山梨百名山周回 その1/茅ヶ岳~金ヶ岳

画像

最近は、近場の山をトレランもどきで過ごしていましたが、
GW、ちょっと遠くへ出掛けます。

5月になると、初夏の気温になることもありますが、
まだまだ、3,000mの峰は雪山です。
今日は、そんな白い頂が見える甲府周辺で、トレーニングを兼ねて、
ロングルートの山梨百名山4座を周回する予定です。

行動時間が長くなる今日の山行、早朝3:30に出発します。
GWなので、車が多い事は予想してましたが、
圏央道から中央高速に入る手前で、早、渋滞。

”まだ5時前だよ。”

1km程度の渋滞で、車は流れ始めましたが、
今度は、甲府周辺で事故渋滞6km!

5時半には歩き出そうと思っていたのに...。

甲府南で渋滞を避けて、一度高速を降ります。
国道20号をそのまま登山口まで行こうかと思いましたが、
渋滞を越えた甲府昭和ICから再度高速に乗って、
予定通り韮崎ICを降りると、登山口の深田記念公園に6時過ぎに到着しました。

画像
深田記念公園駐車場
画像
今日のルート 茅ヶ岳~金ヶ岳~観音峠~さらに東へ

山登りをしてる人ならご存知、「日本百名山」の著者深田久弥。
茅ヶ岳は終焉の地で、その登山口は記念公園となっています。
GWの初日でしたが、茅ヶ岳往復なら行程は4時間ほどなので、
まだ早過ぎるかな?、駐車場は余裕です。

画像
駐車場のすぐ奥に標識
画像
わずかに歩いて、深田公園と茅ヶ岳方面の分岐

”あれ!お尻とハムストリングがだるい。”

一昨日にやったインターバルの疲れが残っている!?
今日のロングルート、大丈夫かよ。

画像
まずは、こんな感じ
画像
ハイ!間違いありません。
画像
林道を横切ります。

画像
岩が登山道に目立つようになると、
画像
女岩に到着です。

女岩で休憩してる男性が一人、今日初めての登山者です。
ネットで見た通り、女岩は通行止め。
奥に目をやると、それらしき岩は見えましたが、
断定出来ません。
休んでいる男性に聞こうかと迷うも、急ぐ行程、会釈して先に進みます。

画像
急登を過ぎて、一息
画像
尾根筋かな?

尾根筋に出て、わずかに登ると今日お目当ての場所です。

画像
深田久弥先生終焉之地

思ったより地味ですね。

登山者のほとんどが意識してる「百名山」。
”お世話になっております。”
そう言って、手を合わせます。

画像
人の話し声に、もうすぐ山頂の予感。

登り切ると、山頂広場、左を見ると雪を被った頂が現れます。

画像
期待してた眺望が!

画像
茅ヶ岳(1,703.5m)
画像
山梨百名山 茅ヶ岳

山梨の山でよく見られる標識が並びます。
360度の眺望は素晴らしく、周辺の名立たる山が見渡せますね。
白峰三山が山頂しか見られないのは残念ですが、
甲斐駒はバッチリです。

画像
雪の頂は、南アルプス北部の山

画像
鳳凰三山の奥に、左から間ノ岳、北岳の頂が顔を出す。

画像
左からアサヨ峰~甲斐駒ヶ岳

画像
八ヶ岳

画像
でっぱりは、五丈岩の金峰山

画像
そして、やっぱり富士山

山頂でコンロに火を点けたアベックに挨拶をして、
次の頂、金ヶ岳に向かいます。

山頂から下っていると、ジグザグの坂を走って登る男性の姿。
目が合って、どちらとも無く会話が始まります。
サングラスをかけた自分は、ちょっと年齢不明かな。
眼鏡をかけてない顔は、20台後半から30台に見えます。
やはりお兄さんですよね。

”どっから登って来たの?”

お兄さんの答えに、この山域が初めての自分には場所が想像出来ません。
これから向かうルート、下山口、などお話をして、

”それでは、気を付けて。” と、別れました。

年齢は分からなくても、体型とランニングフォームで
ある程度、走力は想像出来ます。
体型は維持してるんで、それなりに見えるらしい。(わたくしです。)
でもその実は、筋力落ちまくりです。

まだ今日の行程を半分もこなしてないのに、足に疲労を感じていた自分に
少しだけ元気をもらいました。

画像
前方に金ヶ岳

画像
石門、通過

立ち止って、左を見ると相変らず南アルプスの山並みが続きます。

画像
韮崎の町並み

画像
振り返ると、富士を従えた茅ヶ岳

画像
こんな岩場も登る。

ちょっと開けた場所に上がってきて、分岐点です。
直進して金ヶ岳に向かいますが、
今日の予定は東の観音峠に向かう周回なので、また戻ってきます。

画像
観音峠へ向かう登山者に注意書き
画像
←茅ヶ岳・金ヶ岳→

小さくアップダウンを繰り返し、山頂直下の急坂よじ登ると、
金ヶ岳の山頂に到着です。

画像
金ヶ岳(1,763m)

山頂には、食事中のお姉さんと年輩のカメラを抱えた男性のみ。
GWなのに静かな山が続きます。

”トレランですか?”

お姉さんから話し掛けられます。

”ほとんど走れないですが。”

カメラを抱えた男性が、観音峠に下山する予定を話し始めると、
これ幸いとばかり、先程の分岐点で観音峠の標識が×印だった理由を聞いてみます。

”あれはねえ~...。”

良く聞き取れなかったけど、また戻るんで良く確認してみましょう。

画像
ここもよく見えるよ。

3人の会話に加わる人は現れず、ちょっと長居しちゃったけど、
交差点に戻ります。

「山梨百名山周回 その2/~曲岳~黒富士~太刀岡山」 に続く。

2014.5.3(土)
深田記念公園6:20-女岩7:02-7:38茅ヶ岳(山梨百名山)7:48-観音峠分岐8:15-8:25金ヶ岳8:36


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック