石割山/富士見の2015年初山行


画像

2015年も当たり前のように始まりました。
昨年11月からは山に行こう、というエネルギーも切れた感じで、
忘年山行のお話にも乗る気になれずにいました。

そんな状態でも、不思議にランに対するモチベーションが上がって、
それなりに取り組んでいましたが、たいした負荷を掛けている訳でないのに、
右足アキレス腱が痛みだし、休養。
やっと年末から毎日のランに耐えうる足が出来て来ました。

正月休みも距離は少ないながら、連日走り、気持ちも前向きになってきたからでしょう、
お山に行きたい、という気持ちも湧き上がり、やっとこさ、スタートラインに立ちます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

年初めは、やっぱり富士でしょう。
山中湖の北側、展望の良い石割山が目的地となりました。
周遊バスふじっ湖号の始発に乗るため、5:30に出発、
予想以上の早い到着に、駐車場で時間をつぶし、7:55発のバスに乗るべく、
ホテルマウント富士バス停に向かいます。

バス停で時刻表を確認すると、

”あれ?ない!!” 7:55の表示がありません。

”えっ、8:35 ??”

ちゃんと調べたつもりでしたが、”そりゃあ、バス停の時刻表が正しいでしょ。”

当初の予定:ホテルマウント富士バス停-(周遊バス)-平野バス停-石割神社登山口
-石割山-平尾山-大平山-長池山-ホテルマウント富士バス停


仕方ない、駐車場に戻り、石割神社の登山口駐車場に向かいます。
すると前方にふじっ湖号と思われるバス。
そして、そのバスは降車を予定してたバス停、平野に停車。

”えっ、バス在ったの??”

本日のミス1つ目
バス停で待っている時、道路の反対側にバスが止まったよ。
バスの向かう方向からすれば乗車するバス停は反対側だよ!!
頭回ってないなあ~。


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

平野バス停を左折、赤い鳥居を目印に左斜めに林道を上がると、
駐車場に到着します。

画像
石割神社登山口駐車場

日曜日でちょっと心配していた駐車場は、まだ余裕、
上の段奥に停車すると、やっとこさ山登りのスタートです。

画像
駐車場までの林道を緩やかに上り始めます。

本日のミス2つ目
画像
駐車場入口脇の橋を渡って、
画像
この石段を上る予定でした。

本日のミス3つ目
枯れ木のとうせんぼを越えて進んだ事。
正解は斜め左に沢を渡るルートが正解(下山時に判明しました。)


画像
とうせんぼを越えた道が舗装されている!
画像
それなりに歩き易い道だったけど...
画像
やっぱり踏み跡は弱いかな?

画像
青空に稜線が映えます。
画像
山道を抜けると、石段から続く道に合流

画像
山頂に雲が無く、風もなさそう。絶景が期待出来る。

木々の合間からは富士山もバッチリ見え、気持ちのいいトレッキングです。
葉っぱが枯れ落ちると、登山道の日当たりがよくなるので、
この時期の山登りって、もしかしたら一番気持ちいいのかもしれません。

歩き始めて30分、人の声が聞こえて来ると、石割神社に到着です。

画像
桂御神木
画像
桂御神木のいわれ
画像
石割神社
画像
石割神社の由来となった割れた岩
画像
狭いけど、通過出来たよ。

順路に従い割れ目を通過して神社前に戻ると、
先着していたおばちゃんが、

”3周しないと効果ないよ!”

説明を読むと、

この割れた石には、とある言い伝えがあって...、「時計回りに3回通ると幸運が開ける。」

それではと、あと2周回ります。
3周回り、お賽銭を扉の向こうに投げ入れると、ちょっとお願い事。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

画像
見上げれば、山頂は近そうだけど...

人の声が大きくなって来て、前方が開けると山頂到着です。

画像
石割山(1,413m)
画像
広い山頂

画像
ひょえ~、絶景だよ。

広々とした山頂に、先着は10人位かな。
期待していた通りの絶景に大満足です。
南アルプスも見えるけど、山座同定が出来ない。
北岳? 間ノ岳? 聖? 塩見?

周回コースを取れなかったので、平尾山手前の分岐で駐車場に戻るか、
その先の大平山まで行き、折り返すか?
時刻は10時前だし、大平山までは1時間も掛からないでしょうから、
大平山で昼食、分岐に戻り下山することにします。

画像
山頂標識(→平尾山・大平山)
画像
まったく雪の無い、木漏れ日の道
画像
駐車場に戻る分岐(←平尾山)

画像
平尾山(1,318m)

ここも広い山頂です。
ベンチもあり目の前の富士山、ここもロケーション抜群です。

画像
再奥に南アルプス

画像
富士山がさらに近付く。

大平山に続くルートがはっきり確認出来ます。
一度下って、上って、また下って、上る。
階段が多いけどすぐ目の前、ランチを楽しみに、まず下ります。

画像
一度下って、また登る。
画像
15分←大平山 平尾山→30分
画像
鉄塔が見えるのが大平山山頂

画像
富士山を従えた、大平山
画像
ここを上がって、大平山山頂

画像
大平山山頂(1295.51m) はい!ここもビューポイント

画像
振り返って、歩いて来た稜線

山頂広場の東屋で昼食の準備です。
まったくもって珍しい、今日はチーズフォンデュの用意をして来た!!
いつも粗食なのに...。

理由は、夏山縦走の食事リハーサル。
塩見岳から北岳に縦走した時に、途中の熊の平小屋のテント場で
おいしそうに食べていた親父の事を覚えていて、いつかやってみたい、と思っていました。

結果は60点、風が冷たい気温の低い中、火力が上がらず、
とろ~り、としたフォンデュにならなかった...。

本日のミス4つ目
気温が低いと、ガスカートリッジの火力は落ちます。
でも寒冷地仕様のガスだったのに。


でも、縦走の食事の予行練習には十分なったよ。

2015年の山行は、挑む登山ばかりでなく(それはそれで楽しいよ。)
山の素晴らしさを誰かと共有出来る山行もいいのかな。
歳を一つとったし...、脚力も落ちてるし...。

富士山頂には雲がかかって来て、風が強くなって来たようです。
ここも、顔に当たる風が強くなって、寒い。

来た道を戻りましょう。

2015.1.11(日)
石割山登山口駐車場-石割神社-石割山-平尾山-大平山(折り返し)-
平尾山-分岐-石割山登山口駐車場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

heidi
2015年01月14日 17:32
好天に恵まれ絶景の富士山を拝めて、さい先良い 2015年のスタートですね

こんなに狭い日本列島なのに何故こうも空模様が違うのでしょうか
かなりジェラシー感じます

こちらは、ワカンを履いて深雪を歩いたり・スキーなどして春を待っています。

今年も先生の山行記録を楽しみにしています。
meruちゃん
2015年01月14日 19:24
heidi様
久し振りに登ったせいか小さなミスが多く反省。

山に対するモチベーションが下がっている感じですが、
heidi様の「楽しみ」に応えられるよう、頑張りましょう。
あと少しだしね。

ありがとうございます。

この記事へのトラックバック