筑波山 薬王院コース/男体山

画像
今日は仕事を休んで、お山登りです。
休日は混む筑波山なので平日に、そして登る人が少ない西側の薬王院から登ります。

”高尾山にもあった薬王院、筑波山にもあるの

登山の行程としては短いので、ゆっくりと出発しても良いのですが、
道路の渋滞を避けるため、やっぱり早出します。
高速を使いづらい場所なので、一般道で北東方向に車を走らせ、
2時間ちょっとで目的地のつくし湖に到着します。

7:50 つくし湖畔に駐車します
画像
湖畔の桜がきれい、つくし湖
画像
薬王院まで車が入れますが、そんなに長くないルート、
ここからゆっくり歩きましょう。

駐車場前の階段を登ります
画像
山桜、満開!!
画像
丘の斜面に山桜が満開です。展望台からは、眼下につくし湖、
遠方に関東平野、日光連山だろうか?、雪を被った山々が確認できます。

急斜面の道を上がって行くと、湖からの林道にぶつかり、右方向が薬王院のようです。
100mも歩くと、道の左上は薬王院、もちろん、寄っていきます。

境内に上がる階段
画像
本堂に続く坂
画像
鐘、三重塔、本堂
画像
階段を上がって鳥居をくぐると現れた母屋
画像
本堂と、手前に瑠璃光薬師如来
画像
美しさでは関東一と言われる三重塔
画像
仁王門
画像
薬王院案内
画像
境内から危なっかしい階段を慎重に降り、仁王門をくぐると、舗装路に戻ります。
すぐ前の標識は左方向に山頂の案内、薬王院から登山道に入れるはずですが、
標識があるんだから間違いないでしょ。

近道←山頂 酒寄駅→1.8km
画像
ここを上がるのが正しいルート
画像
ここにも駐車場
画像
下山した時分かった、登山口の前を通過して、林道をゆるやかに上がっていきます。
”間違えなく、ルートを誤ったね”

薬王院から山道を歩くと、一度林道にぶつかるので、
このまま林道を歩いて行けば、どこかで登山道の入口を見つけられるでしょう。
な~んて、磐梯山でとんでもなく長い林道を歩いた記憶が蘇る・・・

画像鬼作林道との分岐を直進します。ここから山に入る?
記憶にあったルートと違うけど、行くしかない。
そう思って進むと、
”あれ、行き止まり??”

バリケードが張られています。がっかり。
諦めきれないけど、分岐まで戻るしかない!

100mほど歩いて分岐に戻ります。
分岐の案内図を目をこらして見るも登山道が書いてない。
すぐ先に階段を見付け、使われた形跡の無さに違和感を感じながらも、
登ってみます。
先程の山道に出てしまって、また分岐に戻る・・・
仕方ない、分岐から鬼作林道方向に進むよ。

画像
先程の階段のわずか際に、
”あったよ。登山道!”

ちょうど林道の下から上がって来た男性に聞くと、
薬王院からのルートだそうです。
”まいったね。どこが入口だったんだか??”
でも、これでやっと軌道に乗りました。
階段の序章です
画像

始まった600段以上の階段
画像
標高630m/山頂→1,092m
画像
標高670m/山頂→942m
画像
標高710m/山頂→566m
画像

薄暗い林間の階段を抜けて、気持ち良い道が続きます。
時計を確認すると、
長い階段を上っていた時間は、わずか20分。
きつい、と言う情報は間違いじゃないけど、
予想通りたいしたこと無かったよ。
0.5km←御幸ヶ原・ケーブルカー山頂駅 薬王院→2.5km
画像
平らな道を軽快に!
画像
御幸ヶ原まであと少し、最後の階段
画像
御幸ヶ原でしょう
画像
飛び出した!御幸ヶ原
画像
ケーブルカー山頂駅
画像
予定通り、人は少ないです。ちょっと風が強いけど、久し振りの登頂です。
前回は娘が幼稚園前だったかな?
もちろん、その時はケーブルカーを使ったはず。

ほ~、なかなかの景色
画像
中央に日光男体山、その右が女峰山
画像
男体山
画像
女体山
画像
男体山、女体山、どちらに行きますか?
まずは、山頂に見所の少ない男体山に向かいます。
御幸ヶ原から石段を上がり、わずかに歩くと、これって観光ルートじゃないよ。

>登る!
画像
また登る!
画像
革靴だと難儀だよ
画像
最後の急な階段
画像
男体山頂の立札が立つ、男体山御本殿
画像
男体山頂 標高871m
画像
女体山方向
画像
遠方は、霞ヶ浦
画像
富士山は見えない
画像
長居する場所でもないので、御幸ヶ原に戻ります。

御幸ヶ原のお店も閑散
画像
さてと、次は女体山です
画像

2014.3.31(月)
つくし湖-薬王院-(関東ふれあい道)-鬼作林道出合-(長い階段)-御幸ヶ原-男体山








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック