白神岳

東北遠征初日は、白神山地の盟主「白神岳」です。
一昨日の予報では、 でしたが、今にも降りそうな天気。

前日泊まった御所の台キャンプ場から国道101号を日本海に沿って北上、
青森県に入り白神岳登山口入口を確認すると、
五能線始発の列車が「白神岳登山口駅」に到着する時間です。
ちょっと列車を見ていきましょう。

仕切り直して、登山口駐車場に向かって林道を進みます。

静寂な雰囲気に、”誰もいないんじゃない。”
そんな予想が外れて、駐車場には10台ほどの車です。


白神岳登山口駅の向かい側から登山口へ

登山口駐車場


今日は、マテ山コースを往復します。


駐車広場休憩所(トイレ有)

宿泊は禁止だそうです。


休憩所の左脇を上がり、舗装路を300mほど進むと登山口
(建屋は登山届記帳所)

白神岳山頂→6.5km

駐車場では降っていなかった雨が、歩き始めてすぐ降り始めます。

”これから森の中だけど、十分濡れるかな?”

仕方ない、レインウェアをザックから出しましょう。


白神山地はブナ林

標高差1,000mには階段が必要


二股分岐(二股コースは通行止め)

1.4km登山口←二股分岐→白神岳山頂5.1km

画像
ブナ林に水場は多い?
画像
2.0km登山口←・→白神岳山頂4.5km


しとしと雨に森は煙る。

?あじさい

3.0km登山口←・→白神岳山頂3.5km


3.35km←登山口・→白神岳山頂3.15km



4.0km←登山口・→白神岳山頂2.5km



5.0km←登山口・→白神岳山頂1.5km


大木の下で雨宿りをしながら補給してると、
腕に「パトロール」の腕章をした男性が到着します。

”白神山地は初めて

いろんな話をしてくれる「ガイド」さん?
ここからその後ろを歩くことになります。


森林芸界が近い?

眺望は雲の中






大峰分岐→山頂0.7km(右端にガイドさん)

追いついた女性もガイドさんグループに。

霞む建屋に山頂が近い。

トイレ棟

そして避難小屋

山頂に向かうガイドさん


白神岳山頂(1,235m)とうちゃこ!

山頂ではガイドさんが白神山地について
興味深い話をしてくれます。

”こりゃガイド料払わないとね。”

一向に雲が取れない状況に、
昼食を取るため避難小屋に戻ります。

避難小屋は3階構造

だいぶ傷んできている小屋の様子に、ガイドさんの話だと
2年後を目処に建て替えをお願いしてるそうです。

”その頃、また来るといいよ。”


なかなか止まない雨に山頂を後にします。

大峰分岐に戻る。

天気が良ければ稜線漫歩なのにね。


往路で気が付かなかった「最後の水場」

この柄杓は重過ぎる。

この階段を下ると、登山口は近い。

戻って来たよ。

久し振りの山行は小雨模様の中で、ちょっと苦痛でした。
天気が良ければ、十二湖までの縦走も考えていましたが、
大嶺分岐から藪漕ぎの様子に、無理だったかな。

もうひと頑張り、十二湖に向かいましょう。
2018.8.11(土)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック