北八ヶ岳/天狗岳


画像

たいした事をやってないのに、何故か左足脹脛を痛めてしまって、
先週は、予定していた山行も実行出来ず、やっと癒えた足で出掛けます。

向かうは、北八ヶ岳。ピークハントは天狗岳の予定です。
コースタイムが8時間50分だから、久々の山行としては丁度いいかな。

佐久ICを降りると、南下。小海、松原湖を抜けて、
6:10 稲子湯手前の駐車場に到着します。

画像
思ったより車が多かった、唐沢橋駐車場
画像
6:34 ゲート(登山届ポストあり)
画像
唐沢橋を渡る。

画像
すぐ登山道へ(みどり池←2.2km)
画像
左にまた登山道へ(みどり池←1.5km)
画像
みどり池←0.3km
画像
しらびそ小屋 テント場入口
画像
7:32 しらびそ小屋です。

画像
みどり池しらびそ小屋(標高2,097m)
画像
北八ヶ岳の小屋は、雰囲気いいね。

画像
みどり池と輝く稜線

画像
本沢温泉← →中山峠方向へ
画像
みどり池←40分→中山峠
画像
標高差400mを登り、最後に鎖場を上がると中山峠

画像
中山峠(標高2,410m)
画像
夏沢峠・天狗岳← →にゅう・白駒池
画像
見えた、天狗岳
画像
歩きづらい岩場が続く。

画像
左:東天狗岳 右:西天狗岳

画像
今年最後の夏日に、夏山の雲海

画像
奥の円錐は蓼科山、樹林帯にスリバチ池、黒百合ヒュッテかな?

画像
岩稜帯を乗り越えて、
画像
見えた、東天狗岳山頂
画像
東天狗岳(2,640m)とうちゃこ!



画像
お隣の西天狗岳

岩稜の山頂に、結構な人出です。
確か、西天狗岳山頂の方が広いはずなので、ランチは向こうで取りましょう。

画像
一度下って、やっとこさ山頂直下
画像
人も少ないし、こちらは広そう。
画像
西天狗岳(2,646m)とうちゃこ!

画像
中央の平らな山が硫黄岳→赤岳→中岳→阿弥陀岳の南八ヶ岳の峰々

画像
中央奥は、御岳山

画像
こちらは、穂高岳→大キレット→槍ヶ岳

画像
高見石小屋と硫黄岳

画像
お隣の東天狗岳は人が一杯!



ランチを済ますと、東天狗岳に戻ります。
帰りのルートは、東天狗岳→根石山荘手前から白砂新道→本沢温泉→みどり池。
ピークハントを終え、今日のルートの峠は越えました。

画像
山頂直下に鎖
画像
東天狗岳から鞍部に下る。
画像
白砂新道入口

分岐から急降下で下って行き、樹林帯に入ると、なだらかな道が続きます。
何となく硫黄臭がしてくると、本沢温泉の屋根が見えて来ました。

画像
←夏沢峠・硫黄岳 ↑天狗岳 本沢温泉→
画像
本沢温泉
画像
日本最高所 野天風呂(標高2,150m)

ただ今の時刻11:48。
日本最高所の野天風呂に入って行く時間は十分あるけど、
下山しても、温泉に寄って行かない事が多い自分は、
写真を撮ると、さっさと通過する。

せっかち? 疲れてる? 渋滞に巻き込まれたくない...。

画像
本沢温泉テント場を通過
画像
ここを上がって、みどり池へ
画像
初夏には水芭蕉が咲くのかな?

みどり池に到着すると、しらびそ小屋前のベンチには人が一杯。
こんな時間に下山して来たのを見たみんなの怪訝そうな視線を感じながら、
さっさと通過します。

”みんな今宵はしらびそ小屋泊りなのかな?”
お昼を過ぎてますが、登って来る人が多いですね。

割と大柄の女性と目が合うと、”小屋まで半分来てますか?”

疲れ切った表情で、聞かれます。

”あと1/3もないと思いますよ。”

稲子湯の登山口からでも3kmはないはず。

”日頃、体を動かしてないんだろうな。”

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

林道に出ると、駐車場まではあとわずか。
予定通り14時前に到着しそうです。
北八ヶ岳、長雨の後の好天と、土曜日で人が多かったのかな。

それなりに足に、腰に、ダメージはあるけど、経験からこんな痛みは数日で回復するはず。
来週はシルバーウィーク。
好天を期待して、次の山行を考えよう。

2015.9.12(土)
みどり池登山口6:34-みどり池(しらびそ小屋)-中山峠-東天狗岳-西天狗岳-東天狗岳
-(白砂新道)-本沢温泉-みどり池-13:54みどり池登山口


"北八ヶ岳/天狗岳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント