入善町「墓ノ木自然公園キャンプ場」


「田園発 港行き自転車」宮本輝 の舞台となった入善町

黒部川の扇状地が日本海に続く

黒部川の水は扇状地を潤し、豊かな水田地帯をはぐくむ

墓ノ木自然公園
第一から第三キャンプ場まであり
雨上がりの中、第二キャンプ場に設営終了

雨上がりの中、第二キャンプ場に設営終了

三泊の予定に、タープも
次の日は、快晴でした
黒部川の支流沿いに広がるテントサイト





炊事場



広々としたフリーサイト、YouTubeでも紹介されていた無料キャンプ場です。

ロケーション良し、簡易トイレだけどきれいに清掃され、ゴミ収集までしてくれます。
雨の初日は閑散としていたけど、天気が良くなった次の日は、さすがGW、
それなりに混雑しました。

お風呂は、車で5分の「ふなみの湯ふれあい温泉」、入浴料\470です。
画像
2019.4.27(土)~4.30(火)










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

むさし嵐丸
2019年05月07日 21:12
やさしい気持ちになれる
縁(えにし)の物語「田園発港行き自転車」
海に向って自転車を走らせる少年が
目に浮かぶような景色ですね
思い描いてた
小説のイメージのままの風景
meruちゃん
2019年05月08日 07:49
むさし嵐丸様
このキャンプ場を発見した時は、「田園発港行き自転車」のことは
忘れていました。
黒部市、入善町、立山連峰の白い峰と、広大な扇状地、
きれいに区画された田、こんなところは心が洗われます。
そこに読んだ本のイメージが重なり、なおさらです。

この記事へのトラックバック