’06 越後駒ヶ岳

画像
『**三山』と言う山称は結構在って、

・南アルプスで、『白峰三山』、『荒川三山』、『鳳凰三山』
・北アルプスで、「白馬三山」
・東北で、『出羽三山』
・その他 『吉野三山』、『熊野三山』、近場で『比企三山』など・・・

そして越後では、越後駒ヶ岳、中ノ岳、八海山を『越後三山』と呼ぶそうです。

当初、この山域を登ろうと計画した際、三山の縦走を考えていましたが、
中ノ岳と八海山間にある難所、大きく落ち込んだオカメノゾキ、
縦走は最低でも1泊2日の行程、また、途中に山小屋もないため、
避難小屋の利用が必要となる、など
ちょっと躊躇する・・・

いつものように、準備をちゃんとすれば歩けるんだろうけど、
準備の面倒臭さが先に立って、軽荷で行ける、枝折峠から駒ヶ岳のピストンとしました。

自宅を夜中の2:25出発、関越道を使って小出ICを降りたのが4:30、
夜明け前の山間部を走って、5:05登山口の枝折峠に到着です。

枝折峠駐車場
画像
駐車場のすぐ先に登山口
画像
登山口の階段を上がり、緩やかに登って林の中を進むと、建物が見えて来ます。
よく見ると祠になっていて、大明神の標識もあります。

10合目枝折大明神
画像
枝折大明神の祠、避難小屋としても利用可能です
画像
すぐに、明神峠の標識
画像
見晴らしの良い峠からは、木々の間に駒ヶ岳の山頂が見えます。
枝折峠から山頂まで標高差で1,000mを切りますが、
距離は結構ある・・・

明神峠から、越後駒ヶ岳の勇姿が早くも
画像
わずかに歩いて、東の銀山湖は雲海に隠れる
画像
わずかに歩いて、東の銀山湖は雲海に隠れる。
多少のアップダウンはあるも、歩き易い道が続きます。

登ったり/下ったり、
画像
道行山分岐に到着
画像
分岐からわずかに歩いて、山頂に到着します。
標高1,298m、枝折峠が1,065mだから、200mほど登って来ました。
結構歩いた感があるけど、まだこんなもん。

画像
画像
画像
まだまだ遠い、越後駒ヶ岳
画像
分岐に戻り、小倉山方向に一旦下ります。
山道は、ちょっとぬかるんで歩き難い。
視界の効かない灌木帯を抜けると、小倉山(1,378m)に着きます。

駒ヶ岳← 小倉山 →枝折峠
画像
前方に駒ヶ岳
画像
またもや灌木帯に入り、緩斜面を登ると平坦な所に出ます。

百草の池
画像
地糖っぽい
画像

画像
画像
見晴らしは良いが、急登が続く
画像
振り返って、奥に端正な中ノ岳
画像
背丈の低い灌木帯を、見晴らしの良い道が続くも、結構な急登です。
喘ぎながら前駒のピークを越えると、緩やかな岩稜となり、再度、岩場を登り終えると駒の小屋に到着です。

前駒への登り
画像
駒の小屋
画像
布団の干してある風景は、普通の家みたい。
4月末から10月末まで管理人が常駐する、自炊小屋です。

小屋の先から稜線に登って行きます。
山の斜面にはまだ雪が残り、何となく顔に当たる風も冷たい・・・

稜線に出て来ました。駒ヶ岳→0.3km
画像
駒ヶ岳山頂、とうちゃこ!
画像
山頂から見える風景は、ちょっとモヤっているけど、
越後三山の八海山、中ノ岳、山座同定は出来ないけど、近くの守門岳、浅草岳、
尾瀬方向には、平ヶ岳、燧ヶ岳、会津駒ヶ岳など、見えているはずです。

中央やや右にギザギザの八海山
画像
南の中ノ岳に続く稜線
画像
右端の八海山から左に中ノ岳方向に延びる稜線
画像
かっては山岳対象の山だったそうですが、登って来る登山者の中に、信者のいでたちを見る事もなく、
頂上にある猿田彦大明像がわずかに当時を偲ばせるのみです。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

いつもの粗食でお昼を済ませると、後半戦のスタートです。

眼下に駒の小屋
画像
駒の小屋で美味しい水を飲み、ペットボトルに補給すると、
これから登るであろうグループに挨拶をして、往路を下ります。

2006.9.9(土)
枝折峠5:33-明神峠-6:45道行山6:47-小倉山-百草の池-8:47駒ノ小屋8:55-9:10越後駒ヶ岳9:50-10:01駒ノ小屋10:06-百草の池10:48-11:14小倉山11:18-11:50道行山-枝折峠13:11


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

haiji
2014年02月18日 12:57
越後駒ケ岳へようこそ 車中泊でしたか ?
お疲れさまでした。

まずまずのお天気、雲海の写真もきれいですね。

当地の里山歩きでは、
東に飯豊連峰・南に越後三山・西に頚城三山が眺められれば上出来、
ということになっています

私は、恥ずかしながらこの [ 一番近い百名山 ] は未体験です。
八海山からは何度も眺めてはいるんですが・・・
( と言っても八峰は制覇していません )

何度か計画するも、仕事やら天気に邪魔されて計画倒れのままです
というか・・・ねぐら&自炊の装備がないし、と言って日帰りの根性もなく・・・
ってところです。

銀山平に泊まって平ゲ岳(皇太子ルート)と二座合わせ技で考えてはいます。
あまり先がないので急がねばなりません
meruちゃん
2014年02月18日 20:28
haiji様
いつもいつもコメントありがとうございます。
関東圏、二週続けての大雪で、アウトドアは走れないし、
インドアでトレッドミルを走る気にもならず、
暇な休日、昔の山行を写真から記憶をたどって、
アップしております。

そんなことで、車中泊をしたか記憶も定かではありません。
でも、確か早朝自宅を出発したような...。

越後駒、平ヶ岳、会津駒、燧、至仏、田代、
合わせ、合わせ、合わせで登りましょう。

この記事へのトラックバック