’07 テント泊で至仏山/一日目

画像
2007、いつもの7月末4連休。
鳩待峠からの入山、至仏山を登って、山の鼻~尾瀬ヶ原を縦走、見晴でテントを張ります。

鳩待峠
画像
日光国立公園「尾瀬」
画像
至仏山方向へ
画像
至仏山登山口→ 4.5km山頂
画像
2km 鳩待峠←・→至仏山 2.5km
画像
オヤマ沢田代入口
画像
木道から小至仏山へ
画像
至仏山へ稜線は続く
画像
小至仏山頂(2,162m)
画像
蛇紋岩の山頂広場
画像
至仏山(2,228m)とうちゃこ!
画像
久し振りの重いザックと暑さで結構バテている・・・
でも、眼下に広がる尾瀬ヶ原と彼方の燧ヶ岳、流れる夏雲と風が、疲れを和らげる。

只見湖
画像
尾瀬ヶ原の向こうに燧ヶ岳
画像
手前の屋根が山の鼻、木道の先にテントを張る見晴の小屋が小さく見える
画像
2010年頃から、下りに使っては行けなくなった山の鼻へのルート。
2007年は、”なるべく下りには使わないように” 程度だったのかな。

段差の大きい階段を下る
画像
蛇紋岩の滑り易い下り
画像
尾瀬ヶ原を見ながら
画像
山の鼻ビジターセンタ前
画像
山の鼻キャンプ場
画像
さあ、尾瀬ヶ原に向かいます
画像
国民宿舎尾瀬ロッジ前を通過
画像
湿原入口
画像
牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)
画像
2.2km竜宮←牛首分岐→山の鼻2.2km
画像
盛りは過ぎたけど、ニッコウキスゲの群落
画像
水面に流れる雲が写る
画像
逆さ燧ヶ岳のビューポイント
画像
さっきまであそこにいたのに。振り返って、至仏山
画像
背丈の倍 歩荷さん
画像
ニッコウキスゲ
画像
絶対に自分より重い荷物を背負っているよね。
でもその自分は、結構足にきていて、バテバテ。
平坦な木道は楽勝の予定だったのに・・・

燧ヶ岳に向かってまっすぐに延びる木道
画像
見晴の小屋群だね
画像
弥四郎小屋
画像
燧小屋
画像
見晴地区案内図
画像
見晴には、弥四郎小屋、檜枝岐小屋、燧小屋、原の小屋、尾瀬小屋、第二長蔵小屋と、
6軒の小屋があります。テントの受付は、燧小屋です。

100張り収容可能なキャンプ場
画像
休憩所、有料トイレがあります
画像
サイト奥から、右の建物がトイレです
画像
見晴は山小屋が多いだけあって、売店も充実しています。

缶ビール450円 ロング600円
ボッカさんやヘリで荷物を運ぶので、この価格は妥当ですね
画像

ドリップコーヒーも
画像
夕方、背後にそびえる燧ケ岳、尾瀬ヶ原、その向こうに見える至仏山が静寂に包まれます。
”見晴にしてよかったね”

山の鼻のキャンプ場では、こうはいかなかったでしょう。
長い木道を歩いたご褒美だよ。お疲れさまでした。

2007.7.27(金)
鳩待峠-(3.4km)-小至仏山-(1.1km)-至仏山-(2.9km)-山の鼻-(2.2km)-牛首分岐-(2.0km)-竜宮-(1.6km)-見晴(幕営)歩行距離 13.2km
’07 テント泊で至仏山/二日目 に続く。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック