鹿島槍ヶ岳/その1

画像
今夏、やっと会心の山行ができました。
最高の天気に恵まれ、見たかった山脈の連なりと鹿島槍ヶ岳の双耳峰が青空に映えます。

9/3金曜日午後、仕事を休み黒部アルペンルートの扇沢に向かいます。
雲が多く、扇沢ではちょっと小雨が降ってきましたが、
明日の予報は晴天、今度こそと期待します。
朝4時、満天の星です。
”よ~し!!”

5時過ぎ、駐車場を出発します。
扇沢の第一駐車場から歩いて数分、柏原新道の登山口に向かいます。

柏原新道登山口
画像
柏原新道は歩き易い、と評判の登山道です。
”どんな道なんだろう

少し雲がかかってきましたが、
気が付くと青空に稜線が見えます。
よく整備された道です
画像

蓮華岳~針ノ岳の稜線
画像
種池山荘が見えます
画像
本当に歩き易いですね。ご丁寧にいろいろな案内板があります。

画像画像画像
画像画像画像
画像画像画像
急登の階段を上がり
画像
もう少しで種池山荘に到着です
画像
思ったより小さい種池
画像

ここまで2時間強
テントを入れたザックでもいつもペースです。
ベンチに座ってパンを口に放り込み、
そうそうに東に進路をとります。
山荘から爺ケ岳南峰
画像
爺ケ岳南峰への登り
画像

登り切ると爺ヶ岳南峰山頂の分岐がありましたが、
何となく通過してしまい、さらに進むと
今度は爺ヶ岳中峰の分岐の標識が。

爺ヶ岳は北峰、中峰、南峰から成り、
中峰が一番高い山頂です。
中峰山頂に向かいます
画像
分岐から僅かで山頂です。最高の天気で360度の絶景です。
気持ちイイ~

剱岳
画像
遠景に槍ヶ岳
画像
歩いてきた爺ヶ岳南峰の稜線
画像
中峰
画像

中峰を僅かに下り、爺ヶ岳北峰に向かいます。
道なりに歩いても北峰山頂の登り口はありません。
”そんなもんか

地図を確認することもなく、下って行くと分岐の標識が。
赤岩尾根の分岐です。

赤岩尾根は鹿島槍ヶ岳に登る最短のルートですが、
勾配がきつく、危険なところもあります。
きっとそれ程のことはないのでしょうが、
圧倒的に柏原新道を使う登山者が多いです。
赤岩尾根分岐
画像

すぐ先に冷池山荘が確認できます。
冷乗越をさらに下り、登り返すと山荘に到着です。
冷池山荘
画像
今日は、ここにテントを張ります。
受付をするため小屋の中に入り、幕営代\500を払います。
”カレーライスは何時まで食べられますか?”
”3時までです。”

お姉ちゃんが答えます。

”宿泊しなくても夕食を食べられますか?”
”はい、\2,200です”

実は、前日コンロなどを入れたポーチを忘れたのに気が付きました。
自宅に電話すると、奥様が、”お父さん、何で置いていったの? 帰ってきたら?” と言います。
”ありゃあ~” 

小屋で食事はできるでしょうし、コッヘルなど置いていけるので、ザックも軽くなります。
これが理由で登らない訳にはいきません。
こんな経緯がありました。

”\2,200か、どうしようかな? 小屋で一度も食べたことないし”

結局テントと食事で、\2,700を支払いました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ここから、7、8分ほど上がった稜線上のテント場に向かいます。9:50 テント場に到着です。
テント場はわずかですがどこも傾斜しており、平らな所をを探すのが一苦労です。
まだ時間も早いこともあって3張りです。

ガラガラのサイト
画像
テント設営終了
画像
10時15分、予定だと明日鹿島槍ヶ岳を登るつもりでしたが、まだ時間が早い。
山荘の案内だと山頂まで2時間30分だそうです。
往復5時間で戻って3時、今日登れば明日の予定が楽になります。
幸い雲が湧いてくる気配がありません。
”よし、行こう!!”

サブザックにカメラと雨具、水、食料を入れて出発です。

鹿島槍ヶ岳/ その2 に続く。

2010.9.4(金)
柏原新道登山口5:23-2時間23分(3時間50分)-7:46種池山荘7:55-1時間42分(2時間10分)-9:36冷池山荘
休憩を含む。カッコ内は標準タイム








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック