霧ヶ峰で足慣らし

画像
まだ完治したか分からない腰。
過去、走れていた時も常に腰痛はあったし、
そこそこ良くなったら、試してみないと分からないんだよね。

試す場所に選んだのは、霧ヶ峰高原。
高低差の少ない場所で、距離は16km強、5時間位は歩いてみましょう。

車を車山肩の駐車場に置くと9時過ぎ、歩き始めます。

駐車場を上がると車山方向
画像
まずはこんな感じ
画像
車山山頂の気象レーダー
画像
車山山頂(1,925m)
画像
こっちにも標識があった!
画像
ドームの脇を抜けると、車山神社
画像
階段を下ってゴンドラ駅前
画像
さらに下ります
画像
下り終えて八島湿原方向へ
画像
振り返って、車山山頂
画像

当初の予定は、蝶々深山~物見岩~鎌ヶ池を歩いて、
八島湿原に向かうつもりでしたが、
大回りの北側のルートに向かう分岐を発見、
まだ歩いたことがない道だし、こっちに行きましょ。
初めて歩くルート、山彦耳~ゼブラ山方向へ右折
画像
気持ちの良いトレイル
画像
八島湿原に向かうルートは、中央分水嶺トレイルとなっており、
見晴らしの良い草原に延びる道が気持ちいい。

一本の木がぽつんと
画像
秋の気配だよ
画像
山彦谷 南の耳(1,838m)
画像
山彦谷 北の耳(1,829m) 中央奥は蓼科山
画像
八島湿原分岐、ゼブラ山に向かう
画像
ゼブラ山(1,776m)
画像
眼下に八島湿原
画像
北西側の展望
画像
歩いてきたルート(奥に蓼科山)
画像
気持ち良い草原から、湿原に向かって緩やかに下ります。
樹林帯の軽い藪漕ぎを抜けると、湿原の周回路に出て来たようです。

八島湿原方向へ
画像
鹿?熊?避けのゲート
画像
八島ビジターセンター駐車場方向へ
画像
今日の目的は、鷲ヶ峰のピークを踏むこと。
ちょっとここで迷うも、
御射山・沢渡方向でないのは明らかなので、
八島ビジターセンター駐車場方向に進みます。



湿原周回の木道へ
画像
画像

画像
八島ビジターセンター駐車場方向へ
画像
木道をわずかに上がると、広場に出て来ました。

八島湿原
画像
七島八島って??
画像
鷲ヶ峰方向へ
画像
今日初めての登山道
画像
いい感じの稜線です
画像
さらに続く稜線、左端が鷲ヶ峰
画像
久し振りに山らしい風景に、ねらった通りですね。
人も減って、気持ち良い稜線歩きです。

鷲ヶ峰山頂(1,798.3m)
画像
山座方向盤もある山頂
画像
山頂には、先客が4人程、青空に広がる360度の展望に、みなさん昼食中です。

美ヶ原王ヶ頭、諏訪湖、御岳山、乗鞍岳、八ヶ岳、この程度は分かるよ。



ここまで腰痛の気配はないし、足慣らしに登るピークとしてはちょうど良かったかな。
結構長居したけど、そろそろ八島湿原に戻ります。

湿原の周回路に戻ってきました
画像



振り返ると鷲ヶ峰、左に広がる湿原、木漏れ日の中、木道をのんびり歩きます。
大きな声で挨拶をする子供に笑顔を返し、カメラを構えたおばちゃんとお話をし、
ゆっくりとした空気が流れています。

強清水・車山肩・沢渡 方向へ
画像
ここまで車が入っているよ
画像
車山肩へ階段を上る
画像
ここからのルートはちょっと想定外、ずっと登りが続きます。
前方に横たわっている男性が見え、すれ違い時、
付き添っている女性に声をかけると、”足をつった”、とのこと。
それなら、大丈夫ですね。

さらに登って、車山肩に戻ってきました。



予定通り5時間程の行程、腰は大丈夫そうです。
(もちろん、ただ休んでいた訳ではないけどね。)
来週以降、挑む山行に戻れそうです。 

2014.9.23(火)
車山肩駐車場9:05-9:34車山山頂9:40-山彦谷南の耳10:27-山彦谷北の耳10:39-10:59ゼブラ山11:03-11:17八島湿原11:40-12:11鷲ヶ峰12:37-八島湿原13:11-車山肩駐車場14:08










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

コテル
2014年10月02日 09:19
腰痛、大丈夫そうでなによりです
それにしても素晴らしいお天気で素敵な山行でしたね
次回、楽しみにしていますが ご無理なさらず!
meruちゃん
2014年10月03日 19:57
コテル様
ギックリ腰のような痛みは、なくなったようですね。
9月になって天気も良くなってきたのに、
狙った山行も出来ず、悶々としていましたが、
疲労が取れた、といい解釈をして、
シーズン終了真際、もう一踏ん張りです。

この記事へのトラックバック