山梨県200名山 乾徳山

画像

今年のGWは早くから予定をたてていましたが、
行き先の霧島連山の新燃岳の噴火、
震災による夏期振替出勤、
何よりも遠征するほどのモチベーションが上がらず、
近場の山に登ることにします。

選んだのは、気になっていた乾徳山。
山頂は岩峰で、ちょっと鎖場に苦戦が予想される山です。

行程は4、5時間でしょうが、GWの渋滞を避けるべく
4時には出発しました。
勝沼ICで降りて、雁坂道を北上します。
途中コンビニで食料を調達して、目的の徳和公園駐車場には6時前に着きました。

画像
徳和公園駐車場

準備をして、6:15出発、駐車場から徳和川沿いの舗装路をゆるやかに上っていきます。

画像

画像

画像
乾徳神社

舗装路から山道に入っていきます。
"6時間??"
案内板の時間表示に疑問を感じます。

画像

画像

画像

画像

薄暗い道をゆっくり歩いていくと、登山口の標識があり、
前方に今日初めての登山者です。

画像

結構急坂が続きます。途中林道を横切ったりしながら、7、8人の先行者を追い抜きました。

画像

画像
銀晶水の広場

画像
水量はまずます

前方が開けてきて、国師ヶ原に到着です。

画像

画像
国師ヶ原

画像
右に進むと鎖場経由山頂

画像

カヤトの稜線に向かい、草原の中を見晴らしの良い道を進むと、気が付くと背後には富士山が確認できます。

画像

汗が出てきた体に風の涼しさが、気持ちよく感じる草原を進むと、前方に乾徳山の山頂が見えます。
"岩は見えないなあ~。"

画像
月見岩

画像
かすかに富士山

画像
乾徳山

標識を見ると、あと1時間。
そんなにかかるとも思えませんが、最初に見た標識が6時間だったからこんなもんですか。

画像
扇平

画像

稜線っぽい道をゆるやかに登っていくと、
だんだんと岩が多くなってきて、やっと岩峰の山らしくなってきました。

画像

画像

岩登りが本格的になってきました。岩の壁に手を添えながら、絶壁の細い道が続きます。

女の子のキャーキャー声が聞こえます。
岩場の途中で足がすくんでいるようです。
おじさんも結構怖いです。

岩場の棚で休んでいる学生のグループに、先をいかせてもらいます。
絶壁の岩の淵をおそるおそる通過すると、今度ははしごを下ります。

画像

画像
現れた鎖場

初めの鎖場です。足掛かりは充分ありますが、鎖を補助に三点確保で慎重に登ります。

画像
山頂直下の難関、鎖場

そして、さらに進むと山頂直下の鎖です。
なかなか強敵のようです。右方向には迂回路もありますね。
"どうしようかな。足場ないじゃん?"
この鎖場がメインだし、ここはチャレンジでしょう。
岩の割れ目を使うことも考えましたが、割れ目が縦で靴先が掛かるとも思えません。
結局、腕力と岩に足を踏ん張って、えいや!えいや!と勢いをつけて登ります。
ちょっと岩が滑るかな。

中盤以降は、足場も確保できて、一歩一歩確実に登ります。

画像
登り終わって上から覗いた!

鎖場を登ると、山頂到着です。
山頂には、お弁当を食べている登山者が一人、狭い山頂ですね。
20人ほどは山頂に立てると思いますが、座って食事するスペースはあまりありません。
この岩峰、中央アルプスの宝剣岳を思い出します。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

山頂で360度、写真を撮り、適当な場所で食事です。周りは断崖絶壁でザックを置く場所も気を使います。
30分ほど、山頂にいたでしょうか。だんだんと人が増えてきます。
賑やかな学生のグループも到着しました。
ぼちぼち、下山しますか。
鎖場の取り口に行ってみましたが、若者は鎖場を登ってくるようで、
上から覗くとプチ渋滞。
下山は迂回路を使います。

画像
下山路のはしご

画像
気持ちよい草原

下山は扇平から左に折れ、道満尾根経由で下ります。
ゆるやかな割と展望がきく道を進み、道満山を経て林道に出てきました。
徳和村の集落が見えます。
バス停まで15分、ゲートを開けて集落に向います。山間の静かな雰囲気ですね。
民宿も多く、近くの徳和渓谷、そう言えば山女?の養殖場も途中にありました。

画像

画像
村の指定文化財

駐車場に戻って来ました。車が増えていますが日本百名山ではないから?
まだ駐車できるスペースはあります。

画像

まだ時間もあるので、乾徳公園に行ってみます。
徳和川沿いを上っていく道から水車が見えていたのが
気になっていました。

画像
乾徳公園入口

画像
水車としだれ桜

画像


今年初めての山行でした。足は作っていたつもりでしたが、
結構下りでは大腿部に疲労を感じました。
立ち止まって写真を撮るだけで、休憩はまったく取らなかったこともありますが、
今日は筋肉痛です。
やはり、山の足は山で作らないとダメですかね。
これから4時間以上の山行を繰り返すことが必要だと感じました。


徳和公園駐車場6:15-19分(30分)-6:34登山口-55分(1時間40分)-7:29国師ヶ原-22分(40分)-7:51扇平-40分(70分)-8:31乾徳山山頂9:10-道満尾根経由 1時間50分(2時間10分)-11:00徳和公園駐車場
カッコ内はコース標準タイム

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック