赤水渓谷



森吉山登山口(ヒバクラ岳登山口)、親子ふれあいキャンプ場
青少年野外活動センター(キャンプ場管理棟)、赤水渓谷、...etc. 『奥森吉トラック』


三日連続の登山をこなし、今日は平地の渓谷巡り。
赤水渓谷は、あの田中陽希くんが森吉山登頂後に訪れた場所。
タレントのお姉ちゃんがガイドさんと歩いていた山番組もあったね。

滑が続いているんで危ない場所もなく、水が苦手な人でも沢歩きを楽しめます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

キャンプ場からスタート地点の鳥獣センターに行くと、駐車場には3台の車。
Fitのお兄さんは髪を後ろに縛って、どこか世間離れした感じです。(おもしろそう

”どこから来たの?”

話しかけると、”埼玉からです。”、”埼玉のどこ?”、”川越です。”
あれまぁ、同じじゃん。
よく見ると川越ナンバー、世間は狭いもんですね。


森吉山野生鳥獣センター

桃洞渓谷はスニーカーで歩けます。

鳥獣センターから階段を下りて森の入口にさしかかると、蚊の大襲来。
急いで腕、首、顔に虫除けスプレーをして、森に進みます。


目標のウサギ滝までは6km(結構遠い)

ピョンピョン、石の上を

苔生した橋を渡り

桃洞・赤水渓谷

桃洞・赤水分岐2.2km

グラグラする橋を渡る。

ふと膝裏を見ると、蚊の大群が吸血中。
皮膚に密着しているタイツだと、刺せるんだ。
急いで虫除けスプレーをするも、後の祭り。
結構刺されたよ。


昔使われていた道?

森吉山分岐(山頂まで12km)

桃洞・赤水分岐1.9km

→黒石登山道0.6km


分岐が近い。

あれが赤水分岐かな?

沢足袋に履き替える。

赤水渓谷←・↑桃洞滝

ザックから沢足袋を出して履き替えるには立ち止まらなければなりません。
止まったら蚊に襲われるため、決死の覚悟。
とにかく急いで履き替えて渓谷に降ります。水に入れば蚊が減る・・・。

一度下流に向かってしまいましたが、よく見ると対岸に赤いリボン。
ここを渡って、渓谷沿いをまだ歩くんですね。
20分程歩いて、渓谷の降り口です。


ひょー、滑だぁ~。


深い所を避けながら進みます。


緩やかな流れ


岩の上でちょっと補給


小石が削るよ、甌穴


何ヶ所か、小さな滝を超えていく


削れた谷のところと草木が迫ったところ


甌穴の巣


本流から兎滝に向かって支流に入る。








兎滝、とうちゃこ!

滝の前に沢登りの装備をした男性が一人、写真を撮っています。
桃洞滝の方から回って来たそうです。
腰にぶら下げたロープは滝を下るため。このウサギ滝を下るにも必要ですね。

顔にかぶったネットは蚊対策で、この季節はすごいそうですが、
秋になればいなくなり、紅葉の美しさに再訪を勧められました。

ロープもないし、オヤジは予定通りここで折り返します。






田中陽希くんが水浴びをした甌穴です。

赤水渓谷から森に上がり、分岐に戻るとまだ時間が早い。
ウサギ滝で会った男性に勧められた桃洞滝も見に行きましょう。


戻って来た、桃洞・赤水分岐



桃洞横滝?




桃洞渓谷の右側を歩いて行くと、前方に左岸に渡る橋


今度は渓谷の左側を歩く。


突然現れた桃洞滝

なるほど名勝地だ!

左側の斜面にも滝

滝とオヤジ

桃洞滝

兎滝(沢足袋)

桃洞滝(トレッキングシューズ)

2018.8.14(火)
森吉山野生鳥獣センター~桃洞・赤水分岐~赤水渓谷~桃洞・赤水分岐~桃洞渓谷~
桃洞・赤水分岐~森吉山野生鳥獣センター

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック