リベンジ!槍ヶ岳/アプローチ編

画像
今期は7月の北海道遠征から、モヤモヤ感が残る山行が続いてます。
お盆休みの山行も気持ちが続かなくて、予定していた槍ヶ岳は踏まず、下山してしまいました。

9月に入って、もう一踏ん張りと思うも秋雨前線の影響で、ずっと天気が思わしくなく、
とにかく天気の回復するチャンスを待っていました。

台風が列島を縦走して、今週は快晴が続きます。
それでも週末は若干曇りがちか?
それではと、混雑が予想される3連休の前に実行です。

登るのは、お盆休みにやり残した槍。
新穂高温泉から入山、小池新道から双六小屋でテント泊、
次の日、西鎌尾根から槍ヶ岳、飛騨沢コースを下って新穂高温泉に戻る、周回コースです。

相変らず混雑の駐車場
画像
出発です
画像
今日も快晴の予感
画像
駐車場をわずかに上がり、バスターミナルから左俣林道に進みます。
ゲートでは平日なのに男性二人が届けを作成中、書き終わるのを待ちます。

まずは、笠新道入口
画像
続いて、わさび平小屋を通過
画像
”こんな案内があったんだ”いつも下山で裏側から見てた?
画像
”岩の上を登るのは歩き難い”って
画像
そして小池新道入口
画像
歩き難いけど、笠新道に比べれば傾斜は緩やかだし、ゼーゼーと息が切れることもない・・・

秩父沢
画像
秩父沢を上り方向から見るのは初めてか
画像
イタドリヶ原
画像
シシウドヶ原
画像
木道が現れて鏡平が近い?
画像
鏡平まで500m、予想通りの案内です
画像
そして、鏡池のテラスに到着、数人が槍をバックに写真を撮っています。

定番の槍のビューポイント
画像
槍のアップ
画像
ここで小休止、ザックを下ろしてカメラを取り出します。
いつも下山で通過していたので太陽が西に傾きつつ、逆光で槍が見え難くかったのですが、
今日は、まだ東南から光が当たって青空に槍先が映えます。

”さすが、槍のビューポイント!”

テラスに上がって来た親父が挨拶をし、好天と今日の予定を話し始めます。

すると、池越しの山並みを見ながら、
”あの尖った山は??”

”はあ~” と内心絶句。

山座同定が出来なくても、みんな尖った槍は分かるのに・・・
ただ連れて行ってもらうだけなのか、
山域も確認しないで登ってるのかな?
”山は自己責任ですよ”

話の流れで、ここから槍に向かうルートを説明し、
ついで双六岳、三俣蓮華、鷲羽、など
概略の行程時間を話します。
説明したお礼に写してもらいました
画像
さてと、すぐ先の小屋に行きましょう。

鏡平山荘
画像
ひょうたん池
画像
樹林帯を抜けると、
画像
山の斜面に稜線への道が延びています
画像
人が見えて、稜線まであと少し
画像
弓折岳分岐、とうちゃこ!
画像
ここで、今日の行程も2/3が終了です。
笠新道から稜線に上がった前回の山行では、ここまで長かったけど、今日は楽勝!!
まあ、明日の行程のため体力は残しておきましょう。

眼下に鏡平山荘
画像
明日歩く西鎌尾根から槍ヶ岳
画像
ベンチに座って軽い食事をとっていると単独の女性が立ち止まります。
一緒に座っていた親父が声を掛けます。
”下山ですか?どこまで行ってたの?”
”野口五郎まで行って、引き返してきました。明日は仕事なんで”

ザックは40L程だから小屋泊のようですが、9月の北アルプスも単独の女性は多いようです。

食事をしながら、その親父と山談義が始まります。

年中日曜なんでお盆休みの混雑を避けて、この時期登っていること、
昔は、北岳バレットを登ったり、岩をやっていたこと、
今回の予定も気の向くままに、決まってないこと、
相棒は笠ヶ岳経由で、ここで待ち合わせをしてること、大キレットは楽勝だよ。

なんやかんやと1時間位、槍を見ながら話が弾みました。

弓折岳分岐から少し上がると
画像
ここでも槍が見えます
画像
お盆休みでは雪渓が残っていた花見平
画像
ナナカマドの赤い実は、秋の気配
画像
前方の男女の二人連れに追い付きます。
”今日はどこまで?”

声を掛けると、
”黒部五郎まで行くか、相棒と相談中です”

話をすると、雲ノ平、高天原、戻って、笠ヶ岳も視野に入れてるそうです。
”7泊位の予定で、ザックが重いです”

時間が取れる事に羨ましい、との思いが過るも、自分は体力的に無理だろうと
若さに羨ましさが湧き上がります。

見えて来た双六小屋
画像
心配してたテント場の混雑。お盆休みはひどかったからね。
平日のお昼に到着だけど、今日はガラガラの様子です。
北アルプスは、もう夏は来ないで、初秋ですね。

木道が現れて、あと少し
画像
テント場を抜けて、双六小屋とうちゃこ!
画像
まだお昼を回ったばかり。
これからテントを張って夕食の準備が始まる4時までまったりと過ごす、
天気もいいし、至福の時間です。

いつもの風景、鷲羽岳
画像
あの樅沢岳の先から西鎌尾根が始まります
画像
いつものMyテント
画像
さてと、テントでも張りましょうか。
小屋で幕営代\500を払って、テントを張る場所を決めます。
平らな場所でテントを広げ、ポールを差し込み、立ち上げようとすると、
”ボキっ!”
”あれ、折れちゃった!”
”やばい!小屋泊か?明日はどうする?”

一瞬、頭が混乱しましたが、ペグ袋に補修用の筒があります。これをポールに差し込んで、設営は無事終了。
”よかったね”

ラジオを聞いたり、周辺をカメラに収めたり、少し昼寝をしたり、前回と違って静かな空気が流れます。

4時になって夕食の準備開始。
今日のメニューは、棒ラーメンと魚肉ソーセージ。
フライパンでソーセージにちょっと焦げ目を付けて、いただきます。

この時間に到着する人もいますが、それでも10張りぐらい。
6時前には片付けと歯磨きも終了して、テントに入ります。
気温が下がってきて、ダウンを着て寝袋に足を入れ、今日写した写真鑑賞です。

夜半過ぎ、冷え込んできたのでジャケットも着込んで、頭からシュラフを被ります。
体温でシュラフの中は暖かくなり、震える夜は避けられました。
”痩せは寒さに弱い!”

さあ、明日が本番ですよ!

リベンジ!槍ヶ岳/登頂編 へ続く。

2013.9.19(木)
新穂高温泉駐車場5:56-(左俣林道)-7:02笠新道入口-7:13わさび平小屋-(小池新道)-8:10秩父沢-9:56鏡平山荘10:07-10:53弓折岳分岐11:43-12:33双六小屋(テント泊)









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

haiji
2013年09月24日 07:16
この夏は週末ごとの悪天候に泣かされましたね
 
[ 待てば山行の日和りあり ]
台風一過、好天の続いた三連休前にリベンジできて良かったですね
抜けるような青空始まった草紅葉見上げる槍ヶ岳、テント場もお盆休みの混雑が嘘のようですね。
おまけに中秋の名月、すてきなお月見ができましたね。

明日は西鎌から槍ヶ岳、飛騨沢を下山。
天気も心配なし、続編を楽しみにしています。

私は、三連休ギリギリ直前、20日~21日に鹿島槍でした。
今回は単独でしたので、心配なく行けて・アプローチの良い山ということで。
二日目、毎度眠れない私は4:30に出発、山頂ピストンしましたが、月明かりに助けられヘットライトはすぐに要らなくなりました。
下山時、次から次と数え切れない方が嬉しそうに登ってきましたが、小屋は激込み・あまり広くないテント場に張れるはずもない位の登山者でした。
meruちゃん
2013年09月24日 20:08
haiji様
空気の澄んだすがすがしい好天に、槍を堪能しました。
おっと!まだブログにアップしてない。
少しお待ちを。

そうですか、鹿島槍。双耳峰の美しい山ですね。
アプローチは柏原新道かな?
北峰は踏みましたか?

20日は槍ヶ岳山頂から鹿島鑓ヶ岳が見えていました。
同じ日だったらhaiji様の姿が見えたかもしれません。

今回も女性の単独が多かったですね。
北は小屋も多いし、ルートも明白、人も多いから
心配ないと思いますが、気を付けて歩いてくださいね。

この記事へのトラックバック