meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 空山(くうざん)

<<   作成日時 : 2018/12/07 18:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「空山」帚木蓬生(ははきぎほうせい)
画像
「空夜」の続編で、俊子と亡くなった達士、真紀と慎一の二組の恋愛物語が背景にありますが、九州の美しい山村での産業廃棄物処理施設問題をテーマとした社会派小説です。
息をつく間もないくらいの筆力で読者に迫ってくる、イッキ読みでした。

<あらすじ>
隣の草野市の市議会議員に立候補し当選した俊子は商店街活性化やごみ問題に取り組もうと勉強する。あるとき、五条村の裏にそびえる菅生連山の頂上に登った俊子は山の向こう側の上山町側の赤谷に、ごみの山が積み上げられ、産業廃棄物らしきものまで捨てられ燃やされている光景を目にする。さらにその隣の黒谷には新たに大規模なごみ処理施設が建設中らしいのだ。隣町にできるごみ処理施設と、不法と思われる五味投棄が地下水を汚染する可能性と地下水でつながっている五条村や草野市への悪影響を訴え始める。

<本文から>
市議会が独自の方針を打ち立てて行政を引っ張っていく態勢にもなっていない。問題点をつきとめて対策を立て行政に反映させるのは、あくまで議員個人の器量次第のところがある。

「ごみは五味 五種類の極悪ごみ・・・
第一は重金属です。・・・水銀、カドミウム、クロム、亜鉛など・・・
二番目の極悪ごみは有機塩素化合物で、ダイオキシン、DDT、PCB、フロン、その他の有機溶剤・・・
第三の極悪ごみはアスベスト・・・
第四 放射性廃棄物・・・その筆頭がプルトニウム・・・原子力発電所は巨大で恐ろしいごみになってしまう。・・・
第五 兵器・・・地雷、毒ガス弾・・・」

そして5つの対策があるという。
  1. 焼却は万能ではない。焼却による化学反応でダイオキシンなどの有害物質が発生する。灰にも水銀、砒素、鉛、カドミウムなどが濃縮される。有害物質が生じないような焼却の工夫と住民のチェックが重要。
  2. 有害物質への監視と規制が甘い。行政による許認可とその後のフォロー、チェック体制が重要なのだと。
  3. 生産者による製造物最終処理責任の明確化。ペットボトル、PC、家電製品など幅広い対応が重要。
  4. リサイクル促進。リサイクルが進むように課税と補助金をうまく組み合わせること。プラスティックトレイや新聞、雑誌などを対象とするリサイクル促進法の整備が重要。
  5. ゴミ処理情報の住民への開示。住民がゴミ処理問題を継続的に意識し、自分の問題としてチェックし、一緒に考えて行けるようにするには行政がゴミ処理情報を開示することが重要。

「ごみが大量に排出され出したのは欧米の尻馬に乗って日本が大量消費時代に突入してからのことです。ところが欧米では、大量消費と同時に廃棄物対策にも乗り出していました。日本だけが使い捨ての音頭に浮かれ、対策を忘れて今日に至っています。今こそごみ対策に面で欧米に追い付き追いこしていくべきです。」
山岡慎一

自然を守らないという消極的な積み重ねの悪もあるのだ。

(はぜ)並木 ”読めなかった・・・”

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空山(くうざん) meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる