’11 北海道遠征4座目/雌阿寒岳

昨日泊ったオンネトー野営場から雌阿寒岳に登れます。
片付けを終えてそのつもりでいると、スーパーカブで北海道を回っている方が
はやり片付けを終えて、駐車場にやってきました。
挨拶をして、”どこから来たのですか?”

なんて会話から、昨日雌阿寒岳に登ったと言うので情報を得ました。
ここから登るより少し戻って、野中温泉から登ると30分違うそうです。
この方は登り2時間半、下り1時間半で降りてきたと言っていました。

せっかく教えてくれたのだからと、車で野中温泉に向います。
教えてくれた通り、無料の駐車場もあり、キャンピングカーなど車中泊が目に付きます。

駐車場で準備していると、あのスーパーカブの親父さんが現われます。
わざわざ温泉の情報を持ってきてくれました。
あすこの民宿は何時からで、いくらで、昨日自分はこっちの温泉に入った、など親切にありがたいことです。
今日は雄阿寒岳に登るんだそうです。
64歳だそうですから元気ですね。スーパーカブも大型バイクと違って
取り回しがいいし、燃費抜群、スピードも100kmは軽く、
北海道の移動には最適だそうです。
なるほど・・・

雌阿寒岳温泉(野中温泉)の駐車場
P1040031.JPG
ここから舗装路を50m歩いて登山口です
P1040032.JPG
登山口です
P1040034.JPG
ここで登山届を提出します
P1040035.JPG
まだ薄暗い道をジグザグに登っていきます。
今回、熊の心配があるので鈴を付けています。
いつもは、ほかの人が鳴らしている鈴をうるさいなあ~、と思っていましたが、
北海道の山も4座目、歩くリズムと重なって気にならなくなってきました。
と言っても、熊さんには遭遇したくないもんね。
こんな道、何か出てきそうです??。

P1040036.JPGP1040037.JPG
5:37 二合目
P1040038.JPG
5:42 三合目
P1040039.JPG
ハイマツ帯に入って来た
P1040040.JPG
5:54 四合目
P1040042.JPG
樹林帯を抜け、ハイマツが目立ってくるようになると、下界が見え、
また、山頂が近いことが伺えます。
行程は短いのでまだ6時前、あのスーパーカブの親父さんが2時間半だから、
自分の足だと2時間は切って行くだろうと予想できます。

P1040043_.JPG

P1040045.JPG
昨日泊まったオンネトー湖
P1040046.JPG
6:01 五合目
P1040049.JPG
ゴツゴツ岩が増えてきた
P1040051.JPG
6:12 六合目
P1040053.JPG
6:16 七合目
P1040054.JPG
勾配がきつくなってジグザグに
P1040056.JPG
太陽電池の表示灯だそうです
P1040057.JPG
火山礫の中を進みます
P1040058.JPG
6:33 九合目
P1040059.JPG
活火山です
P1040060.JPG
山頂に続く火口縁
P1040061.JPG
広々とした山頂
DSC_0037.JPG
6:41 雌阿寒岳山頂
P1040063.JPG
噴煙や火口の荒々しさを覗きながら山頂に到着です。

今日も天気がいいです。
山頂はなだらかな広場風になっています。
山頂直下、前方にいたご夫婦は、明日の斜里岳の山頂でまた会うことになります。

P1040065.JPG

DSC_0033.JPG
奥に阿寒富士
P1040066.JPG
今日は行程が短いこと、昨日食糧調達がうまく行かなかったことで山頂で食事はありません。
そんな訳で長居もせず、下山します。

P1040068.JPGP1040069.JPG
先にスタートした夫婦が結構速く、なかなか追いつきません。
それでもすぐ後ろに追いつくと、今度はペースが上がった感じ。
奥さん、意識してるよ。
旦那はゆっくり行こうとしてるのが背中に現われています。

まあ、それでも5合目を過ぎ、先に行かせてもらうと
すぐに気配を感じなくなりました。

8:05 登山口
P1040070.JPG

登山口が見えて来ました。
まだ8時ですからね。団体がガイドを先頭に歩き始めようとしています。
”もう下ってきたんだ”

”朝4時ごろから歩き始めると、この時間で下りられます”

なんて、会話が聞こえます。
白濁した水は温泉?
P1040071.JPG
野中温泉
P1040072.JPG
登山口から舗装路を歩いて、野中温泉に戻ってきました。
この隣が駐車場です。

野中温泉の民宿
P1040073.JPG
8:08 駐車場
P1040074.JPG
せっかく教えてもらったのにお風呂にははいらず、
(まだ早いよねえ~)
着替えて、車をスタートさせます。
途中、ゆっくりと摩周湖やら観光する予定です。

’11 北海道遠征5座目/斜里岳 に続く。

2011.7.27(水)
雌阿寒岳温泉登山口5:18-(1時間10分)-5合目6:01-(1時間5分)-6:41雌阿寒岳山頂-雌阿寒岳温泉登山口8:05
カッコ内は標準コースタイム










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2011年08月07日 14:43
私達も3年前に、野中温泉から同じコースで登りました。
当時を思い出しながら懐かしく拝見しました。
下山後の、野中温泉の乳頭色の湯は最高でした。
北海道の山はいいですね!
2011年08月07日 15:17
たそがれ清兵衛様
野中温泉の湯は最高でしたか?
先を急ぐばかりに入りそこねましたが、何年か後、ゆっくり訪れる機会があるといいと思います。

清兵衛様のブログ拝見しました。

この記事へのトラックバック