’05 常念岳~蝶ヶ岳周回/その1

画像
今日は休暇を取って、お山に出掛けます。
いつもの通り、夜中の2:45に出発 、中央高速の松本ICを降りて、三股の登山口を目指します。
途中林道が工事中だったので、ナビの先導がうまくいかず、道迷い。
それでも、6時過ぎには登山口の駐車場に到着しました。

常念岳の頭が見える
画像
三股登山口駐車場
画像
天気予報を見ながら、山行を決めるんで、当たり前に今日も好天。
駐車場はそこそこの車の入り、奥では団体が準備体操中です。

今日もテント泊を予定してるんで、重いザック。
”よっこらしょ”

ストックを両手に歩き始めます。

三股登山口周辺案内図(山行予定:三股~前常念岳~常念小屋~常念岳~蝶ヶ岳~三股)
画像
今日の予定は、常念岳直下の常念小屋でテント泊。
逆回りで蝶ヶ岳山荘でテントも可能ですが、一泊2日の行程で
一日の行動時間のバランスを考えると、左回りの周回となるでしょう。

常念岳方向へ
画像
常念岳4.1km、前常念岳3.1km?
画像
前常念岳までは、コースタイムで5時間30分の長丁場ですが、
出発して3時間、早くも樹林帯を抜けて、稜線が見えて来ます。

前常念岳でしょう
画像
さらに10分程歩くと、展望が広がります。

奥に穂高連峰
画像
小さく蝶槍の穂先
画像
花崗岩の稜線
画像
奥に前穂高岳の吊り尾根
画像
梯子もあり、岩を乗り越える
画像
前常念岳山頂直下の避難小屋
画像
あと一踏ん張りで山頂かな?
立ち止って、周りを見ると眼下に安曇野の町や、表銀座の山並みが見える・・・

安曇野市街
画像
正面に横通岳、左奥に東天井岳~大天井岳の表銀座の稜線
画像
越えなければならない岩場のルート。
”あまり好きじゃないんだな”

岩の状況を観察しながら歩くのは、神経を使います。
重いザックはバランスを崩し易いし、崩すと体を支える物がない・・・

前常念岳への登り
画像
そして、前常念岳から常念岳へ続く稜線
画像
当初の予定だと、今日は常念岳は踏まず、
前常念岳の先から常念小屋に向かう事にしていましたが、廃道になっていますね。

『右の道は、かつて常念小屋までのルートとして利用していましたが、現在手入れもなく、
土砂の崩壊も進み、とても危険ですので、廃道とし、通行止めにしてあります。
常念岳下の八合目分岐を経由して、小屋までおいで下さい。』

そんな注意書きに、仕方ない、ちょっと遠回りで常念岳に向かいます。

花崗岩の道や、ハイマツ帯を緩やかに登って行くと、常念小屋と常念岳の分岐に到着します。
ここにも、こんな注意書きが。
『注意 三股へ下山される方へ
三股まで急な下り坂が続きます。このルートには水場がありません。
毎年、疲労による遭難が発生しています。
体力に自信のない方はルートを変更してください。
 長野県安曇野警察署・北ア南部遭対協』

”三股から登って来たんだけど・・・”

明日、常念岳に登るつもりでしたが、すぐ目の前が山頂。
ザックをデポして、山頂に向かいます。

常念岳山頂(2,857m)、とうちゃこ!
画像

360度の展望を見るため、
体を回転させるには、ちょっと不安な岩場の山頂です。

西には槍ヶ岳から穂高岳に至る稜線、
北に目を向ければ表銀座、
南は明日歩く蝶ヶ岳、最高の眺めが飛び込んできます。
槍ヶ岳から大キレット~穂高岳に続く稜線
画像
横通岳にはガス、中央奥に大天井岳
画像
まだ時間はお昼を回ったところ。
平日で人も少なく、静かな山頂で眺望を楽しみます。
”やっぱり、表銀座は歩きたいね”

素晴らしい稜線歩きが出来るルートですが、人気の燕山荘、
そして表銀座と呼ばれるメジャーな響きは、人混みを嫌う自分にとって、
ルートの難易度の低さとは逆に、ハードルが高い・・・

雲に隠れた槍ヶ岳~穂高岳の稜線
画像
のんびりとしていたら雲がわいてきて、ちょっと雨がやばい。
急いで小屋に向かいます。
分岐に戻ると、すぐにザックを背負い、眼下に見える赤い屋根を目指します。

雨が振るとお目見え、雷鳥さん!
画像
常念小屋
画像
小屋まであと200mもないでしょう、雨足が強くなってきて雨具を着るか迷うも、
ザックから雨具を出して、着込んでいたら却って濡れる。
ジグザグなザレ場を転ばないように足早 に下って、小屋に到着です。

雨の中、テント場を見に行きます。
一張りもありません。水捌けは良さそうですが、この強い雨、テントの横を水が流れそうです。
”雨の中、テントを張るのは勘弁だな”

小屋に戻って、素泊りの申し込みをします。

’05 常念岳〜蝶ヶ岳周回/その2 へ続く。

2005.9.2(金)
三股登山口6:23-10:28前常念岳10:40-常念小屋分岐10:59-11:43常念岳下11:54-12:02常念岳12:09-常念岳下12:18-常念小屋13:04









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

haiji
2014年02月09日 11:11
常念岳は松本盆地や高速からその雄姿が眺められてて親しみの持てる山ですね

私は時計廻りで歩きました。
一日目は前日の仕事の関係で早出が無理だったのです
二日目はけっこうな長丁場、前常念岳からの岩場の下りで遠雷が聞こえ必死で下山しました

でも、
蝶ケ岳ヒュッテのロケーションは夕焼け・ご来光とも最高だったので『良し』としました。

meruちゃん
2014年02月11日 18:44
haiji様
常念~蝶の稜線は、パノラマ銀座でもあり、
槍や穂高の展望が最高ですね。

もう一度、今度は大天井から表銀座ですね。

この記事へのトラックバック