麦草峠から北八ヶ岳を周回/縞枯山~北横岳

画像
右手前から、縞枯山~北横岳~蓼科山


台風一過で好天が予想される週末、夏山本番に向けて、足慣らし山行です。
向かうは北八ヶ岳、麦草峠。その標高は、2,000mを越えているので、
予定してるルートの標高差は3,00mほど。
久し振りの山行にどの位体力が持つか、試してみましょう。

画像
麦草峠
画像
麦草峠駐車場

7時過ぎに到着した駐車場は、思ったより混んでいます。
右隅で準備をしているグループの奥に駐車スペースを見つけて、
車を入れさせてもらいます。

久々に登場した登山靴は紐を通しておらず、準備に時間を費やし、何となく焦り感。

”急ぐ必要はないんだけどね。”

国道をわずかに戻って、麦草ヒュッテをカメラに納めると、
登山口に向かいます。

画像
麦草ヒュッテ
画像
ヒュッテ横に広がる麦草園地

画像
道路を渡って森の中へ
画像
すぐに茶水の池
画像
左の茶臼山方向へ

画像
岩混じりの道に閉口したけど、
画像
すぐに木道。
画像
そして大石峠分岐

峠から笹の道を抜けると、岩だらけの薄暗い道が続きます。
やっと前方に青空が見えて、”展望の好い場所に出たかな?”

画像
展望が開ける中小場山(2.232m)
画像
振り返って、天狗岳辺りかな?

中小場山からは茶臼岳への登りが始まります。
シラビソの林の中に続く登りにひと汗を流すと、茶臼山の山頂です。

画像
岩だらけ!
画像
展望の無い山頂から展望台へ
画像
茶臼山展望台

森の中をわずかに歩くと、目の前に展望が広がります。

”ひょー、いいじゃない。”

画像
ゴツゴツとした南八ヶ岳

画像
たぶん北アルプス

画像
中央アルプス

画像
南アルプス(中央は、甲斐駒ケ岳か?)

展望台への分岐に戻り、縞枯山との鞍部に下って行きます。
下り終えると、緩やかな登りに縞枯れの木々が目立つようになります。

画像
縞枯れの正体(縞枯れ現象)
画像
分岐を展望台へ
画像
岩だらけの縞枯山展望台

展望台から引き返すおばちゃん達が、”怖い”と言っていた岩場は、
確かにバランスを崩したら、やばい。

画像
南八ヶ岳方向

画像
積み上げられた岩は崩れそう。

またまた分岐戻ると、この先は平坦な道が見えて、ちょっと安心。

画像
立ち枯れたシラビソ
画像
ここが縞枯山(2,403m)
画像
そして、雨池峠

まずは、雨池峠から西に進路をとって、縞枯山荘を拝見しましょう。
その先の坪庭も初めてだし、草原に続く道は気持ち良さそう。

画像
縞枯山荘
画像
木道を進んで、振り返る。

板が3本で構成されている木道は、1本の板の上を歩くには幅が狭いし、
2本を使うとがに股になって、ちょっと歩き辛いよ。

画像
木道の先に坪庭南入口
画像
階段を上がると、そこは観光地

横岳の溶岩台地の上に広がる坪庭は、ロープウェイで気軽に登れることから、
スニーカーやハイヒールを履いた軽装の観光客で溢れています。
順路脇には、お花の名前が書かれたプレートが目に付くも、
開花はまだなのか、まったく咲いていない。

坪庭自体もそれほど見所がある訳でもなく、北横岳に向かう標識を探します。

画像
順路の途中から北横岳方面
画像
橋を渡って急登開始
画像
不相応って、どんな??

画像
急登を見上げる。
画像
三ッ岳分岐は北横岳方向へ
画像
北横岳ヒュッテ

あと一踏ん張りで山頂でしょう。
行程も短かったし、標高差がなかったからか、足も余裕。
空腹もあまり感じず、いつもこんな感じだといいけどね。

ヒュッテから10分もかからず、岩混じりの道の上に山頂が見えて来ました。

画像
北横岳南峰(2,472.5m)、とうちゃこ!
画像
山頂で一枚!

ロープウェー山頂駅からのコースタイムは1時間半程だから 
小さな子供連れの親子、お腹の出た親父や
薄着で段々腹が分かってしまうおばちゃん達が目立ちます。

”やはり南八ヶ岳の山頂とは人種が違うかな。”

”あっちは標高差1,000m以上、行動時間も5時間は越えるからね。"

画像
蓼科山

画像
あっちも歩いたね。南八ヶ岳

画像
南アルプス北部の山

丸太の上に腰掛けて、ランチタイム。
茅野の街の向こうに見えるアルプスの山並みは、まだ雪を抱いているけど
確実に夏山シーズンが近付いています。

麦草峠から北八ヶ岳を周回/池めぐり に続く。

2014.7.12(土)
麦草峠駐車場7:30-茶の池-7:48大石峠-8:24茶臼山-8:29茶臼山展望台8:33-
9:01縞枯山展望台9:04-9:17縞枯山-9:34雨池峠-9:48坪庭9:54-
10:21北横岳ヒュッテ-10:30北横岳

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

heidi
2014年07月22日 06:45
わ~い なんともいい眺めですね

北八ツは数年前に一度だけ、ロープウエェー往復で北横岳~三ツ岳~縞枯山と歩いただけなので機会をみてまたゆっくり出かけてみたいです。
天狗岳も登ってみたいし、麦草ヒュッテ・白駒池・・・なんともロマンティックな響きで憧れの山域です。

ちょうどその日は台風一過・梅雨の晴れ間でしたので、私も頑張ってして甲斐駒ケ岳へ行ってきました。

富士山と北アは眺めませんでしたが、懐かしい北岳はじめ南アの全貌を堪能してきました。
翌日の仙丈ケ岳は曇り→雨になったので小仙丈までとし次回リベンジです。

来月は薬師岳・雲の平・黒部五郎と計画してますが、欲張りすぎて終始がつかず煮詰まっています。

先生の過去の山行紀録も参考にしていますが、脚の長さと体力と年齢が違い過ぎるので 1/2 から 2/3 くらいのペースと考えています。

ところで右足の故障は回復しましたか ?
無理をして更に傷めないようにして下さいませ
まだまだお若くて先は長~いのですからね。
meruちゃん
2014年07月22日 21:09
heidi様
久し振りの山行、標高差がないルートで
控えめに歩いて来ました。

薬師、雲ノ平、黒部五郎、好きな山域ですね。
折立から入山、周回がいいかな?
最近は、秘境と言われた山域も、
テント場でさえ混雑してるようです。
雲ノ平山荘のスイートは絶品ですから、
是非、楽しんでください。

今週末からの北海道遠征です。
今回はその足慣らしだったのですが、
ここまでトレーニングが出来ておらず、
重いザックを担いで歩けるのか?不安一杯です。
二泊三日の行程を三泊四日とすることも視野に入れて、
とにかくゆっくりと歩くつもりです。
今のところは。

この記事へのトラックバック