山梨県200名山 毛無山

画像

今日は富士山を望むべく朝霧高原の西側、毛無山に登ります。
例によって、朝4時過ぎに出発、高速に乗ると思ったより車が多い、
GW後半のお出掛けですか。

6時前に、目的地の朝霧高原道の駅に到着、準備をします。
予定としては、ここから東海遊歩道をJOGで4kほど走って登山口に行き、
毛無山~大身岳~雨ヶ岳~と縦走し、端足峠から下って、道の駅に戻るつもりです。

6時20分、出発です。

画像
東海遊歩道入口

画像

遊歩道は東側に富士山を見ながら歩けますが、今日は生憎の曇り空で山頂は確認できるものの
青空に裾野を広げた姿は望めません。
杉林を抜けて、牧場が見えてきました。
さらに進むと、麓のキャンプ場が。広々として素敵なサイトです。

画像
舗装路を進んで登山口に向う標識

のどかな風景にきょろきょろしながら、登山口を目指します。

画像
風情のある門構え

毛無山登山口に到着です。出発してから約30分、歩いたり走ったりで、いい準備体操でした。

画像
駐車場

ここまで車で入れるんですが、今日は周回コースを取るつもりで下山して近い道の駅に停めました。
この駐車場は、封筒に料金\500を入れ、車のナンバーを書いてポストに入れるそうです。
まだ、止まっている車は少ないですね。

画像
毛無山登山口

画像

山頂まで160分ですか。どのくらい短縮できるかな???

画像

画像

登山道は所々MTBのコースとシンクロしてるようです。進入禁止の看板があります。

画像

地蔵峠との分岐に出てきました。ここはノーマルコース、山頂に向います。

結構急登が続きます。朝霧高原が標高1000mなので、高低差で1000m弱を登る事になります。
下から見た感じでは、裾野が長い感じはないので、勾配がきつくなっているんでしょう。

画像 1合目 7:20

画像 2合目 7:28

1合登るのが約10分かな?

話し声が聞こえてきて、休憩してるグループが見えます。

”こんにちわ。”

ここが、不動ノ滝ですか。なるほど高さがありますね。

画像
不動ノ滝

ロープが頻繁に現れます。先日登った乾徳山と違って、恐怖感はまったくありませんが、
急坂の連続で、体力を消耗します。

画像

画像 3合目 7:38

画像 4合目 7:48

5合目 7:57 画像

画像

画像 6合目 8:08

画像
登って来た道を振り返る

7合目 8:17 画像

画像

画像 8合目 8:27

8合目を過ぎて、富士山の展望台に到着です。
先着している登山者が、
”期待してなかったけど、やっぱり展望は良くないですね。”
なんて、言っています。

画像
富士山展望台

岩の先端に行って、雪のかぶった富士山を見つけます。
”充分、充分。”
曇りでやっぱり期待してなかったので、富士の形が確認できただけで満足です。

9号目 8:43 画像

山頂直下、地蔵峠からの道と合流します。ここからは道がなだらかになって、山頂が近いことで小走りになります。

画像

画像

画像
北アルプス展望台

展望台の岩に登ってみましたが、北アルプスなんて全然見えませ~ん。

また話し声が聞こえます。早足で進むと目の前が開け山頂広場に到着です。

画像
毛無山山頂

山頂には先着者が3人ほど。わずかに東側が開け、富士山が白い雲の中に保護色となって薄く見えます。

画像
今日はトレランスタイルで

画像

画像

画像

予想通り、コースタイムの160分はかかっていませんね。半袖で駆け上がってきましたが、
さすがに汗が冷えます。ウインドブレーカーを出して着込みます。

軽く食事をして、縦走ルートを再確認するため案内掲示板を見ます。

”雨ヶ岳方向は、笹が深くベテランの人と同行して下さい。”

だって。
まあ、それはともかくコースタイムを確認すると、
”6時間???”
まだ9時前だから、3時には降りられるはずだし、短縮もできるだろうけど、
渋滞前には帰りたいし...。

結局、予定を変更して地蔵峠経由で下山することにしました。
天気も良くないし、富士山を横目に稜線漫歩って訳にはいかないからね。

画像

こちらの道は勾配がゆるやかで、歩き易い道が続きます。
地蔵峠に出てきました。

画像
地蔵峠

画像

地蔵峠を麓の方向に進みます。
ほどなく、水の音が聞こえてきて、渓流を見ながら時々現れる滝に感嘆しながら下っていきます。

画像

画像

画像

画像

距離は長くなりますが、このルートを往復するほうが傾斜もゆるく、見所もあり、お勧めですね。

分岐点に戻ってきました。

画像

登山口に戻り、まだ時間があるので往路で気になっていた麓のつり橋に向います。

画像
麓のつり橋

林の中のつり橋から車道に出てくると目の前にキャンプ場が広がります。
登る前に見たキャンプ場で、”麓のキャンプ場”です。
広々として、雄大な富士山が端正な姿を見せてくれてます。

画像

キャンプ場の脇を抜け遊歩道を道の駅に向います。
今日はタイツを履いていたからか、それとも先日の山行で慣れたのか、足がもちます。
歩き易い道だったこともありますが、下りは速歩とランで軽快にこなし、
登山口を過ぎても軽いJOGができます。

画像

牧場を過ぎ、道の駅に戻ってきました。国道は芝桜を見る車の列が続いています。

最高の天気とは言えませんが、富士山を見ることが出来ました。
西側から見る富士山は形が良くて、好きなんですよね。
キャンプ場も雰囲気良いし、田貫湖にも行ってみたいし、
また機会を作って、再訪です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック