3度目の笠取山


それほど負荷にならなかった昨日の戸倉三山。
今日は体調を上げるため、笠取山で軽く刺激を入れます。

連日の早朝出勤で、5時過ぎには自宅を出発、奥多摩湖を抜け
登山口の作場平に向かいます。

作場平の駐車場には、10数台の車。
早出と言うより、昨日の土曜日から入山してるんじゃないかな。

画像
今日もここから、作場平登山口
画像
水の流れる音に癒される。
画像
何度かこんな橋を渡ります。

画像
一休坂分岐(ここはヤブ沢峠経由で)
画像
こんなに急だったけ?
画像
そしてヤブ沢峠

ヤブ沢峠からは軽トラも走れる林道を、笠取小屋に向かいます。

画像
笠取小屋

テントを撤収している様子に、駐車場の車の多さは想像通りでしたね。
お山は新緑前ですが、小屋は盛況です。

画像
まだ残っていたよ。
画像
ひとこぶ越えて、ちょっと上がった分水嶺から振り返る。

分水嶺の丘から下って登り返すと、笠取山直登ルートがお目見えです。

画像
一見、大変そうに見えるんだよね。
       画像
丘を越えて、さあ、登ります。

画像
登ってきたルートを振り返る。

画像
雁峠には雪渓が残っているよ。

画像
登り切った笠取山・西峰
画像
先着は男性一人です。

直登ルートを登り始めたのが9:09、登り切ったのが9:23。
大変そうに見えても、わずか14分の登りです。
昨日は何故か息の上がった登りも、今日は快調!

”戻ったね。”

画像
雲がなければ、富士山が見えるはずですが....。

画像
2012.5.19の絶景

岩の上に腰掛けて、ちょっと補給します。
雲がかかって、ちょっと風が冷たいけど、山頂は気持ちいいよ。

ここから岩場をわずかに進むと、笠取山の標柱があるはずです。

画像
笠取山・東峰(1,953m)

僅かに下ると、水干と唐松尾山との分岐に出ます。
前回は、尾根道を唐松尾山に向かい、将監峠を回って周回をとりましたが、
今日は、一度は見ておきたい水干(みずひ)に向かいます。

画像
水干(多摩川の源流)
       画像
一滴のしずくもない。

水干からは明るい散歩道を分水嶺方向に。
笹の原っぱが広がる雁峠で、のんびりしましょう。

画像
まるで公園の散歩道
画像
分水嶺方向へわずかに上る。

画像

分水嶺の丘を越えて、雁峠に下ります。
誰もいないベンチで軽く食事をしながら、まったり。
山頂ほど風は冷たくもなく、昼寝でもしたい気分です。

分水嶺に戻り、雁坂小屋から一休坂を作場平に向けて下ります。
沢音を聞きながらのんびり歩ける道が続く。

笠取山、いい山です。

2015.4.26(日)
作場平-ヤブ沢峠-笠取小屋-分水嶺-笠取山山頂-水干-雁峠-笠取小屋-(一休坂)-作場平


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック