meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 小熊山トレッキング

<<   作成日時 : 2016/05/06 19:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


画像
白馬村から白馬三山(中央から左に白馬岳-杓子岳-白馬鎗ヶ岳)

画像
武田菱の五竜岳

予報通り晴天が広がります。
雪をまとった白馬連山の稜線を見て、
今日歩くルートから見えるだろう展望に期待します。

白馬周辺は、尾根上に出るゴンドラはまだ営業してないため、
予定通り、低山でも展望の良い仁科三湖の西側を歩きます。
スタートは木崎湖から。小熊山までのピストンになるか、周回になるか、
まずは駐車場のある木崎湖キャンプ場に向かいましょう。

画像
キャンプ場のお兄さんが案内してくれました。
画像
木崎湖キャンプ場入口

画像
駐車料金は無料です。

画像
キャンプ場のすぐ先に小熊山トレッキングコース入口
画像
今日のルート(キャンプ場-小熊山-猿ヶ城跡-風穴-上諏訪神社)

当初、大糸線の簗場、または信濃木崎駅周辺に車を置いて、縦走する事を考えていましたが
出発が遅れて始発に間に合わず、案内図を見て木崎湖南側から登り尾根歩き、
木崎湖北側に降りる周回コースに決めました。
舗装路歩きが多いですが、尾根上では後立山連峰南部の山が見えるはずです。

画像
早速の林道歩き
画像
茎が太いけど、ゼンマイ?
画像
小熊山ですから、熊も出ます。

画像
林道のカーブから見えた木崎湖

画像
林道がやっと終わりそう。
画像
小熊山は直登?!急なのぼりのようです。
画像
いきなり急な階段

画像
急登が始まると、”一寸と一服” !?

画像
山座同定が出来ないけど、後立山ではないね。

画像
急登!
画像
また急登、手強し!小熊山
画像
コブシの花

画像
小熊山山頂でしょう。
画像
小熊山山頂(1,302.6m)とうちゃこ!

画像
林間に後立山連峰の爺ヶ岳と鹿島鑓ケ岳が見え隠れする。

画像
ルンルン
画像
また林道に出た!

『北アルプスの展望地』という場所はここかな?
樹林帯の中で見え隠れしたいた山が、ここに来てやっと全容を現します。

画像
爺ヶ岳の南峰と北峰

画像
双耳峰の鹿島槍ヶ岳

以前歩いた稜線が後に確認出来るのは、いいものですね。
双耳峰の鹿島槍ヶ岳、ここから見てもかっこいい。
南峰、北峰のある爺ヶ岳もかっこいい。

画像
コブシ
画像
ハングライダー発着場

先ほど、お腹が空いて樹林帯のベンチでランチをしたのに、
こんな開けた場所があるならちょっと待てば良かった。

画像
飛び立つ斜面から木崎湖

画像
黒沢高原には行かず、海ノ口に下ります。
画像
猿ヶ城烽火台

画像
奥から青木湖、中綱湖

途中分岐でちょっと迷うも、慎重に分岐を辿ります。
集落が近くなって、林道に出ると一安心。
ゴールが見えてきたかな。

画像
史跡 猿ヶ城跡
画像
ハルリンドウ
画像
330m←猿ヶ城跡・海の口→2.8km

木崎湖の北端に下りて、西側を駐車場に向かいます。

画像
ここも芝桜が満開
画像
この道は、・だそうです。
画像
見事なシャクナゲに横道に入る。

塩の道はバスも走っているようです。
バス停で時刻表を見て、駐車場近くまで乗ることは出来そうですが、
あと2kmもないので、のんびりと里の風景を楽しみながら歩きます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

木崎湖キャンプ場は、GWでもあり盛況です。
駐車券を受付に返しすと、湖畔のテントサイトを観察します。

”うん、ここも悪くない!”

トレッキングコースなので楽勝と思っていましたが、手強し!小熊山。
体調が今一つだったせいもありますが、それなりにきつかったです。

2016.04.30(土)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小熊山トレッキング meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる