蓮華岳〜針ノ木峠〜扇沢

2019.9.20(金)船窪小屋〜七倉岳〜北葛岳 から続く。

9:01 印が案内
P1100925_.jpg
印と鎖のルート
P1100927_.jpg
三点支持と、
P1100928.JPG
鎖と、
P1100929.JPG
足場を良く見て、
P1100930.JPG
よじ登ります
P1100931.JPG
9:16 岩場を登り切る
P1100932.JPG
この程度はまだ続く
P1100934.JPG
岩の壁
P1100936.JPG
ガレ場
P1100938.JPG
ザレ場
P1100939.JPG
ガレとザレのミックス
P1100940.JPG
回り込んで岩稜地帯は終わり?
P1100941.JPG
まだあります
P1100942.JPG
砂礫が多くなってきた
P1100943.JPG
蓮華岳に向かう道が見えて来た
P1100945.JPG
もう少しで難所も終了
P1100946.JPG
七倉岳~北葛岳、今日もずいぶんと遠くから来た
P1100947_.JPG
砂礫の登りが始まる
P1100949.JPG
ジグザグ、ザラザラ滑る
P1100955.JPG
緑とのコントラストがきれい
P1100957.JPG
登り切った
P1100959.JPG
右に行ったら三角点
P1100961.JPG
左を向いたら標柱
P1100962.JPG
山の上の散歩道
P1100966.JPG
10:43 蓮華岳(2,799m)
P1100963.JPG
天正12年に雪の佐良佐良越えをした佐々成政は、針ノ木峠を越えたという。
歴史にも関わる山だ。
この山から南は主稜線が複雑に屈曲し、風化、崩壊が激しい。
北葛岳、船窪岳、不動岳、南沢岳などを経て烏帽子岳へと続く。<YAMAKEIより>

山頂を後に先に進む
P1100967.JPG
若一王子神社の奥宮
P1100968.JPG
針ノ木峠から蓮華岳往復の人かな?すれ違う人が多い。

”船窪からですか”?

今日扇沢から上がって来たという男性と立ち話が始まります。
男性曰く、”十分下りられる時間ですよ”

明日まだ歩くのなら小屋泊りですが、元々雨の中縦走する気はなく、
それなら無駄に小屋に泊まる必要ない。

”よし下山しよう”

立山連峰
P1100969_.JPG
砂礫の道を針ノ木小屋に急ぐ
P1100975.JPG
紅葉が始まっている
P1100977.JPG
赤がいい
P1100976.JPG
後立山連峰南部
P1100973_.JPG
後立山連峰北部(やっぱり鹿島槍はカッコイイ
P1100981_.jpg
もうあんなに下って来た
P1100982.JPG
針ノ木岳、かっこいい
P1100984.JPG
雨の中下りずに済んでホッ
P1100985.JPG
針ノ木小屋まで急降下
P1100987.JPG
11:38 針ノ木小屋
P1100988.JPG
ここからも五色ヶ原に行ける
P1100992.JPG
小屋奥へ行ってみます
P1100991.JPG
テント場、10張程度かな
P1100989.JPG
正午近くになって、下山前に食事をします。
船窪小屋でお湯を入れておいた五目ごはんに牛そぼろ煮を足す。
明日も天気良ければ、針ノ木岳往復して小屋泊りなんだけどね。

ご飯を食べながら眺望を楽しむ
P1100995_.JPG
↑北↓南
P1100997.JPG
→(1.5k/1:00)蓮華岳→(2.0k/3:00)北葛岳→(1.5k/2:00)船窪小屋
P1100997_.JPG
←西→東
P1100998.JPG
→(3.0k/2:00)大沢小屋→(1.5k/1:00)扇沢
P1100998_.JPG
標柱のすぐ先に下山ルート
P1100999.JPG
ほぼ同時にスタートしちゃった
P1110001.JPG
ジグザグ急降下が終わって
P1110002.JPG
最終水場(もちろん登りの)
P1110005.JPG
見上げれば、種池山荘~針ノ木岳の稜線(次の機会に
P1110007.JPG
レンゲ沢
P1110008.JPG
何度か渡渉
P1110009.JPG
雪渓は歩けません
P1110011.JPG
これじゃ~ね
P1110014.JPG
岩の下りに苦戦
P1110015.JPG
手作りの橋です
P1110016.JPG
ここも
P1110020.JPG
爺ヶ岳が見えた
P1110018_.JPG
なかなか樹林帯に入らない
P1110021.JPG
森の中に入れば大沢小屋が近い
P1110022.JPG
大沢小屋の本年の営業は終了しました
P1110023.JPG
百瀬慎太郎レリーフ
P1110024.JPG
「山を想えば人恋し。人を想えば山恋し」-。
歌人であり登山家の百瀬慎太郎が詠んだ句です。
北アルプスはレリーフが多いですね。

割と急流
P1110025.JPG
みんなで木を積んだ?
P1110026.JPG
苔生したところは湧き水
P1110028.JPG
やっぱり
P1110027.JPG
前方が開ける
P1110030.JPG
15:04 針ノ木登山道入口
P1110031.JPG
何度か車道を横切って
P1110032.JPG
15:22 扇沢駅前に出て来ました
P1110033.JPG
バスの時間は15:30の記憶があって、乗車券を急いで買いましたが、
15:30は長野行、信濃大町駅行は16:10でした。
まあでも結果オーライ、1時間まで待つこともないし今日の宿を考えます。

信濃大町駅に着くと、以前泊ったことのある「竹乃家」に行ってみます。
”予約してありませんが・・・”
入口で確認すると空きがあるとのこと、それも格安料金の設定で。

一日早く下山しちゃったけど、素晴らしい景色に大満足。
ご褒美に駅近の小料理屋で祝杯です。

1日目『七倉尾根で船窪小屋へ』は、こちら
2日目前半『船窪小屋〜七倉岳〜北葛岳』は、こちら






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

むさし嵐丸
2019年10月06日 15:26
キャプション「赤がいい」は、
うらしまつつじ
葉の裏側のたくさんの網目が
裏縞ということらしい!
青空と真っ白な砂れきと緑のハイマツ
最高!
meruちゃん
2019年10月06日 17:26
いつも教えていただき、ありがとうございます。

今夏は体幹を鍛え直して、3回程の縦走をやりましたが、
そのダメージか、腰が・・・?です。
歳はとりたくないですね。(笑)

>むさし嵐丸さん
>
>キャプション「赤がいい」は、
>うらしまつつじ
>葉の裏側のたくさんの網目が
>裏縞ということらしい!
>青空と真っ白な砂れきと緑のハイマツ
>最高!