’06 苗場山

2006.8.27(日)
2006年シリーズ第二弾、苗場山山行です。
写真をひっくり返しても、あまり覚えてない!山頂の湿原は魅力的なんだけどねえ~。

前日、午後から車をスタートさせ、関越道を走ります。
確か沼田IC辺りで下りて、道の駅で車中泊。
でも、その場所が思い出せないし、地図上で捜したけど、分からず。
でも、その頃乗っていたミニバンの座席を倒すも、平らにならず、あまり眠れなかった記憶はあります。

次の日、月夜野、赤岩温泉、赤谷湖と三国街道を北上し、苗場山登山口のスキー場に6:30到着しました。

和田小屋手前第二リフト駐車場
画像
祓川登山ルート
画像
6:54 トイレの脇から登り始めます。
駐車場から左に林道を歩いても和田小屋に行けますが、勾配が強くても、短いルートを直登、
あっと言う間に和田小屋が見えて来ました。

駐車場すぐ前のトイレ、きれいです
画像
7:12 和田小屋
画像
和田小屋から、スキー場の中を歩くようです。

山頂まで4時間
画像
8:00 下ノ芝通過
画像
8:29 中ノ芝
画像

画像

画像
8:40 上ノ芝
画像
神楽ヶ峰
画像
展望が開け、道端のお花もかわいらしく
画像

画像

画像
9:15 雷清水
画像
ガスの中を、山頂に向かう雰囲気
画像
山頂まで、あとわずか
画像
”神楽ヶ峰から20分、山頂まで50分かあ”
ちょろちょろの水を口に含んで、すぐに出発、さあ前方にガスに隠れそうな登りのルートが見えます。

9:48 山頂の湿原でしょう
画像
地塘の脇を通って
画像
9:53 遊仙閣
画像
お土産、お飲み物はいかが
画像
遊仙閣の奥に確か山頂の標識があるはずです。

9:55 山頂到着
画像
苗場山自然体験交流センター
画像
誰のレリーフだ
画像
広がる高層湿原
画像
木道の脇で食事
画像

画像
湿原ってどこまで続いてるの
画像
晴れていればね
画像
果てしなく続いてる感じを確かめに、木道を歩き始めましたが、面倒臭くなって、適当な所で引き返します。
登って来た道を下って、和田小屋に到着、林道をゆっくり歩いて、駐車場に戻って来ました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


この時は珍しく温泉に寄ります。
三国街道沿いの、「街道の湯」、
ログハウス風の外観が特徴です。
入浴料は、\500、町営だから?安いよ。
街道の湯
画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

haiji
2012年12月30日 12:18
日帰り圏内の苗場山は、夏・初秋と何度か出かけましたが、軟弱組の私は全て秋山郷・小赤沢からでした。

先生は和田小屋から3hで山頂着ですか ? さすがですね
が、あまりにも広~い山頂なので、先生はイマイチ達成感を感じられなかったかもですね。
夏のお花畑もいいけれど草紅葉の頃もなかなか良いです。

また来年もワクワクするような山行記録を楽しみにしています

この記事へのトラックバック