’06 黒部川源流域縦走(薬師岳~黒部五郎岳)/その1

2006.8.09(水)
今夏のイベントは行きたかった黒部川源流域、
奥深い山域をテント泊縦走します。
今日は登山口までの予定なんで、割とゆっくり。いつも事ながら、不安と期待で複雑な気持ちです。

最寄の駅から大宮へ、上信越新幹線に乗り込むと、あっと言う間に越後湯沢に到着です。
金沢行きの特急はくたかは初めて乗る列車、日本海沿いの風景が楽しみですね。

そして、富山駅からはローカル線っぽい富山電鉄で、有峰口駅へ。
この列車も楽しみです。

越後湯沢で特急 はくたかに乗換
画像
富山電鉄 富山駅
画像
のどかな風景の車窓を楽しんでいると、
彼方に立山連峰かな?山並が近付いてきます。
木造の駅舎に到着。
”窓にクモの巣が張ってるよ”

昔、住んでいた町の駅に雰囲気が似ていて、懐かしい気分になります。

有峰口駅からバスに乗り換え
画像
このホームの感じ、懐かしいですね
画像
乗り継ぎがよい訳が無く、1時間ほど時間を潰します。
何も無い駅前ですが、何かほっとして、この静けさにのんびりします。
停車してるバスの内部を見ると、これも”ボロっちぃ~”

乗り込んできた運転手から登山口までの時間や、道路の様子、
明日以降の天気予報など情報を仕入れて、定刻、たった一人の乗客を乗せて出発です。


道路は山間に入って行き、有峰湖畔で二回目の停車。
数分間停車すると言うのでカメラを持って、
周辺をお散歩します。
天気いいし、素敵な山旅が期待できそうです。
有峰湖
画像
”こんな細い道を走って大丈夫
そんな心配をよそに、目の前が開けると、登山口の折立に到着しました。

ここはキャンプ場になっており、きれいなトイレと水道が完備されています。
今日はここで一泊、早速テントの設営です。

折立の駐車場(結構山に入っているね)
画像
設営終了
画像
時間は、まだ3時、併設されているテーブルでのんびりコーヒーを飲んでいると、バイクの親父が到着。
何となく、お話が始まります。
富山市内から、時々ぶら~と来るんだそうです。
うどんやの社長で、何故か人生論が始まったけど、自分と考えが似ていて、意気投合して、
名刺までもらって・・・

夕食の準備が始まる頃、帰って行きました。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇
2006.8.10(木)

テントを撤収して、5時30分出発です。
昨晩は結局一人だったので、出発も一人。
ガイドブックで何度も見ていた登山口の小屋が目の前にあって、行きたかった山域に
踏み込む期待感に胸が高鳴ります。(大袈裟かな。

折立の登山口
画像

すぐ樹林帯に入って、急登が続きます。
今日の予定は太郎平小屋まで、

コースタイムだと5時間ほどの行程です。
樹林帯を抜けベンチで休憩
画像
振り返って有峰湖
画像
天空に続く道を緩やかに登って行きます
画像
木道を太郎山に向かって
画像
8:40 太郎平小屋に到着
画像

”おいおい!5時間のコースタイムじゃなかったの?”

思ったよりも早く到着したこと、
あこがれの山域の西端に足を踏み入れたこと、
そして天気も最高で、気分がいい。
小屋の内部を覗いて、ちょっとまったりするもすぐに木道を北に進みます。
小屋から15分ほどの幕営地で、まずは今日のお宿の確保。
水場ときれいなトイレが完備され、快適な場所です。

設営が終わっても、まだ10時前。どうしましょ??
”そうだ!薬師岳に行こう”

有峰口駅で下山してきたご夫婦が話していた山です。
ざっとコースタイムを確認して、いざスタート。

薬師岳東南稜、これがピークだと思ったけど
画像
気持ち良い稜線だ!
画像
バックは赤牛岳、水晶岳、鷲羽岳方面
画像

ここがピークだとカン違い
折角写真まで撮ったのに・・・

さらに稜線を進んで、
ジグザグにザレた道を登って行きます。
遭難の碑やケルン、薬師のカール、
引き出しが多い薬師岳です。
振り返って薬師岳山荘が小さく見える
画像
やったぜ!登頂
画像
山頂の祠
画像
左のピークは赤牛岳でしょう
画像
まだ山の知識が無くて、360度の展望にも山座同定が出来ないけど、
立山から五色ヶ原~スゴ乗越~北薬師岳~薬師岳~、黒部湖から読売新道で赤牛岳~水晶岳~、
歩いてみたいルートが見えてるはずです。

誰もいない山頂で、静かな時間が流れて、
自然の懐にいる感触が気持ちいい・・・

ゆっくりと下山開始です。

眼下に薬師岳山荘
画像
でっかい!薬師岳
画像
薬師峠のテント場が見えてきました
画像

3時過ぎ、わが宿に戻って来ました。
設営した時よりはテントが増えてるかな
夕方、小屋のお兄さんが幕営料を徴収します。
奥深い山域で街がまったく見えない、そんな所が大好きです。
明日はさらに奥地に行きます。

’06 黒部川源流域縦走(薬師岳~黒部五郎岳)/その2 に続く。



















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

haiji
2012年12月01日 15:58
師走に突入、こちら完全に真冬モード
先生の山行記事もしばらくおあずけでサミシイなぁと思っていましたら、なんと 2006・夏 黒部源流縦走がUP
しっかし、あいかわらず早脚ですこと
私が憧れてやまない薬師岳に『 予定より早く着いたので 』とひょいと足を延ばしてしまうんでもの
さて ~黒部五郎岳~ 続きが楽しみです。

ココではたしか 2010~の山行記録を拝見しましたので、今後 2006~09 も掲載されるんですよね、楽しみにしていま~す
meruちゃん
2012年12月02日 20:30
今から6年前だから4?歳の時。右足の膝に内視鏡を入れて、
2年が経過して、走力がほぼ戻って、挑んだ山旅でした。
(年が明けて左足の膝をやっちゃうんだけどね。)
このときの太郎平までの行動時間に比べて、
次年の山行では30分ほどオーバー。
2012、5?歳ではさらに衰えています。

この記事へのトラックバック