「光岳~聖岳」 縦走/一日目

「光岳~聖岳」 縦走/前夜 から続く。

9/18(金)
仕事を午前中で切り上げ、出発します。
すぐに高速にのらず瑞穂町の好日山荘へ行き、ガスを購入、
青梅ICから圏央道にのると、一路、飯田ICに向けて車を走らせます。

飯田ICを降りると、日本三大秘境の一つ「遠山郷」に向かいます。
下栗の里を過ぎ、北又渡の発電所付近からは悪路。
車がすれ違うのに困難な細い道に、崩落跡に、沢水が流れる道の横断に、ころがる石に、緊張を強いながら、
易老渡の駐車場を通過、やっと奥の便ヶ島(聖光小屋)の駐車場に6時前に到着しました。

聖光小屋と駐車場
画像

”遠かった~”

小屋の前にいた親父から駐車料金¥500を徴収されると、
車中泊用のベッドを組み立て、夕食。
明日早朝の出発に、早々と横になります。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇
9/19(土)

満天の星空の下、5時過ぎ、歩き始めます。
林道を25分程下ると、易老渡の駐車場が見えてきて、
いよいよ、登山開始です。

まだ薄暗い道を歩く
画像
昨日通過した時は4台だった、易老渡の駐車場
画像
5:36 易老渡登山口
画像
今日の行程は光(てかり)岳まで
画像
橋を渡って、
画像
いきなり急登が始まる
画像
面平まで、5/10
画像
久し振りに17kgのザックを背負い、いきなりの急登はきつい。
それでも、途中休憩してる人達をいつもようにパス。
行程の位置を示す数字は、目標になります。

易老渡1.6km←面平→3.2km易老岳
画像
7:07 ちょっと休憩しましょう
画像
易老渡3.0km←・→1.8km易老岳
画像
こんな所も!
画像
易老岳まで、29/30
画像
9:56 易老岳(2,354m)とうちゃこ!
画像
鬱蒼としたシラビソに囲まれた山頂
画像
光小屋160分←・↑170分易老渡・→160分茶臼岳
画像
コースタイム6時間のところを4時間20分で登ってるけど、やっぱり長かった。
でも、まだ2時間以上?、平坦な道?

易老岳からは一応稜線歩き
画像
明るいところも
P1100658.JPG

また森に入って
P1100659.JPG
静高平1:15分←三吉(さんきち)平→
1:15分易老岳
画像
木々の間から少し開けた!
画像
長い急登が待っていた。
P1100662.JPG
やっと終わりが近いか
P1100663.JPG
11:56 静高(しずこう)平
画像
水が良く出ています
画像
まだ登る
P1100669.JPG
さらに登って、イザルヶ岳分岐
画像
センジヶ原 周囲は亀甲状土
画像
小屋が見えて来た!
画像
まもなく到着です
画像
12:24 光(てかり)小屋とうちゃこ!
画像

¥400を払ってテントの受付を済ませると、
小屋前のテント場に案内されます。

10張り程張れる場所はすでに4張りが設営され、
小屋の主が狭いテントサイトを有効利用すべく、
場所を細かく指示します。
結局、びっしり10張りが張られ、後から来た人は、
小屋からちょっと離れたテント場となりましたが、こちらもびっしりだったようです。
(テントサイトの写真、忘れた。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

小屋から15分程で山頂です
画像
山頂近くの展望台から光岩
画像
光岳山頂(2,591m)とうちゃこ!
P1100680.JPG
展望台から見える光岩。
足を延ばそうという気にはならず、展望台でのんびり。
”それなりに疲れたね”

まだ3時前、テント場に戻って昼寝かな。

「光岳~聖岳」 縦走/二日目 に続く。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック