テーマ:雑記

あなたへ

『あなたへ』森沢明夫 人は、いつも 伝えきれない 想いを重ねて、 一期一会の旅を 続けている。 妻の故郷への旅。多くの人々との出会い。 そこには妻の本当の願いがありました。 北陸のある刑務所の指導技官・倉島英二のもとに、ある日、亡き妻・洋子が残した2枚の絵手紙が届く。そこには、一羽のスズメの絵とともに“故郷の海を…

続きを読むread more

季節風*冬 サンタ・エクスプレス

『季節風*冬 サンタ・エクスプレス』重松 清 『あっつあつの、ほっくほく』「味が足りなかったら、塩、ご自由にぃ」 バスケ部キャプテンの女子高生。厳しいメニューを組んで、部で孤立してしまう。長じて第三営業部のゼネラルマネージャー。創業以来初めての女性部長で社内の風当たりも強い。 『コーヒーもう一杯』「あのとき、わたしは遠い未来に…

続きを読むread more

季節風*秋 少しだけ欠けた月

『季節風*秋 少しだけ欠けた月』重松 清 『オニババと三人の盗賊』「見張りがいちばんタチが悪いんだよ」 九月になるとすぐ花火のワゴンセールをする、二丁目の城北小学校近くにある馬場文具店のおっかなくて、せっかちな店番のおばあさん。 『サンマの煙』「ママはその頃、すごく嫌な子だったんだよ」 小学四年生のとき、父親の左遷で引っ越し…

続きを読むread more

逆転力

『逆転力』丸山桂里奈 サッカーの第6回女子ワールドカップドイツ大会でとんでもないゴールを決めながら、ロンドンオリンピックのアジア最終予選で全治6か月の大ケガを負った著者は、崖っぷちに立たされながらも今の自分の状況を前向きに捉え、「これ以上ないくらい悪いことのあとは、もう絶対にいいことしか起きない」と信じています。自らの経験から導いた「…

続きを読むread more

2020年 上半期燃費記録

スバルXV 2.0i-S Eyesight給油日走行距離[km]給油量[L]満タン法燃費[km/L]MFD平均燃費[km/L] 2/04   553.5   52.8010.4811.3 2/13   285.7   28.2310.1211.0 2/23   365.7   23.8515.3316.0 3/24   775.0   …

続きを読むread more

アロハで漁師、はじめました

『アロハで漁師、はじめました』近藤廉太郎 獣害に苦しむ近隣農家に乞われ始めた猟師生活。野蛮で暴力的だと思っていたその世界は、この社会から“ばっくれて生きる”ための知恵がたくさん詰まっていた。鴨を追いかけ、鹿を捌き、猪と格闘して掴んだ資本主義のカラクリ、生と死の手触り、五感の回復・・・これからの「世界」と「生きること」をワイルド・サイド…

続きを読むread more

季節風*夏 僕たちのミシシッピ・リバー

『季節風*夏 僕たちのミシシッピ・リバー』重松 清 『親知らず』「どうしたん、一年生で泣いとったら、おかしいなあ〜」 故郷での母の葬儀のあと、激しく痛みはじめた親知らず。妻よりも付き合いの長い歯の痛みに耐えかね、町の歯医者を訪れた40代後半の課長 『あじさい、揺れて』「あのな、こういうアイスのいちばんうまい食い方って、知ってる…

続きを読むread more

車をいじる/環境ステッカーを剥がす

環境ステッカードライブレコーダを取り付けて、 ステッカーを貼ろうと思ったけれども適当な場所がない。 う〜ん、環境ステッカーが邪魔 貼っておく必要ないし、 ステッカー自体なくても問題ないので 剥がすことにします。百均には何でもある{%ビックリ(チカチカ)h…

続きを読むread more

赤い砂を蹴る

『赤い砂を蹴る』石原 燃 社会派作品で評価の高い、 劇作家・石原燃の小説デビュー作にして、 第163回 芥川賞候補の注目作! 「お母さん、聞こえる? 私は、生きていくよ。」 画家の母・恭子を亡くした千夏は、 母の友人・芽衣子とふたり、ブラジルへ旅に出る。 芽衣子もまた、アルコール依存の夫・雅尚を亡くした直後のことだ…

続きを読むread more

車をいじる/ドライブレコーダー取り付け

ユピテル 前後2カメラ ドライブレコーダー WDT500 ・電源直結モデル ・前方200万画素 後方100万画素 ノイズ対策済 ・LED信号対応 専用microSD(16GB)付 ・1年保証 GPS Gセンサー 駐車監視機能 ・電源取り出し個所を決める 電源はヒューズから取ります。どこのヒューズからとるか? 電圧を確認し…

続きを読むread more

季節風*春 ツバメ記念日

『季節風*春 ツバメ記念日』重松 清 『めぐりびな』 娘が生まれて新しいお雛様が旦那さんの両親から贈られる。 新しいお雛様を飾るから 今までのお雛様を「めぐりびな」として供養して処分することに。 しかし 今までのお雛様は 特別で・・ 処分することがためらわれた。 そのわけとは? 『球春』 地元から出たプロ野球選…

続きを読むread more

アーモンド

2020年本屋大賞 翻訳小説部門 第1位 『アーモンド』著者:ソン・ウォンピョン 訳者:矢島暁子 “感情”がわからない少年が、愛によって生まれ変わるまで―― 扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖といった感情をうまく感じることができない十六歳の高校生、ユンジェ。祖母は彼を「かわいい怪物」と呼んだ。そんな彼は、十…

続きを読むread more

希望の峰 マカル―西壁

『希望の峰 マカル―西壁』笹本稜平余命僅かな登山の師の想いを胸に、単独登攀でヒマラヤ最難関・標高8000m超の氷壁に挑む!圧巻の山岳小説「ソロ」シリーズ完結! ローツェ南壁とK2の冬季単独初登頂を果たした奈良原和志は、いよいよヒマラヤ最大の難関・マカルー西壁の冬季ソロ登攀に狙いを定める。だが情報収集のため現地に赴いた和志は、眼前の山容…

続きを読むread more

次世代に責任を持つこと

 新型コロナ対策を分析・検証する新しい会議の委員長に、福島原発の国会事故調査委員会(国会事故調)で報告を取りまとめた黒川清氏が就任した。  黒川氏は、原発事故から得た教訓として、日本の組織文化には①不透明な意思決定プロセス②国際社会からの孤立と独善③高い組織への忠誠心と組織防衛的対応④コンセンサスの重視と脆弱なリーダーシップ⑤説明責任…

続きを読むread more

車をいじる/フロントバンパーガードを修正

フロントバンパーガード取り付け記事は、こちら 車を見る度に気になっていたバンパーガードの隙間。 意を決して、修正することとします。 酷暑の中、ヤスリがけ、バンパーガードが浮く原因となりそうな突起物のカットなど、 現物と合…

続きを読むread more

缶をリメイク

炒ったピーナッツを入れていた缶をリメイク✂ フェイクレザー とパラコードで パラコードの繋ぎが今一つの出来😞 これが一番の出来でした😃

続きを読むread more

おいしくて泣くとき

『おいしくて泣くとき』森沢明夫 貧困家庭の子どもたちに無料で「こども飯」を提供する『大衆食堂かざま』。 その店のオーナーの息子、中学生の心也は、「こども飯」を食べにくる幼馴染の夕花が気になっていた。 7月のある日、心也と夕花は面倒な学級新聞の編集委員を押し付けられたことから距離が近づき、そして、ある事件に巻き込まれ・・・。 遠い…

続きを読むread more

いのちの停車場

『いのちの停車場』南 杏子 東京の救急救命センターで働いていた、62歳の医師・白石咲和子は、あることの責任をとって退職し、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療の医師になる。これまで「命を助ける」現場で戦ってきた咲和子にとって、「命を送る」現場は戸惑う事ばかり。咲和子はスタッフたちに支えられ、老老介護、半身麻痺のIT社長、6歳の…

続きを読むread more

キャンプ用ローテーブル改良

テーブルを移動しようと持ち上げると、 ふにゃら もちろんテーブルの上に物があれば落ちちゃう。そこで棒を補強用に😃差し込んで、ふにゃらとならないようにジャバラの板に穴を開ける(もちろん正確な位置に)真ん中の板には抜け防止のゴムブッシュを装着 …

続きを読むread more

車をいじる/フロントバンパーガード

フォグランプカバーを交換したら、何となくフロントが寂しい。 バンパーガードを付けようかな。 北米スバル用Advance用比較すると、 フロントバンパーガード価格取り付けデザイン 北米スバル用 およそ2.5万円 ポン付け可能 ごっつい Advance用 およそ1万円 加工が必要…

続きを読むread more

日本百名山 二周目/九州の山

九州の山6座、記事を修正しました。 ・日本百名山 二周目/北海道の山は、こちら・日本百名山 二周目/東北の山は、こちら・日本百名山 二周目/北関東、尾瀬、上州、日光、足尾、上信越の山は、こちら・日本百名山 二周目/北アルプスは、こちら・日本百名山 二周目/奥秩父、南関東、その周辺の山は、こちら・日本百名山 二周…

続きを読むread more

ふるさと納税判決に思う

 先月、ふるさと納税の新制度から大阪泉佐野市を除外した総務相の決定を、最高裁は違法と断じた。◇ ◇ ◇ ◇ ◇  要するに、過度な返礼品提供を理由に制度への参加を拒むのならば、きちんと法令で定めておけ、と言うことである。法的判断としては妥当と考えるが、二点指摘したい。    第一に、かって総務省自治税務局長が返礼品競争の過熱化を予…

続きを読むread more

少年と犬

第163回直木賞受賞作『少年と犬』馳 星周 家族のために犯罪に手を染めた男。拾った犬は男の守り神になったー男と犬。仲間割れを起こした窃盗団の男は、守り神の犬を連れて故国を目指すー泥棒と犬。壊れかけた夫婦は、その犬をそれぞれ別の名前で呼んでいたー夫婦と犬。体を売って男に貢ぐ女。どん底の人生で女に温もりを与えたのは犬だったー娼婦と犬。老猟…

続きを読むread more

コロナとの闘い終わらず

 多くの専門家が危惧した通り、緊急事態宣言の解除後、新型コロナ感染者数は再び増加している。すでに宣言発出当時を上回る数字なのに、政府も東京都も動こうとしない。というより「もう緊急事態宣言は出さない」と決めてかかっているようだ。  諸外国は皆、科学的知見とデータに基づいた客観的指標を公開し、それに基づく専門家の判断を踏まえて政策決定して…

続きを読むread more

日本百名山 二周目/北陸、近畿、中国、四国の山

北陸、近畿、中国、四国の山8座、記事を修正しました。 ・日本百名山 二周目/北海道の山は、こちら・日本百名山 二周目/東北の山は、こちら・日本百名山 二周目/北関東、尾瀬、上州、日光、足尾、上信越の山は、こちら・日本百名山 二周目/北アルプスは、こちら・日本百名山 二周目/奥秩父、南関東、その周辺の山は、こちら…

続きを読むread more

また明日

『また明日』群ようこ 平凡なサラリーマン家庭に育った、ヤヨイ。いいところのお嬢様、ユリコ。体が大きく、心も広く優しい、マスコ。お調子者でおっちょこちょいな大工の息子、カツオ。ヤヨイの隣家の息子、タカオ。同じ小学校で学んだ5人は、大人になりそれぞれの道を歩んで一度はバラバラになったが、還暦近くなって再会した。会わない間に、それぞれ大…

続きを読むread more