大峰山と大台ヶ原を一日で/大峰山

画像
2013.11.22(金)
以前より計画していた、出張を利用した関西地方のお山。
都合良く広島出張となり、計画を具体化します。

登る山は、大峰山と大台ヶ原、一日で二座をこなすつもりです。
金曜日、予定通り午前中で仕事は終了、広島から京都,京都から近鉄線で大和八木へ、
ここでレンタカーを借りて、明日の早出に備えます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
11/23(土)

土曜日、宿を4時に出発、約60km先の登山口行者還トンネル西口駐車場を目指します。
最短ルートの309号線を南下しますが、この道は狭く悪路との情報に、
まだ日の出前の暗い道を慎重に進みます。
早朝なので予想通り対向車もなく、5:30駐車場に到着です。

到着すると、すぐに親父が現れて駐車料金¥1,000の徴収です。
まだ暗く、寒い中ご苦労様です。
すでに4台程の駐車ですが、コースタイム5時間強の山で早過ぎる感・・・

今日二座を登るつもりなので、準備をさっさと済まし出発です。

行者還トンネル西口駐車場(下山後撮影)
画像
駐車場の反対側に登山口(下山後撮影)
画像
まだ夜明け前ですが月明かりで道が良く見え、ヘッドライトも、すぐに消します。

まずはこんな感じ(下山中撮影)
画像
橋を渡る(下山中撮影)
画像
橋を越え、急斜面に進むとやはり雪がチラホラと。
この時期、心配は雪。
近畿最高峰の山、山頂付近はどんな状況かな

やっぱり雪がある
画像
気が付くと、西側の山に朝焼けが染まる
画像
山の斜面はモルゲンロート。
山頂じゃないけど、ご来光ですよ。

樹間にお日様
画像
奥駈道出合、とうちゃこ!(弥山まで2時間)
画像
出合は休憩ポイント
画像
割と平坦になるも、本格的な雪道
画像
弁天の森、とうちゃこ!
画像
遠方に弥山か?
画像
前方に第一登山者
画像
聖宝ノ宿跡
画像
完全に雪道となり、今日のトップなのか足跡も確認し辛くなっています。
雪の積もった階段はちょっと緊張しますが、滑っても滑落の危険はない分気が楽です。

続く階段
画像
弥山小屋が見えて来た
画像
弥山に到着しました。
霧氷がこびりついた木々と軒下のつららは完全に冬模様です。
先客の男性が一人。
足跡が無かったから、狼平方向から来たのかな

どこで泊まれる?弥山小屋全様
画像
大峯奥駈道
画像

画像
ベンチとテーブルもひっそり
画像
鳥居
画像
鳥居をくぐって、弥仙山頂の天河奥宮
画像
水を飲もうと、ハイドレーションのホースを口に含むと、
”あれ?凍ってる”

寒さは感じていませんでしたが、確実に気温は0度付近!!
雪山、冬山です。

これから向かう八経ヶ岳
画像
長居は無用、八経ヶ岳に向かいます。

ここから八経ヶ岳へ
画像
時々落ちる霧氷の音だけ
画像
オオヤマレンゲを鹿の食害から守るゲート
画像

画像
八経ヶ岳(1,915m)、とうちゃこ!
画像
この標識、ネットで何度見たことか。
計画倒れで、なかなか登れなかった近畿最高峰。
やっと、踏むことが出来ました。
”やったぜ”

明星ヶ岳(1,894m)
画像
錫杖が立ち、いかにも修験道の山です
画像

画像

画像
弥山小屋が彼方に、山上ヶ岳は雲の中
画像

画像
360度の青空に熊野三千六百峰の展望が見えてるはずですが、知識がない自分は山座同定出来ない・・・
誰も上がってきません。”途中で抜いたご夫婦もまだだろうなあ~”

ミニ三脚を取り出し、自分撮りを何度か試みるも、アングルが悪い。
諦めて、戻ります。

雪道を弥山小屋に戻り、また雪の階段を、下りを慎重に歩きます。
一面の雪が少なくなって来た頃、道はカチカチのツルツルの道。
足をそおっと降ろし、時々手を付きながら、滑らないように、ゆっくり歩く。

”ぞくぞくと登ってくる人に、転ぶところは見られたくないもんね”

奥駈道出合に到着
画像
ほぼ雪も消えて、一安心
画像
川の流れが見えて、
画像
橋を渡ると、
画像

登山口が見えて来ました
画像

想定以上の雪深さに驚きましたが、
アイゼンを使うまでもなく、無事に下山出来ました。

下りのツルツル道に苦戦しましたが、
ほぼ予定通りにこなし、
次のお山、大台ヶ原に向けて車をスタートします。

大峰山と大台ヶ原を一日で/大台ヶ原 に続く。

2013.11.23(土)
行者還トンネル西口駐車場6:01-6:56弁天の森-7:13聖宝の宿跡-7:46弥山7:50-8:07八経ヶ岳8:11-8:28弥山-10:15行者還トンネル西口駐車場










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

haiji
2013年11月27日 22:53
うわぁ~寒そうですね
これだけの・2,000m近い標高・早朝からの歩きとなると足元も凍って緊張を強いられますね。
写真だけ見ていると八ヶ岳か蔵王かと思ってしまいます。
ザックの背中側のハイドレーションの水も凍るって、スゴイ

しかし、出張帰りに百名山二座をちょぃと歩いてしまうなんて、相変わらずの健脚ぶりお見事です

調べてみると、行者環トンネルも来月には冬季閉鎖されるようで、タイミングヨカッタですね。

こちらの里山もここ数日の冬型ですっかり雪景色、これからは長靴の出番です。
ワカンをつけるほどの深雪でもなく・アイゼンの世話になるほど冷え込みもせず、ピン付き長靴が大活躍なんです。
あまりのローカル姿で笑ってしまいますが・・・
meruちゃん
2013年11月29日 12:48
haiji様
なかなか冷えたようです。
本人、先を急いでたもんでジャケットも着ないで
悪戦苦闘してました。

ピン付長靴??
関東では見当たらないですが、興味津々。
欲しい...。

この記事へのトラックバック