暑寒別岳


画像
国道231号から林道箸別線へ左折(登山口まで13km)

箸別ルート駐車場は、Vitsが1台

暑寒別岳と言えば、車のドアを開けられないほどアブ、蚊、ブヨの多いところ。
雨が降りそうな気温が低い天気に、心配していた虫の大群はいません。
それでも、虫除けスプレーをして、ネット被り、蚊取り線香をザックにぶらさげます。


箸別避難小屋

一階と二階で15人程度かな。

虫除けネットを被った怪しいオヤジ

6:32登山届に記入してスタート

画像
往復で8時間、箸別ルートを歩きます。


水溜まり、所々迂回

蚊取り線香と熊避け鈴のコラボ

葉っぱを叩く雨音、あまり濡れないけど、カッパを着込みます。


7:22

7:53

8:12

8:31


7月中旬に水芭蕉 尾瀬は6月だよ。

雨に濡れたサンカヨウは透明感があっていいよ。


8:55

9:18

ここまで距離はそれなりにあるけど、割と平坦な歩き易い道です。


森林限界を超えた

雪渓を登る

雲が上がって来た

雪渓の上の斜面はお花畑

シナノキンバイ

ハクサンチドリ

チシマフウロ

タカネオミナエシ(チシマキンレイカ)





そりゃ青空なら最高だけど、雨が降ってないし、稜線が見えれば十分です。


ゼブラ模様と御花畑


オヤジ、ご満悦

10:10 八合目 稜線は続くよ、どこまでも



続く稜線、南暑寒別岳、雨竜沼方向


すごいね~。天国に続く道

10:31 九合目

画像
ハイマツ帯が続く(クマでも出そう


10:42 暑寒ルートとの合流

奇岩がぽちぽち

ビデオを回しながら歩いていると、前方に二人連れを発見。
駐車場に車がなかったから、暑寒ルートから登って来たのでしょう。
今日、山に入っているのはおそらく数人?


山頂はすぐそこ

10:57暑寒別岳山頂、とうちゃこ

暑寒別岳(標高1,492m)



わずかに見えていた景色も、白い雲が周りを覆い、何も見えなくなります。
稜線の途中、って感じの山頂は、行きたかった雨竜沼湿原が見えないし、
達成感が乏しいかな。

雨竜沼湿原にアクセスする林道が雨で通行止だと知ったのが、出発間近。
今日は暑寒別岳ピストン、明日湿原を散策するつもりだったのに。


下り始めると、あんな絶壁があったんだね。


期待通りのお花畑でした。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇


15:17 登山口、とうちゃこ!

最悪、一つも登れないかと心配していた北海道の天気。
初日に暑寒別岳に登れたことは、ラッキーだったよね。

心配していた足のダメージもほとんどなく、
天気と相談しながら、久し振りの北海道を満喫しましょう。

2018.7.13(金)
箸別ルート 暑寒別岳往復

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック