期待外れだった、生藤山

画像

珍しく会社は土曜日から3連休です。
初日の土曜日は、年明けてからちょっと頑張ったランの休養とし、
日曜日にお山に出掛けます。

始発の電車は乗客も少なく寒いので、車を置いて周回が取れる所を、
って事で選んだのは高尾山系西部の生藤山。
鎌沢の駐車場を起点に、陣馬山~生藤山と歩き、
白銀の世界にアイゼンを試してみましょう。

6時過ぎ、自宅を出発します。
相模湖ICをおりて、国道20号から藤野駅前を右折、
陣馬街道を北上して、鎌沢入口バス停先を左折します。

画像
鎌沢入口のバス停先を左斜め方向へ
画像
県立鎌沢駐車場

10台しか止められない駐車場は満車がちょっと心配だったけど、
先着は1台で余裕です。

”この時期、やっぱりお山は少ないか?”

ザックの中身を確認して、7:55出発です。

画像
駐車場の先を見ると、生藤山

まずは、駐車場から陣馬街道まで戻って、
バス道を緩やかに上がって行きます。
陣馬自然公園センターを過ぎて、登山口発見、
ここから今日の山歩きが始まります。

画像
8:16陣馬山登山口
画像
陣馬山まで2.7km

民家の脇を抜けると、早くも富士山が見えます。
木々の間から朝日が差し込む急坂を頑張ると、
昨年歩いた一ノ尾尾根に合流します。

画像
8:42一ノ尾尾根に合流
画像
快調に歩いて、山頂直下の階段が現れた!

9:09陣馬山とうちゃこ!
今日も好天に360度の展望が広がります。

画像
信玄茶屋裏にも標識を発見!
画像
白馬のお尻と富士山
画像
信玄小屋と手前にアマチュア無線のグループ

画像
今日もくっきり、富士山

画像
南アルプス主峰 赤石岳~荒川岳

画像
うっすらと北アルプス

陣馬高原から、和田峠から、とアプローチは楽だし、
冬空に眺望の良さは、やはり人気の山。
山頂を独占なんて事はなくて、ぼちぼちと賑やかになりそうな予感。

今日の目的はこの先、展望を楽しむと、和田峠へ下ります。

画像
信玄茶屋脇の階段を下ります。
画像
和田峠から直登する階段

あっと言う間に和田峠に到着、ここまで車で入れば陣馬山山頂はわずかですね。

”ちょっと直登気味の階段はきついけど、これだけじゃ登山じゃないよ。”

画像
和田峠 峠の茶屋
画像
生藤山方面

”通行止め?”

『登山者の方も通り抜け出来ません。』
『登山道は通行可能です。』

”訳が分からん?”

つまり、林道は登山者も車も通行止め、登山道は歩ける、って事らしい。
そう解釈してゲート脇を抜けます。

画像
ゲートから程なく左斜め方向に登山道
画像
関東ふれあいの道 →醍醐丸1.5km・生藤山4.9km

ここからは静かな山歩きが楽しめるはずです。
周回ルート、右回りか?左回りか?迷いましたが、
午前中の早い時間に陣馬山を通過して、
人が少ないと予想される尾根道を静かに歩く...。

そんな思惑で、駐車場から左回りを選択しました。

画像
醍醐丸とうちゃこ!
画像
1.6km和田峠←醍醐丸→生藤山3.4km・三国山3.6km

小さなピークをいくつか通過、
その度、巻き道の標識が現れるも、すべてピークを越えて行きます。

画像
アップダウンを繰り返す。
画像
大蔵里山(837m)

画像
1.2km生藤山・1.4km三国山←連行山→醍醐丸2.2km・和田峠3.8km
画像
気持ちいい雑木林だよ。

画像
茅丸への登り
画像
藤野町15名山
画像
茅丸(1,019m)

ここまでまったく雪の気配がありません。
北斜面にわずかに白いものは確認出来るも、道には霜柱だけ。

”こりゃ、アイゼンの出番ないよ。”

画像
やっと現れた雪道、短過ぎてアイゼン必要なし。

『生藤山まで0.1km』
とうとう目的のピークです。

画像
11:38生藤山、とうちゃこ!
画像
藤野町15名山
画像
生藤山(990.6m)

狭い山頂は、訪れる人の多さに足跡でぐちゃぐちゃ。
南側に展望が広がります。

画像
気温が上がって、ちょっと霞んだかな?

画像
南アルプスも良く見えます。

山頂のベンチでランチの準備です。
今日もお湯を沸かして、棒ラーメンにおにぎりとパン。
着込んだジャケットとお日様で、ポッカポカ。
こんな時、話し相手が居ない事にわびしさを感じますが、
”まあ、それも良し!” 今日ものんびりです。

結構人が上がって来ます。一人でベンチを独占しては申し訳ない。
後片付けを澄ませて、ザックを背負います。

小さなピークを下ると、すぐ先は三国山。
ここにはテーブルもあって、食事には適当かも。

画像
三国山(960m)
画像
→甘草水0.5km・上岩3.5km
画像
振り返って、三国山山頂

今日の山行も2/3が終わって、あとは下るのみ。
期待してた白銀の世界はなく、アイゼンも使えませんでしたが、
一ヶ月後に期待しましょう。

画像
三国峠 ここは鎌沢方向へ直進

テーブルでおばちゃん達の女子会のようです。
甘草水大明神の標識にちょっと寄って行きます。

画像
左手前が甘草水方向、テーブルにはおばちゃん達
画像
100m程歩いて、甘草水 涸れています。

分岐に戻って、おばちゃん達に挨拶すると、

”あれ、無視されちゃった!”

画像
思わず、”日向ぼっこをしようか!?”

佐野川峠、熊野神社奥宮、鳥居を過ぎて、鎌沢の集落が見えて来ました。

画像
三国山・生藤山 登山口
画像
県立鎌沢休憩所 トイレもあります。

茶畑の中、急な舗装路をブレーキをかけながら下ります。

”結構太腿にくる...。”

周りを見ると、今日歩いた山並が見えます。

画像
山頂に白い輝きは、陣馬山でしょう。

きっと生藤山からさらに北上した笹尾根付近では、雪があるのかもしれませんね。
同じ時期、笹尾根と対面する浅間尾根を歩いたときは、
一面の銀世界でした。

和田峠から先は、適度なアップダウンで足を使い、
前々日までのランの疲労と合わせて、良いトレーニングとなりました。

時々現れる防火用水のドラム缶が興醒めでしたが、
関東ふれあいの道、充分に楽しめました。

次こそは、尾根道の雪歩きですね。

2014.1.12(日)
鎌沢駐車場7:55-(陣馬街道)-8:16陣馬山登山口-(一ノ尾尾根)-9:09陣場山9:30-
9:44和田峠-10:16醍醐丸10:18-11:22茅丸-11:38生藤山12:23-12:29三国山12:31-
12:46甘草水12:49-13:50鎌沢駐車場



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック