meruちゃんのひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS 白駒池の紅葉

<<   作成日時 : 2016/10/13 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


画像

紅葉の季節ですね。

赤や黄色、どこかのお山に行きたいのですが、
怪我が癒えてないので、登らない「散策」出来る場所を選択します。

佐久ICを降りて、麦草峠の標識を右折すると、
「白駒池周辺渋滞」の表示。

”えっ、嘘でしょ!”

すいているとは思ってなかったけど、”前日の表示をリセットしてないんでしょ。”

そんな思いを肯定するように、前も後ろも車は走ってない。

おっと、白駒池の駐車場直前で車列の後ろに到着です。

画像
満車の白駒池駐車場(散策後)
画像
駐車場から白駒池入口

交通整理をしているお兄さんに聞くと、

”駐車場は満車なので、いつ入場出来るか分かりません。”

今駐車してる車の持ち主が散策を終える時間を考えると、
2時間程度は待つでしょう。

”そりゃ、待ってられないよ。”

Uターンして、道路脇の適当な場所を見つけると、
3kmほど駐車場から離れたよ。

3kmなら、待つより歩くほうがいいです。

画像
1kmほど歩いて、信濃路自然歩道に入ります。
画像
北八ヶ岳特有の苔むした森
画像
だそうです。
画像
20分ほど歩いて東屋に。
画像
池を周回するため左折(直進は駐車場)
画像
苔むした森は、みんな「もののけの森」

画像
湖畔に出て来ました。ボートも浮かべられるよ。

画像
紅葉は寂しいけど、水の青さがいい。

画像
高見石分岐は見送り周回道路を進むと、
画像
白駒荘かな?
画像
当たり!

画像
神秘的ですね。

画像
青空に映える赤

画像
駐車場が近くなって、観光客が多い。
画像
高見石小屋まで45分

これで駐車場に行ったら、今日はこれで終わっちゃうよ。
高見石方向は、なだらかに上っている感じに、転ぶことはないでしょ。
行ってみることにします。

画像
ね、なだらかでしょ。
画像
ちょっとぬかるみはあったけど、無事小屋に到着です。

画像
高見石小屋
画像
今回は登るのを止めました。高見石

お腹もすいて来て、ここでランチとしましょう。

結構人が多いですね。

高見石に登って、北八ヶ岳の森を見たいけど、
バランスを崩しても左手をつけないから、ここは我慢。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ゴツゴツした岩の道を注意深く歩きます。
平坦な散歩道を予定していたのに、結局悪路を歩くことになって、
片手しか使えない不便さが堪えます。

画像
いろんな森があるね。
画像
周回して通過した分岐に戻って来ました。

画像
2周目の周回道路でまた白駒荘
画像
美味しそうなカレーでしょ。

小屋の入り口から出て来るお姉さんが持っているお皿。
ちょっと珍しげなカレー。
テーブルに置いたお皿をずうずうしく写真を撮らせてもらいます。

結構、おじさんの会話は好印象らしい。
大抵、女性は笑顔で対応してくれるよ。

画像
中央の木が邪魔だけど、赤い実は秋の風情

画像静寂

画像
黄色い葉は光に透かします。
画像
ポツリと、静かな水面に浮かぶボート

画像
青苔荘
画像
隣接のキャンプ場

駐車場に向かう道は、石が敷かれ歩き易い。
ロープで踏み入ることの出来ない森は奥秩父に比べ、今ひとつ原生林っぽさがない。

駐車場からすぐの森と、稜線を何時間も歩いていく森では違って当たり前か。

画像
苔、苔の森
画像
木の幹に群生するカギカモジゴケ

画像
カギカモジゴケ

カメラのファインダーを覗く人の先には、
スポットライトの光に水玉を抱えた苔の群生。

確かにこの雰囲気は「もののけの森」ですね。
でも人が多いせいか、妖精は現れそうもない。
画像
アップ!

画像
今日の歩いたルート @→A→B・・・I→J

2014年7月、麦草峠から北横岳を周回した山行以来、訪れた北八ヶ岳は、
苔の森と満面に清水をたたえた池が神秘的な癒しの空間でした。

2016.10.10(月)白駒池周回〜高見石小屋




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
白駒池の紅葉 meruちゃんのひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる