霊峰白山

9/19(土)石川県の白山に登ってきました。シルバーウィークはどこへ行こうかと直前まで迷っていましたが、前日の仕事を午後休みとし車を走らせることにしました。上信越、北陸道をひた走り呉羽PAで車中泊です。

9/19は朝4時に出発、メジャーな登山口の別当出合を目指します。金沢西ICを下りて途中給油、市ノ瀬の駐車場には6時頃着きました。白山は週末マイカー規制が行われており、ここからバスで登山口である別当出合まで行きます。テントも用意してきましたが、今回はピストンで日帰りとします。
6:40別当出合を出発です。
画像

ルートは砂防新道コースと観光新道コースがあり、今回はこの吊橋を渡って砂防新道コースを登ります。
画像

登山道は霊峰故でしょうか、整備され歩きやすいのですが、人の手が入りすぎている感じです。整備のご苦労は分かるのですが...
画像

非常電話まで設置してあったのには、びっくりしました。
画像

歩くこと1時間、視界が開けてきました。
画像

避難小屋に到着です。内部を見るとあまり泊まりたくない感じですが、冬季には貴重な場所になります。
画像

画像

登山道は危険なところもなく、急登もありません。ザックが軽いこともあって心肺のきつさもそれ程感じず、先行した登山者をパスしていきます。
画像

画像

8:50黒ボコ岩に到着しました。
画像

画像

少し歩くと、弥陀ヶ原です。広々として気持ちがいい場所ですが、風が強くなってきてTシャツでは寒くなり長袖を着込みました。
画像

画像

ここでアクシデント。ザックから一眼レフカメラを取り出し撮影していたら2枚撮ってシャッターが切れません。”メディアが一杯??”。なんとバッテリー残量がゼロです。いつもは確認してるし、予備も持ってくるのですが、今回は思い立って急に出てきたせいもあって忘れました。コンデジもバッテリー残量が一目盛減っているので、無制限に写真を撮れません。それよりも一眼でこの風景を残せないのが残念です。”あ~あ~!”

9:30室堂に到着。室堂という地名は黒部アルペンルートにもありますが、山に関係した地名なのでしょうか。
画像

さあ、頂上はわずかです。やはりここからも石が敷き詰めてある道を登ります。
10:05山頂到着。独立峰からでしょうか、風が強い。
画像

画像

画像

下を見ると、池と室堂の宿舎が見えます。
画像

画像

まだ時間も早いので、下に降りて池を巡ることにしました。降り口までわずか50m程ですが、風が強く、吹き飛ばされそうです。下に行くと風もおさまり、池の淵で寝転んでいる登山者もいます。
画像

画像

1時間程で室堂に戻ってきました。水を補給し下山です。今日の宿泊は300人の予定だそうです。本当かな??
黒ボコ岩からは登りと別ルートで観光新道コースで降ります。若干距離が長いようですが、同じコースだとつまらないですよね。

このルートは登りの砂防新道コースに比べ石が敷き詰めてあることはありませんが、歩き易いことには変わりません。12:31殿ケ池避難小屋を通過、14:05別当出合に到着しました。
コースタイムは9時間程のようなので、ピストンはきついかな、と思いましたが、今回も杞憂に終わりました。
白山は弥陀ヶ原のような草原あり、池あり、といい山だと思います。腰に不安があったのでテントは止めましたが、南竜ケ馬場でテントも良かったかな、とちょっと後悔です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック