苗場山/小赤沢コース

画像
台風が2週連続で来ていますが、天気は大丈夫そう。
日帰りで気分で歩けそうな山は

早朝、向かうのは苗場山。
苗場山は2006年、湯沢側から登っているので、
今回は行程の短い、秋山郷からの小赤沢コースで登ります。
登山口までのアクセスは長いですが、秋山郷にも行ってみたかったし、
山頂の湿原を南西から横断出来るのも魅力です。

塩沢石打ICを下りると、国道脇の看板が目に入ります。
「国道353号線は通行止め」

”えっ !? ”

よく見ると、夜半22:00~翌朝7:00までが通行止めのようです。
秋山郷に唯一向かう道なので、行くしかありません。
ほどなくゲートの前で数台の車の列が見えてくると、
6:35、最後尾に車を止めて、通行止めが解除されるのを待ちます。

7:00、ゲートが取り除かれると、ここから約40km先の登山口を目指します。
途中、片側通行があったりする狭い道を抜けて、8:20、小赤沢の駐車場に到着です。

みんなどこから来たの? 結構一杯の駐車場
画像
8:28 登山口出発
画像
8:30 すぐに三合目(標高1,310m)
画像
>8:48 四合目(1,478m)
画像
ブナの黄葉の下、結構な急登が続く
画像
四合目手前で、男女のペアを追い抜きます。
男性は、通行止めとなっていたゲートの前で、お話した方。
”え~! もう追い付いついたんですか?”

先々週、早月尾根から剱を日帰りしたことを話していたので、
”やっぱり、早いですね”

強者はいくらでもいるし、”そうでもないんだけどね”

水飲場の標識に、ちょっと見て来ましょう
画像
すぐ下の沢が水場です
画像
9:05 五合目(1,580m)
画像
木々の合間に
画像
今日の行程は、標高差800m程、コースタイムも3時間40分で、
早月尾根とは雲泥の差で、気持ち的に余裕です。

そんな思いもあって、快調に先行者を抜いて行きます。

ロープあり、鎖あり
画像
9:27 六合目(1,750m)
画像
登り終わるまで待ちます
画像
9:38 七合目(1,810m)
画像
六合目を過ぎると、胸突八丁。
岩場に鎖も多くなり、プチ渋滞状態となるところも。

先行者の息遣いが聞こえる
画像
9:50 八合目(1,940m)
画像
湿原に出る予感
画像
9:55 坪場
画像
視界が開け、木道の先に人
画像
地塘の間に続く木道、気持ちいい~
画像
大きな池塘
画像
和山分岐、苗場山山頂→1.2km
画像

画像
写真を撮ってあげたお返しに
10:04 九合目(2,000m)
画像
振り返って、坪場の湿原
画像
樹林帯に入る
画像
大きな岩がゴロゴロした道が続く
画像
山頂湿原の末端に出て来た
画像
赤倉山分岐、諏訪神社は帰りに
画像
青空に続く木道は、心地良い
画像
山頂山荘の屋根だ!
画像
自然交流センター前(山頂山荘)
画像
10:30 苗場山山頂(2,145.3m)
画像
山頂湿原の中心部へ
画像
祓川ルート(~和田小屋~かぐらスキー場)方向
画像
赤湯温泉方向
画像

赤湯温泉方向に地糖が広がっているのが見えます。
”あっちも行った事がないね”

10分もかからず到着するでしょう。
行ってみる事にします。
画像
ここにも雲上の楽園が広がります
画像

画像
ほんのわずかな距離なのに、山頂の喧噪からのがれ、静かな空気が流れます。
”適当な場所がないかな?”

食事をしたかったので、座れる場所を探すも、木道だけ。

念のため、写真を撮っていた男性に、湿原を周回出来るか聞くも、
”おそらく出来ないだろう”、との回答。
仕方ない、戻ります。

山荘方向
画像
振り返ると点在する池塘と山並
画像



やっぱりここのデッキは混んでるんで、坪場に向かいながら、食事をするのに適当な場所を探しましょう。

木道の左に、鳥甲山です!
画像
まだ登ってく人、下山する人、狭い木道で譲り合いながらすれ違います。
四合目手前で抜いたカップルと予想通りすれ違い、先程と同じ挨拶を交わします。

赤倉山分岐のテラスでランチ
画像
食事を済ませ、諏訪神社へ
画像
神社脇でナナカマドの実が色付く
画像
鳥甲山を従え、坪場の湿原全容
画像

画像 坪場から樹林帯へ下ります。
八合目、七合目、六合目~、と順調に下って行きます。
今日は、登り2時間の行程だったからか、足は余裕です。
珍しく下りでも先行者を追い抜きながら進むと、
沢音が大きなってきました。

駐車場が見えてきた
画像
雲一つない好天と山頂の湿原に大満足の山行でした。
やはり、早月尾根と比較すると、”今日は楽勝!” と、思える。
そんな効果が持続出来るよう、今シーズン、もう少し歩きたいな。

2014.10.11(土)
小赤沢登山口8:28-坪場-赤倉山分岐-10:28苗場山山頂-赤湯温泉コースで散策-11:15赤倉山分岐11:30-諏訪神社-坪場11:54-小赤沢登山口13:13












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

コテル
2014年10月21日 15:10
相変わらずの健脚、脱帽です。毎年、秋山卿は釣りに入りますが12トンネルの
通行止めに阻まれ六日町回りでした。確か夏休みから時間で通行可だったと思います。通れて良かった!祓川も釣りながら和田小屋に抜けますが頭の中で地図が繋がりません!一度上まで行ってみたいなあ
meruちゃん
2014年11月11日 12:55
コテル様
秋山郷、祓川、十日町、六日町、湯沢...
新潟はいいところですね。

沢音、滝、お魚、沢も楽しいでしょうね。
私は、低地に、コテル様は高地に、
次はチャレンジしてみましょう。

この記事へのトラックバック