大菩薩嶺

天気もいいし、山行きもちょっと間が空いたんで、今日は足慣らしに出掛けます。
”将監峠周辺を歩くかな”

奥多摩湖を抜けて、いつもの一ノ瀬高原入り口に来ると、「通行止め」
この先にも高原の入口はあるけど、何となく気がそがれて、
”柳沢峠から大菩薩に行こう”

駐車場の心配もないだろうし、歩いたことないルートだし、放映のあった丸川荘も見たいし。
くねくねした道を峠に向かいます。

7:18 柳沢峠駐車場とうちゃこ
画像
7:23 道路を渡って階段を上がる
画像
7:30 ナラ坂
画像
青空、新緑、これがいいんですよ。
画像
7:47 梅ノ木尾根
画像
なだらかな唐松林を
画像

画像
大菩薩でも、もものけ??
画像
続く、もののけ道
画像
ナラの大木は樹齢?年
画像
8:03 天庭峠
画像
明るい新緑のトンネル
画像
尾根道に出ます
画像
直角に曲がる所は⇨
画像
8:41 天庭峠
画像
いいね
画像
揺れるけど、大丈夫?
画像
寺尾峠
画像
開けた所は、丸川峠
画像
9:16 丸川峠
画像
丸川荘
画像
富士山の展望台だったよ
画像
明るい草原の向こうに、ほれ!富士山
画像
急登が始まる。振り返って丸川荘
画像
急登に、こうでなきゃ!
画像
急登に汗が出ると、夏雲が
画像
まだ先のようです
画像
丸川峠から1時間20分のコースタイムだから、そんなに簡単に到着する訳ないんだけど、
”あれがピーク”

何度も繰り返すのは、精神上良くない。

でも幾つかのピークも登ることもなく巻いていて、薄暗い針葉樹とコケで覆われた道を進みます。
”この坂を登れば山頂だね”

人の声が聞こえてきて、今度は間違いないよ。

10:29 大菩薩嶺とうちゃこ!
画像
賑やかな山頂
画像
13年振りかな。結構長く登っているね。

右膝半月板損傷とは知らずに登った2004年、
大菩薩峠~小金沢山~滝子山を歩いた2014年。
これで北の柳沢峠から大菩薩、南の滝子山まで歩いたよ。

これって自然が作ったの?
画像
13:54 戻ってきた
画像
軽く済まそうと思っていたけど、結局5時間以上の山行でした。
まあ、いつもことですね。

バスを使って、上日川峠を通る周回がとれるかな
画像
2017.5.21(日)2004年の山行はこちら、2014年の山行はこちら









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック