとずっと先ですね。平ヶ岳まで7.2km、あんなもんでしょう。
鷹ノ巣尾根を進み台倉山を越えると、オオシラビソの深い樹林帯に入って行きます。

現われた木道
画像
4.9km平ヶ岳←台倉清水→ 鷹ノ巣5.6km
画像
3.2km平ヶ岳←白沢清水→鷹ノ巣7.3km
画像
オオシラビソの樹林帯を抜けると現われた笹の急斜面
画像
左手前方に見えて来た平ヶ岳山頂
画像
低くなったオオシラビソの間を緩やかに登ります
画像
岩場を回って
画像
思わず歓声!目の前に現われた姫池
画像
池ノ岳に到着です。
すぐ目の前の姫池など、地塘が点在していて、気持ち良い湿原が広がります。
もう少し早いとチングルマやキンコウカの可憐な花が見られるのかな?
さあ、ここで山頂まで1.1kmです。

南に向かう木道の向こうに平ヶ岳の山頂
画像
玉子石への分岐
画像
平ヶ岳山頂まで0.8km
画像
平らな山頂の端に入ってきた?
画像
山頂前の休憩スペース(右の林の中に山頂の標識)
画像
休憩スペースで立ち止まって、改めて回りを見回すと、すばらしい景色が広がります。
長い行程のまだ半分ですが、その苦労に充分値するものですね。

ここを右奥に僅かに入った所に山頂の標識があります。
9時ちょうど、山頂到着、ここまで4時間10分ほど。
長い行程、意識してゆっくり歩いてきましたが、まずまずですね。

ミニ三脚で自撮りです
画像
平ヶ岳山頂2141m、三角点も
画像
また休憩スペースに戻って、奥に続く木道を進みます。
右も左も、その奥も平原が広がって、ここが山頂とは思えません。
同じ様子は、苗場山、巻機山、会津駒ヶ岳にも見られましたが、今日は天気がいいせいか、一番の感動です。
どこも曇りで展望がきかなかったからねえ~。

200mほど進んで、木道は行き止まり
画像
その手前でザックを降ろし、独り占めした平原の片隅で、のんびりと早いランチです。

越後三山(左から八海山、中ノ岳、越後駒ヶ岳)
画像
越後三山から荒沢岳へ続く稜線
画像
右奥に至仏山
画像
左奥に燧ヶ岳
画像
写真、取り捲りですね。
下山だけ考えれば余裕なんですが、今日は日曜日。
高速の渋滞も予想されるんで、9時30分、やっぱり先を急ぎます。

山頂休憩スペース方向
画像
休憩スペースでの説明板
画像
ここに来て、やっと登山者とすれ違います。正直、割と早いな?って感じです。
平ヶ岳は往復21kmの長丁場、みなさんそれなりの健脚者ですよね。
すれ違った人も追い抜いた人ではないので、自分より遅くスタートした方が、同じペースで
登ってきたことが想像出来ます。

そんなことを考えながら緩やかに下って行くと、玉子石への分岐です。

左が玉子石への分岐
画像
途中の水場、どこに水?
画像
姫池方向からの合流地点
画像
玉子石はまだまだ先です。
山頂往復だけでも21kmあるのに、それなりの負担のアルバイトです。
まあ、平ヶ岳に来て名勝玉子石は見ておかないと。

このルートも地塘ありですばらしい景色
画像
どこかに皇太子ルートとの合流があるはずなんですが、ここまで、見当たりません。
この皇太子ルートは、中ノ岐川から平ヶ岳へショートカットで登れるルートで
銀山平の伝之助小屋に泊まると、翌日登山口までマイクロバスで往復してくれるそうです。
10時間の長丁場が半分ほどになるんですから魅力的ですが、
小屋に前泊してまで使う気にならず、今回はみんなが歩くルートで登りました。
もっとも長丁場と言っても、幌尻岳よりは短いですからね。

360度、山並を見ながら木道を踏み外さないように
画像
僅かに下ったり、登ったりしながら玉子石に到着です
画像
前方の地塘と山々が玉子石とバランス良くカメラに収まります。
玉子石の先は行き止まりですが、この先のルートも魅力的です。

さてと、戻りますか。

池ノ岳方向
画像
左:姫池 右:山頂
画像
左:姫池 右:山頂
画像
三角形のルートを二辺、分岐をして姫池に戻ってきました。
”後続の人も山頂に向かった後かな?”

誰もいません。誰も来る気配もありません。休憩することもなく、先に進みます。

鷹ノ巣まで9.4km
画像
下りもやせ尾根を通過
画像
樹林帯の木道を軽快に歩くも、なかなか白沢清水に到着しません。
時計を見れば当り前なんですが、歩き易い木道を軽快に歩いても、長い!!

やせ尾根が始まる前から足にきてる感じで、勾配のきつい下りで押さえがききません。
自然と歩幅が狭くなり、また離地も遅くなって、ペースが遅くなっています。
さすがに長丁場、最後まで軽快に歩くとはいかない?
”弱いなあ~

コースタイム位のペースなんだろうけど・・・
それでもやせ尾根を抜け、樹林帯に入って勾配が少し緩やかになると、
若干ペースも上がって、登山道入口がもう少しで見えてくるはずです。

見えてきた登山道入口
画像
舗装路が見えて、間もなく駐車場です
画像
登山道入口からは、さらに緩やかになった林道を下っていきます。
”あれ、こんなに長かったけ

まだ薄暗かった往きで撮れなかった写真を撮りながら、大木のブナ林を抜け、
見覚えのある下台倉沢の橋を渡ると、駐車場脇の登山口に到着です。

平ヶ岳、広々とした山頂が印象的な山でした。確かに行程は長く健脚向きでなんでしょう。
途中木道で横になっていた人や、ゼーゼーとへたり込んでいた人はいたし、
暗いうちからスタートする人が多く、5時前に歩き始めたのに10数人は抜きました。

昨日同様、3時には雷雨が始まり、まだ歩いてる人が多いだろう、と他人事ながら気になりました。

2012.08.26(日)
鷹の巣登山口4:50-6:20下台倉山-7:10台倉清水-7:44白沢清水-8:43池ノ岳-9:00平ヶ岳9:35-10:07玉子石ー10:25池ノ岳ー12:25下台倉山ー14:05鷹ノ巣登山口












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

haiji
2012年09月03日 07:18
平が岳・・・超ロングコースですよね。
私にとっては尾瀬を訪ねる折に[眺めるだけ]の山です。
でも山頂は別天地いつの日か銀山平に泊まり中の岐林道から行ってみたいなぁ・・・
meruちゃん
2012年09月03日 19:32
haiji様
当日も暗いうちから歩いてる人が多かったと思います。
樹林帯を抜け、目の前に現われた池ノ岳の平原は、
感動ものです。
ぜひ、チャレンジしてください。
歩けますよ。正規ルートでも。

この記事へのトラックバック