下越の山 粟ヶ岳/1~7合目



加茂 美人の湯から粟ヶ岳(登る意欲をそそられる


まずまずの天気 に登山口に向かいます。

登山者の駐車場はキャンプ場の下ですが、
山菜採りのオヤジさんからの情報で、
900m程奥に行った所に数台置けるそうです。

”往きはいいけど、帰りは900mでも億劫でしょ”

オヤジさんの助言です。


教えてもらった駐車スペース

少し戻って、加茂市水道貯水池2号のダムを渡る

下を見たら怖かった

登山届提出(しなかった

池の周りを少し歩く

6:14 一合目登山口


直登です

新緑の森


コイワカガミの群落

アップ


まだまだ山頂は見えないでしょう


6:30 二合目

こんな感じが続く

今日最初の梯子

6:53 三合目
画像
イワウチワ
画像
ショウジョウバカマ
画像
7:15 四合目


カタクリの群落

イワウチワ ロード


三条市方面、日本海が見えてるんだろうか


大栃平


守門岳か?


細い尾根道

スミレの一種?

7:32 五合目

山サクラ

ムシカリ(オオカメノキ)


池が見える所がキャンプ場


三段はしご

ぼちぼちと雪が出てきた

ロープを補助によじ登り


こんな高所にもカタクリ

8:01 六合目

山頂まで1,934m/1時間15分

下山してくる人がいます。
キャンプ場で留守だった人でしょう。七合目ヒュッテに泊まる、と
山菜採りのオヤジさんに言っていったそうです。

確認すると、その通り。
歩き始めると背中に、”ここから雪が多くなりますよ” の声。


さらに守門岳が大きく


ちょっと緊張

→水場

この上の小屋のこともあるし、水場の様子を見に行きます。

50m程歩くと、夏道が雪に覆われて踏跡もありませんね。
引き返しましょう。


雪山です

粟ヶ岳ヒュッテが見えて来た


8:36 七合目(写真撮らなかったんで・・・)


内部はきれいです

毛布と布団あり

ここの標高は1,049m、シュラフと毛布で十分過ごせたかな。

つぼ足でも行けるんでしょうが、
サクサク歩きたいし、じじいは臆病、軽アイゼンを装着します。
この先、慎重に歩きましょう。

下越の山 粟ヶ岳/7~10号目 に続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

むさし嵐丸
2019年05月15日 21:27
ざわざわした気持が
粟ヶ岳の残雪に、橅の新緑に、
カタクリの花に、イワカガミに、
鎮まります。

「つぼ足」ってなぁに?

meruちゃん
2019年05月16日 07:45
むさし嵐丸様
「つぼ足」とは、軟らかい雪の上を軽アイゼンなしで歩くことです。
登りではキックステップ、下りでは踵でステップ、
平らなとこでは、強く雪面を押して、
結果、ツボのような穴が出来ることから、
「つぼ足」と言い、登山用語です。

この記事へのトラックバック