’13 真夏の山行は黒部川源流域へ/新穂高温泉~双六小屋

お盆休み前の一週間、腰痛の治療で接骨院に通いましたが、
痛みが消えず、お盆休みに入って3日後、やっとお山に向かいます。
天気予報は、ずっとマーク。
猛暑の下界では何も出来ません。
かと言って、クーラーが効いた部屋で過ごしても退屈だもんね。

今回の目的は黒部川源流域で未踏の水晶岳を踏むこと。
新穂高温泉から入山します。


いつも満車の新穂高温泉の無料駐車場も
下山する時間の午後になれば、少しは空きが出ます。
そんな訳で、前日の午後に駐車場に入り車中泊、
早朝、駐車場を出発します。
相変らず満車の駐車場
画像
今日は、笠新道を上がって歩きたかった弓折岳までの稜線を歩き、
双六小屋、余裕があれば三俣山荘まで行く予定です。

コースタイムは双六小屋まで10時間25分、あれ!歩けるの?

新穂高温泉のバス停は、まだ改装中です。
昨年、ここから笠ヶ岳をピストンした時とあまり変わっていません。
冬は工事できないんだね。

路肩は車がずらっと。
お盆休み、北アルプスは混んでるかな。

ゲートで登山届けを出すと、左俣林道を笠新道の入口目指して、ゆるやかに登って行きます。

赤い帽子と手に持った緑の帽子は、おそらく水晶岳山頂で会った女性二人?
画像
予定通り、1時間弱で笠新道入口です
画像

ほとんど人がわさび平小屋方面へ向かい、
小池新道を登ります。
急登の笠新道は、下りで使うのがセオリーですが、
昨年の山行で、短時間で高度が稼げるこの道に、
もともと登りが強い感のある自分は、
苦手意識はありません。

と、後でこの時の思いは覆されることに・・・
槍の登場!
画像
不安があった腰は大丈夫ですが、いつものペース感がない。
体もきついし、ポイントの杓子平まで遠い、遠い。
やっぱり、テント泊のザックは重いもんね。軽荷で登った時とは負荷が違う・・・

やっと、杓子平に到着です
画像

ここまで4時間は切ってるんだけど、
昨年は2時間10分だから倍かよ!!

こりゃ三俣山荘は無理か
笠ヶ岳
画像
杓子平で早い昼食です。後から着いた男性二人は笠ヶ岳ピストン、
先着の女性とお兄さんは笠ヶ岳小屋のようで、双六小屋方面に向かうのは自分だけのようです。

まだ先は長い。挨拶をして稜線に向かって気を入れ直します。

斜面はお花の真っ盛り!
いつもなら先を急ぐのに、今日はバテ気味でゆっくりと写真を撮っている・・・

タカネニガチ
画像
コバイケイソウ
画像
チングルマ
画像
ミヤマキンバイ
画像
ウサギギク
画像

やっとこさ稜線に上がって、
抜戸岳方向に進むもルートが消えた?
少し下った所に登山道が見えてますが、
るにも道がなく岩の上を渡り歩くことに。
”まったく、疲れているのに”

つい愚痴が・・・
稜線漫歩といきたい所ですが、雲で周辺の山も見えない
画像
ここから抜戸岳に登れる?パス!!
画像
小さなアップダウンが続く
画像
秩父平に向かってここを下ります
画像
親父一人と、学生のグループが登ってきました。

”鏡平山荘への分岐からどのくらいかかりました?”
親父に確認すると、3時間ほど。
”え~、そんなに”

”双六小屋からどのくらいかかりました?”
学生に確認すると、4時間ほど。

”そんなにかかんないでしょ”

と、期待するも、ペースの落ちている今日に自分では、そんなに違わないかもしれない・・・

秩父平への斜面は、ここもお花畑です。

ハクサンイチゲ
画像

画像
ミヤマキンポウゲ
画像

画像
今どの辺を歩いているのか、地図で確認するのも億劫で、ひたすら鏡平への分岐地点を目指して、歩を進めます。

大ノマ乗越と思われる所で、ついにザックを降ろしぶどうパンを補給、岩の上で横になります。
ビバークが頭をよぎりますが、まだ1時過ぎたばかり 、ゆっくり行っても5時前には双六小屋に着くでしょう。

ここにきて、笠新道を上がって来たことを後悔します。
”でも、今夏は今一つの体調だったけど、年々衰えてるなあ~”

ザックも荷物を選別して、いつもより1.5kg軽くしてきたのに。

画像画像画像
稜線漫歩と言うより、いくつかのピークを越えながらやっと見えました、分岐。
”長かった・・・”

双六山荘まであと1時間20分、やっと今日のゴールが想定出来ます。

鏡平分岐地点
画像

ここからは何度も通った道、
アップダウンも少なく気持ち的にも楽になります。
歩き通せるのか、一時はめげたもんな。
木道が現れて、小屋は近い
画像
遠方に黄色や緑のテント群が見えて来て、今日のお宿に到着です。
”お疲れさまでした”

メチャ混みの双六小屋テント場
画像
テント場は大混雑です。こんな時独り用のテントは便利です。
隙間に入り込んで、平坦な場所に幕営できました。

’13 真夏の山行は黒部川源流域へ/双六小屋~水晶岳 往復 へ続く。

2013.8.13(火)
新穂高温泉5:45~笠新道入口6:40~10:30杓子平10:50~抜戸岳~秩父平~大ノマ岩~弓折岳~鏡平分岐15:20~双六山荘16:25












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

haiji
2013年08月18日 15:57
腰に不安を抱え体調万全とは言えない状態でテントを背負っての山行、お疲れ様でした
あれだけが並んでいたら出かけないわけにいきませんものね
続編を楽しみにしています。

私は10日に七倉ダムまで送ってもらい、ブナ立てから野口五郎小屋まで。
11日 ~水晶岳~鷲羽岳~三俣山荘~(巻き道)~双六小屋
12日 ~西鎌尾根~槍ヶ岳
13日に上高地に下山しました。

二日目がチト強行軍でじっくり楽しめなかったのが残念です。
水晶小屋の混雑を避けて予定を変更しましたが、
何度も行けるお山ではないので4泊でゆっくり歩きたかったものです。

来年はずっと見ながら歩いた雲の平~黒部五郎岳と決定 !
meruちゃん
2013年08月24日 11:35
haiji様
まさに私が歩きたいと思っていたルートを走破されました。
”先生”は返上いたします。

雲ノ平、そしてまだ行ってませんが、高天原温泉は最高ですよ!
来年に持ち越すのはおしい、です。
9月になれば、小屋も空きます。

当方、もうひと頑張りするつもりです。

この記事へのトラックバック